中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

新釈 走れメロス 他四篇 単行本 – 2007/3/13

5つ星のうち 4.4 68件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,512 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 607 ¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

〜日本一愉快な青春小説/こんな友情もあったのか/あの「名作」が京都の街によみがえる!?〜

あの名作が京都の街によみがえる!? 「真の友情」を示すため、古都を全力で逃走する21世紀の大学生(メロス)(「走れメロス」)。恋人の助言で書いた小説で一躍人気作家となった男の悲哀(「桜の森の満開の下」)。――馬鹿馬鹿しくも美しい、青春の求道者たちの行き着く末は? 誰もが一度は読んでいる名篇を、新世代を代表する大人気著者が、敬意を込めて全く新しく生まれかわらせた、日本一愉快な短編集。

解説・神山健治 --このテキストは、文庫版に関連付けられています。

内容(「BOOK」データベースより)

異様なテンションで京都の街を突っ走る表題作をはじめ、先達への敬意が切なさと笑いをさそう、五つの傑作短編。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 219ページ
  • 出版社: 祥伝社 (2007/3/13)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4396632797
  • ISBN-13: 978-4396632793
  • 発売日: 2007/3/13
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 68件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 232,163位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
近代文学の「古典」的作品の「新釈」という試みはいいと思ったんですが、残念ながらあまり楽しめませんでした。一応「原作」をすべて知っている事を確認して読みましたが、あえてこれを新釈と呼ぶ理由が無いのと、原作とこれらの新しい作品群をどう位置づけたいのかがはっきりしないところがすっきりしませんでした。あまり、「古典的」とは言えども、近代文学の短編をよく知っている人がいないし、ましてやそれで文学を再生産するという試み自体あまりされないために注目されたのかなと推察しています。

同じ系統の試みで、もっと「パロディ」を前面に出している作品では、例えば柳広司さんの「贋作『坊っちゃん』殺人事件」のほうが1)エンターテイメント性、2)「新釈」の意義、という点で秀作かと思います。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
京都吉田界隈で一部関係者にのみ名を馳せる斉藤秀太郎は俗事に色目を使うことなく,誰も読み手のいない大長編の完成を目指し,一心不乱に書き続けている。そんな彼が大学に入学し11年が経過したある日「もんどり!もんどり!」と叫びつつ,闇の中へ消えていった・・・『山月記』

明治から昭和にかけてのいわゆる名作と言われる作品の名を冠し,モチーフとした現代風の短編集である。毎度の事ながらこの作者の創り出す独特の世界観には感心させられ,熱中させられる。ただし,好みがあると思われるし,この短編集のそれぞれがリンクしているように,他の作品ともリンクしている部分もあるので,同作者の他作品(『夜は短し歩けよ乙女』)を呼んでいた方が,より楽しめるのではないかと感じる。個人的には表題作『走れメロス』が気に入っている。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
なのですが、楽しく読みました。
元ネタを知ってたらもっと面白かったのでしょうか。

山月記が1番好きだったかな。
有りがちの話で有りがちのキャラクターですが、やはりこういう話は胸が痛いです。
やはり自分が、若く、無限の可能性って奴を信じられていた時を思い出すからでしょうか。
美しく(?)終わっていて良かった。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Amazon Customer VINE メンバー 投稿日 2009/8/16
形式: 単行本
走れメロスや山月記といった日本文学の古典的名作を題材に、森見登美彦が 京都の街を舞台に、描いた短編集。

表題作も面白かったが、最初の山月記が特によかったな。まさに暴走といった感じの作品。彼の作品って、自分の大学時代を思い出させるんだよなぁ。今回は麻雀の話も出てくるけど、それもそっくりだしね。いつの時代も大学生って変わらないのかな。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
小説を書くとは何なのか。映画を撮るとは何なのか。恋とは何か。学生の街、京都には無駄遣いされた才能の屍が累々と積み重なっている。その果てしない浪費の中にキラリと光る美があり、真実があり、あるいは真実と見紛う幻がある。森見氏の小説を読むと京の街をぶらつき、才能の屍を拾い集めたくなる。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
森見登美彦氏の「太陽の塔」で、すっかりその世界に魅了され、読んだ2作目。

そうそうたる文学作品を、ここまで面白く料理するなんて!
と衝撃を受けました。

もはやこれは、別の作品です。

森見氏得意の、京都の街が舞台。
バカバカしくて、軽快で、ウィットに飛んだ短編集として完成されています。

でも、やっぱり新釈版としても秀逸です。
私は「走れメロス」以外、原作を読んだことがありませんでしたが、
思わず、原作をそれぞれ読んでしまいました。

中でも「桜の森の満開の下」は、原作でもまた衝撃を受け…
「藪の中」でも、なんか…わからないけど「ふ〜ん」(悪い意味の「ふ〜ん」ではありません)と感じ。

原作と比較して読むというのが、また面白い。

そういう意味では、文学嫌いの人に、ぜひ読んで欲しい。

テレビシリーズの「トリック」や「ケイゾク」みたいな伏線好きの人。
伊坂幸太郎のような、しゃれた仕掛けがある本が好きな人。
いろんな人がこの本で、文学に目覚めることが出来ると思います。

ぜひ、新釈の第二段を読みたい!

あ、あと、
...続きを読む ›
コメント 35人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー