通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
%E6%97%85%E8%A1%8C%E4%BA%BA162%E5%8F%B7+%E7%BE%8E%E3%81%97%E3%81%8D%E3%83%99%E3%83%B3%E3%82%AC%E3%83%AB%E3%81%AE%E5%A4%A7%E5%9C%B0%E3%81%B8%28%E3%83%90%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%87... がカートに入りました
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ご来店ありがとうございます。年中無休! 送料無料、Amazon配送センターより発送】表紙に若干のスレがありますが概ね良好な状態です。 【本体・中身】書き 込みなし概ね良好な状態です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

旅行人162号 美しきベンガルの大地へ(バングラデシュ+西ベンガル州) 雑誌 – 2010/6/1

5つ星のうち 4.8 5件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
雑誌
¥ 1,404
¥ 1,404 ¥ 1,100

booksPMP

【まとめ買いキャンペーン開催中】

書籍3冊以上を購入する際、クーポンコード「1629」を入力すると最大8%ポイント還元!今すぐチェック

click to open popover


よく一緒に購入されている商品

  • 旅行人162号 美しきベンガルの大地へ(バングラデシュ+西ベンガル州)
  • +
  • [雑誌]旅行人166号 (インド、さらにその奥へ、1号だけ復刊号)
  • +
  • ラダック ザンスカール スピティ 北インドのリトル・チベット 増補改訂版 (地球の歩き方GEM STONE)
総額: ¥5,130
ポイントの合計: 57pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容紹介

インドやバングラデシュに行ったことがある方なら、インドに西ベンガル州があることをご存じだろう。だが、西ベンガル州は存在しても、東ベンガル州はない。

だが、その東ベンガルに当たるのがバングラデシュだ。1947年、インドとパキスタンがイギリスから別々に独立した際に、パキスタンはインドの東西に存在する飛び地国家となった。その東側の東パキスタンが、1971年にパキスタンから独立してバングラデシュとなったのだ。バングラデシュとは「ベンガル人の国」という意味である。

インドの西ベンガル州にはヒンドゥー教徒が多く住み、バングラデシュにはイスラーム教徒が多く住んでいる。二つの国が別々に独立してからすでに60年以上がたち、それぞれが少しずつ異なった文化を育くみ、異なった発展の仕方をしてきた。今回の旅行人は、そのインドの西ベンガル州とバングラデシュという二つのベンガルを訪ねてみたい。


登録情報

  • 雑誌: 160ページ
  • 出版社: 旅行人 (2010/6/1)
  • ASIN: B003NUUUKY
  • 発売日: 2010/6/1
  • 梱包サイズ: 25.8 x 18 x 0.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
すべてのカスタマーレビューを見る(5)

トップカスタマーレビュー

2016年11月29日
形式: 雑誌Amazonで購入
2014年6月2日
形式: 雑誌Amazonで購入
2014年4月17日
形式: 雑誌Amazonで購入
2013年4月28日
形式: 雑誌Amazonで購入
2010年12月16日
形式: 雑誌Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。石井 光太