通常配送無料 詳細
残り7点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
旅屋おかえり (集英社文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 使用感(カバーにスレ、キズ、ヤケ、折れ跡など)あり。ページに多少のヤケ、ヨゴレ、スレ汚れ、角折れあり。読むのに支障はないと思います。迅速に発送いたします。どうぞ、ご安心してお買い求め下さいませ♪
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

旅屋おかえり (集英社文庫) 文庫 – 2014/9/19

5つ星のうち 4.1 29件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,512 ¥ 167
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 648
¥ 648 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 旅屋おかえり (集英社文庫)
  • +
  • キネマの神様 (文春文庫)
  • +
  • カフーを待ちわびて (宝島社文庫)
総額: ¥1,855
ポイントの合計: 52pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

売れないアラサータレント“おかえり"こと丘えりか。ひょんなきっかけで始めた「旅代理業」は依頼人や出会った人々を笑顔に変えていく。『楽園のカンヴァス』の著者が贈る感動の物語。(解説/吉田伸子)


内容(「BOOK」データベースより)

あなたの旅、代行します!売れない崖っぷちアラサータレント“おかえり”こと丘えりか。スポンサーの名前を間違えて連呼したことが原因でテレビの旅番組を打ち切られた彼女が始めたのは、人の代わりに旅をする仕事だった―。満開の桜を求めて秋田県角館へ、依頼人の姪を探して愛媛県内子町へ。おかえりは行く先々で出会った人々を笑顔に変えていく。感涙必至の“旅”物語。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 349ページ
  • 出版社: 集英社 (2014/9/19)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4087452255
  • ISBN-13: 978-4087452259
  • 発売日: 2014/9/19
  • 商品パッケージの寸法: 15.2 x 10.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 29件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 11,005位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
一気に読み終えました。笑いあり、涙ありです。
旅に出たくなりました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
旅屋のお仕事をする前のおかえりさんの生い立ちだの周囲の登場人物だのその説明が60ページ以上あり、そろそろ角館に出発か??までの説明がまた長く、この作品がシリーズ第一作目だとすればこれもいたしかたないのかも(シリーズ化してるのかしてないのかも知らないが)軽妙に描かれている気もするが、私からすれば面白くない話がだらだら続いて、かと思えば、「あれ?この部分、急にスピードあがった?なんか、はしょってる?」と一瞬、思うところもあったりで、なんだかバランスが悪くて、笑いが面白くなくて、いつまでたっても引き込まれなかった。全編340ページほど。で旅に出たのは90ページあたりから・・・なんだか疲れた。でも他のレビュアーの方の評価は高いし著者の原田マハさん、人気ありそうだからきっと私に単純に合わなかっただけなのかも・・・もう一冊「楽園のカンヴァス」も買ったので今度はそちらにチャレンジする。それで合わなければ私の中では終わりです。マハさんファンの方、すみません。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
 「楽園のカンヴァス」がとても面白かったので、著者原田マハさんの他の作品が読みたくなり、手にした本です。
 とても軽やかな作品なので、ちょっとお疲れモードな方にはお勧めです。
 旅は、「日常」から「非日常」な世界への移動。
 友人との旅も楽しいですが、誰に気兼ねすることなく、自分自身と向き合うことのできる一人旅が、最近はお気に入りです。
 「おかえり」が生まれ育った礼文島、武家屋敷にしだれ桜が似合う角館、秘境?「玉肌温泉」、愛媛県内子町……。
 行ったことのない場所ばかりで、特に礼文には行ってみたいです。
 「おかえり」と鉄壁社長は、血縁はないけれども、本当の親子よりもお互いを思いやっていてほほえましいし、のんのさんも、 いい味を出しています。
 「行ってきまーす」と、気ままに、この夏は、ぶらりと出かけてみようかな?
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
原田マハさんの作品は好きで、かなり読み込んでおります。
しかし、この作品はページを読み進めていくうちにどんどん設定に無理があるように思えました。物語として破綻ギリギリのラインをマハさんの筆力で
抑え込んだ、という印象です。

旅に出たくても出られない人の代わりに旅をするのが、元テレビの旅番組のリポーターを務めた主人公の仕事なのですが、果たして彼女のリポートだけで
行くことが叶わない人の心に、残念ながら旅の素敵さや依頼者の心が満足するとは思えなくなっていきました。
そうなると、リアリティーが薄れてメルヘンの世界になるのですが、かなりシリアスな旅先の出会いもありますし…。
業界のことも知っておりますので、ありえない突然のスポンサー打ち切りやら、無理難題の依頼など、苦しいかな?
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
最後の1ページ

ねぇ母さん。私、タレントとしては、花開かなかったけど。「大きくなって帰ってこい」って言ってくれた父さんとの約束、守れなかったけど。
一歩ずつ、一歩ずつ。旅するごとに、近づいているような気がするの。なつかしい、ふるさとへ。
ねぇ、母さん。今度、ナデシコが咲く頃に―私、帰ってもいいかな?

途中どんなに急展開しても、設定にちょっとそれはさすがに・・・。と、感じても。
最後の1ページをめくって、再び感情が溢れ出してくる、1冊です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
本名 岡林恵理子 芸名 丘えりか 通称 おかえり
またの芸名を 比嘉えりか 通称 ひがえり。
原田マハの オヤジダジャレは、主人公の名前に現れるのだ。

『おかえり』とは、一人だけではつかわない
待っている人 待っているところがあり、
そこに向かう人がいる。ニンゲンのつながりを表現する。

人生は旅でもある。
北海道 礼文島から 飛び出して、旅を続ける おかえり。
テレビの旅のレポーター。
たった1本しか出番がなく、たった一人の芸能プロ。
それが、スポンサーから打ち切られることで、
窮地に陥り、そのうえ 財布とキャッシュカードのはいった
かばんさえ 電車の中に忘れてしまうおかえり。

絶体絶命の危機にある中で、かわりに 旅に行ってくれないか
という依頼から 新しいビジネスが生まれる。

原田マハの企画をするおもしろさなんだね。
芸能プロ社長の萬鉄壁の過去があかるみに。
(全然鉄壁でもない感じの雰囲気がある)
スポンサーの江田会長から 旅の依頼があったことで、
『おかえり』は 旅の醍醐味を 知るのだった。
そして いつも『おかえり』を言ってくれる人がいた。

あざとく。たくみに。
人のこころの中に ずかずかと 入って行く。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー