通常配送無料 詳細
残り6点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
旅の窓 (幻冬舎文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 軽い擦れ、軽いヨレがございますが、その他概ね良好です。【検品担当者より】中古品の為、チェックは万全を心がけておりますが、もし見逃しがあった場合はご連絡下さい。【店舗より】防水パックまたは茶封筒にて梱包、24時間以内に発送を心がけいたします。TID3420
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

旅の窓 (幻冬舎文庫) 文庫 – 2016/4/12

5つ星のうち 4.5 28件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,080 ¥ 140
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 583
¥ 583 ¥ 98

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 旅の窓 (幻冬舎文庫)
  • +
  • 旅する力―深夜特急ノート (新潮文庫)
総額: ¥1,220
ポイントの合計: 38pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



2017年本屋大賞は『蜜蜂と遠雷』に
大賞は『蜜蜂と遠雷』恩田陸!2位は『みかづき』森絵都、3位『罪の声』塩田武士 …>> 作品一覧はこちら

商品の説明

内容紹介

「旅を続けていると、ぼんやり眼をやった風景のさらに向こうに、不意に私たちの内部の風景が見えてくることがある」。マラケシュのホテルで見た「待つ女」、ローマで旅愁を覚えた終着駅、カトマンズで胸をしめつけられた裸電球――。旅先で撮った八十一枚の写真から、人生の機微を描いた物語が立ち上がる。沢木耕太郎「もうひとつの旅の本」。

内容(「BOOK」データベースより)

「旅を続けていると、ぼんやり眼をやった風景のさらに向こうに、不意に私たちの内部の風景が見えてくることがある」。マラケシュのホテルで見た「待つ女」、ローマで旅愁を覚えた終着駅、カトマンズで胸をしめつけられた裸電球―。旅先で撮った八十一枚の写真から、人生の機微を描いた物語が立ち上がる。沢木耕太郎「もうひとつの旅の本」。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 179ページ
  • 出版社: 幻冬舎 (2016/4/12)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4344424638
  • ISBN-13: 978-4344424630
  • 発売日: 2016/4/12
  • 商品パッケージの寸法: 15.2 x 10.2 x 1.1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 28件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 44,631位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
 VISAカードの会員に毎月送られる雑誌の巻頭に「feel感じる写真館」という
ページがあります。著者が旅の途中で出会った風景を、カメラのレンズを
通して短い文章で語るものです。現在も続いています。毎号、よくこのような所に
目をつけたなあと感心して気に入っていました。それが本としてまとまったわけです。

 風景の写真もよいのですが、人々にまつわるものがジーンときます。笑顔、
思い詰めた表情、時には深い皺にも物語が・・・。自分の周りにも見過ごしている
物語がないかと、カメラを片手に出かけてみたくなります。
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
見開き2ページで写真と説明文がある。一息に読むことが出来た。写真だけ見れば何コレ?であるが、撮影者の説明により意図の判る、と同時に写真の素晴らしさが判る。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
沢木耕太郎がVISAカード会員向け月刊誌に連載した「feel感じる写真館」81篇をまとめ、書籍化したもの。
言わずと知れたバッグパッカーのバイブル『深夜特急』の著者・沢木氏は、旅をテーマとしたエッセイにおいては右に出る人はいない(と私は勝手に思っている)が、本作品は沢木氏ならではの視点で切り取った魅力的な写真とショート・エッセイが並んでいる。
私はかつてフランクフルトに駐在したことがあり、そのときに数えきれないほど行ったフランクフルト中央駅、旅したコート・ダジュールの小さな港のレストランで飲んだ白ワインやマラケシュの眩しい太陽の下で見たジュラバを着た老人など、本作品で取り上げられているのと同じ(似た?)シーンを体験しているが、沢木氏の感性にかかると随分と違ったものに映り、驚いてしまう。
加えて、普段の作品からあまり家庭を感じさせない沢木氏が時折吐露する、子供が大きくなってしまった親の気持ちが(沢木氏が夫々の写真を撮ったときは今より随分若かったはずだが)、沢木氏の別の一面を覗かせてくれて、本作品の魅力を増しているようにも思う。
手元において、気が向いたときに気が向いたページを開き、過去にした旅と将来したい旅に思いを馳せる。。。そんな素敵な一冊である。
(2013年5月了)
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 kiyoda VINE メンバー 投稿日 2015/7/19
形式: Kindle版 Amazonで購入
しばらく海外を旅して回るので、時間つぶしにちょうどいいかなと思いキンドル版を購入してみました。
旅先で読んでいると、目を上げた時の光景が違って見えるんです。
すごいなあ、うまいなあ、さすがだなあ沢木さん。
できれば自分もこんな写真と文章を綴ってみたい、誰が読んでくれるわけではなくても。
そんなことを考えてました、旅先で。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 funclib 投稿日 2015/9/19
形式: 単行本 Amazonで購入
知識、感受性、文才が無いと作者のように旅を切り取ることができないのだろうか。
いや、はっきりとはしないが旅の端々で、何気ない景色・場面に感銘した気がするのも確かだ。
が、明確ではない。
で、この本を読んだ(見た)後では、次の旅は確実に沢木耕太郎に近付く気がする。ような気がする。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
「深夜特急」で沢木さんの本にハマり、、「人の砂漠」でその人を見る目の温かさと深さにどっぷりと魅了されて以来、長年ファンでありますが、この本はとてもとても気に入っています。
1ページのショートエッセイのあとに一枚の写真。エッセイを読み終わってどんな写真なんだろうと想像してワクワク。(私はKindleで購入したのでそういう構成になっていましたが、もしかしたら紙の本は違うのかしら?)
沢木さんの良さがギュッと詰まった一冊です。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
VISA誌での連載を見ていて、写真とアイロニーに満ちた文章が気に入っていたので購入したのですが…
はじめに文章、次に写真というページ構成が失敗してます。

VISA誌ではまずページを開いた時、写真がハッと目を捉え、その後に文章を読み、あらためてその意味を味わうのですが、このkindle版ではそれがありません。さらに写真が小さくていちいち拡大しなくてはいけません。
ipadで見ているせいかもしれませんが、写真集に近いこの本の意味合いでは、こうした構成ははなはだ疑問です。

文章も写真も素晴らしいのです。ぜひ書籍を買ってください。
電子版は残念ながら買わないことをお勧めします。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー