この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

旅路ニ季節ガ燃エ落チル

5つ星のうち 5.0 8件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

Amazon の eastern youth ストア


キャンペーンおよび追加情報

  • キャンペーン【1,000円OFF】:PC不要で音楽CDをスマホに取り込める「CDレコ」とお好きな音楽CDをまとめ買いで、CDレコがお買い得。6/30(金)まで。今すぐチェック

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • CD (1998/6/21)
  • ディスク枚数: 1
  • レーベル: トイズファクトリー
  • 収録時間: 54 分
  • ASIN: B00005H02C
  • JAN: 4988061881195
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 64,707位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

曲目リスト

ディスク:1

  1. 夏の日の午後
  2. 男子畢生危機一髪
  3. 泥濘に住む男
  4. 青すぎる空
  5. 淡い影
  6. 徒手空拳
  7. 何処吹く風
  8. 足音
  9. 寄る辺ない旅
  10. 歌は夜空に消えてゆく

商品の説明

内容(「CDジャーナル」データベースより)

パンクとハードコアの歴史を音に注入するため,初のLAレコーディングに挑んだ結果がこの傑作だ。贅肉は一切なし,照れも見栄も全くなし。我が身を撃つ真摯な言葉と,日本人の琴線を直撃する美しいメロディとの理想的な共存がここにある。黙って必聴。

内容 (「CDジャーナル・レビュー」より)

日本語はロックのリズムに乗らない。そんな腐った先入観を鈍器で殴りつけるような作品。プリミティヴな3人編成のバンドが繰り出す、生々しく疾走感を伴うザラついたサウンドに、漢字だらけの歌詞。いわばハスカー・ドゥと日本文学の融合。具体的にいえば商業ベースに乗る以前の米グランジ/オルタナの手触りと、古本屋をハシゴして酒を飲みつつ熱く語り合う文学青年のごときメンタリティとが、決して策略の匂いを感じさせることなく重なり合っているのだ。世間的には一応新人ということになるが、実は通算5作目。音も自我も、とうに確立されている。純真無垢なままでいられるほど若くもない。しかし、年齢的にはそれなりに重い人生を背負ってるはずなのに、ここまで透明でいられるのは奇跡に近い。和製エモーショナル・コア。確かにそう括られるべき音楽だろうが、そんな呼び方をすること自体の軽々しさに思わず自己嫌悪に陥る。汗をかき、涙を流す90年代の日本のロックがここにある。 (増田勇一) --- 1998年07月号

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
8
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(8)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 鈴木 浩平 投稿日 2017/1/19
形式: CD Amazonで購入
この名盤を探してましたが、中々最近は手に入る所がなく。 全て綺麗な状態と包装で感謝します。お買い得でした。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 U 投稿日 2015/7/16
形式: CD
リリースされた時は高1でした。友達と口笛をよく吹きました…
夏を表現する音楽はメジャーからマイナーまでいくらでもありますが、
この曲の夏の表現力は群を抜いて素晴らしいです。17年経った今でも夏は必ず聴きたくなります。夏の憂いと、戻れない時間が重なるというか。でもリリース時から聴けて本当に良かった曲です。多分死ぬまで夏は聴き続けると思います。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2003/5/10
形式: CD
まず、ジャケットがとてもいいと思う。戦前に描かれた1枚の絵の一部分を引用したそうだが、
この絵を選んだジャケットから全10曲まで、あまり言いたくないが神懸っている。
良いバンドはほとんど必ずと言っていいほど、1枚や2枚まさに神懸りなアルバムを不思議なことに作ってしまうけれど、イースタンユースの場合はこれになるんだろうか。
正直それぞれ一曲一曲の良さは、次の「雲射抜ケ声」の方が上かもしれないが、アルバムを統一するテンションはこっちの方が明らかに高い。
ロック音楽は楽曲の良さも大切だけど、テンションの高さが一番その作品の出来不出来を決めてしまうと思う。
「いずれ暮らしの果てに散る」と、抗いようの無い事実を受け止めながらも、
「明日が呼んでいる」と、やはり!それでも生きていこうとする姿勢に、インディーズの頃から不変だった、
「自分対世界」の構図が少しこのアルバムで変わったんだなあ、と感じた。
「明日の在りや無しや 知るものか」から、「明日が呼んでいる」への変化。その変化は本当に素晴らしいと思う。
10曲目「歌は夜空に消えてゆく」に歌われる一行の歌詞、
「明日また、陽が昇るなら、笑えるさ。笑ってみせるさ。」
やはりそこに表現が立ち帰ることがイースタンの目標であって本質なんだなあと感じた。
コメント 33人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
佐伯祐三の「立てる自画像」のジャケットに肝を抜かれた・・・。
「青すぎる空」でメジャーデビューして前作の諦念の中から見上げた希望の光は、清々しい「夏の日の午後」の打ち水のようであり、「徒手空拳」で何れ暮らしの果てに散る事は、知りつつも前進する「淡い影」達だろうか・・・?
明日は、晴れるだろうか?きっと暑い夏の日差しの中を歩むに違いない。
思い出の彼の地にて、ひと夏ヘビーローテーションで聴きまくったアルバム。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


関連商品を探す