Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 520

¥ 42の割引 (7%)

ポイント : 370pt (71%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[森見 登美彦]の新釈 走れメロス 他四篇 (角川文庫)
Kindle App Ad

新釈 走れメロス 他四篇 (角川文庫) Kindle版

5つ星のうち 4.1 12件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 520
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 562 ¥ 247

Kindle雑誌セール 99円~
Kindle雑誌が99円~とお買い得!ビジネス、ファッション、趣味・実用雑誌ほか多数。 今すぐチェック
【クーポンプレゼント】: コカ・コーラ対象商品購入でデジタル商品に使える200円クーポンプレゼント!おひとり様何回でも可能。 今すぐチェック


商品の説明

内容紹介

芽野史郎は全力で京都を疾走していた――無二の親友との約束を守「らない」ために!(「走れメロス」) 表題作の他、近代文学の傑作四篇が、全く違う魅力をまとい現代京都で生まれ変わる! こじらせすぎた青春は、こんなにも阿呆らしく、そして気高い!! 滑稽の頂点をきわめた、歴史的短編集!

内容(「BOOK」データベースより)

芽野史郎は激怒した―大学内の暴君に反抗し、世にも破廉恥な桃色ブリーフの刑に瀕した芽野は、全力で京都を疾走していた。そう、人質となってくれた無二の親友を見捨てるために!(「走れメロス」)。最強の矜持を持った、孤高の自称天才が歩む前代未聞の運命とは?(「山月記」)。近代文学の傑作五篇が、森見登美彦によって現代京都に華麗なる転生をとげる!こじらせすぎた青年達の、阿呆らしくも気高い生き様をとくと見よ!

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 1873 KB
  • 紙の本の長さ: 138 ページ
  • 出版社: KADOKAWA / 角川書店 (2015/8/25)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B0145Z9WYK
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 12件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 519位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  •  画像に対するフィードバックを提供する、またはさらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.1
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 牧 史郎 トップ500レビュアー 投稿日 2015/9/22
形式: Kindle版 Amazonで購入
「山月記」中の原作からの引用、というかアレンジが見事です。腐れ大学生が無意味に大学に居続ける描写が気に入っています。
「彼は留年と休学を巧みに使いこなし、およそ不可能と言われたモラトリアム延長の歴史的記録へ果敢に挑んだ。誰一人讃える者とてない孤独な行軍であり、如何にも万里孤軍来たるの感が深い。」
中島敦の愛読者であれば、出典が「李陵」であることは即座に分かります。原作では敵中深く単独行を強いられた主人公の窮状を描写した「如何にも万里孤軍来たるの感が深い。」という一説が大学生の怠惰な日常の描写に用いられており、中島敦の愛読者であればこの落差に思わず笑ってしまいます。そして森見氏がどれほど深く中島敦の作品に魅かれているかが読者に伝わってくる一節でもあります。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
この本のタイトルからてっきり森見が日本の文豪たちの名作を思い切りパロディ化するのでは思った読者は私だけではあるまい。確かに、表題作の「走れメロス」
にはその傾向はある。しょうもないことを格調高く描くという骨格で、アホ丸出しの学生(京大生)が、アホらしい拘りを持ちながら文字通り走りまくる。ここら辺は
森見ワールド満開である。ところが、それ以外の四篇は、どっこい、格調のある独特の文章はやや抑えめに、それぞれの原作のもつ雰囲気を見事に生かしな
がら自分自身の解釈で全く違う「名作」にしてしまっているのだ。もともと、これだけの文章力、表現力をもった作家だけに、こういう作品も書けるのか、と思う
方がおかしいのだろうが、それでも新鮮である。千野帽子が文末に、「夢十夜」と題してこの作品の解説を供しているが、これも立派な短編となっており、千
野がこう言った形で「解説」を供するのもこの森見の作品への最大限の評価の表れと私は解している。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
原作は走れメロスしか読んだことはありません。
日本文学は、個人的に難しいと思っていたのですが、この本を読んで大体の形がわかったので、他の原作に挑戦してみようとおもいます。
登場人物が個性的で内容に引き込まれて行きました。
読んでいてクスッと笑ってしまう所もあって最後まで楽しめました!
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
原書を再度読み直して、読み比べたくなる小説です。
原書に描かれたモチーフを再構成していますが、森見さんの軽やかな文章力で、また少し違った印象を受けることが面白い。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
全ての作品がいわゆる名作と呼ばれる文学作品のパロディですが、それぞれの文体を忠実に再現していて、尚且つそこに森見登美彦らしい阿呆成分がふんだんに含まれています。
この本を読んで阿呆小説に興味を持ったなら、是非彼の他の作品も読んでみることをおすすめします。
この人の作品にハズレはないです。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
色んな人の本を読むのですが、この人の作品と村上春樹の作品は何となく網羅してしまう。
多分独自の世界観が明確でこういう気分になりたいと思う時に的確にそういう気分にさせてくれるからかもしれない。

今作も森見ワールド全開ですがちゃんと原作へのリスペクトも垣間見れます。
いい解釈だと思いました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover