この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

新課程チャート式基礎からの数学1+A 単行本 – 2012/2/14

5つ星のうち 3.9 58件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 23,447 ¥ 1,761
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

日常学習と入試対策への必須問題を漏れなく収録。章トビラに、その章で扱う例題とコラムの一覧を掲載。本文は、教科書の内容を中心に、重要な定理や公式などをまとめた「基本事項」、例題、関連発展問題、コラムなどで構成。各単元末にEXERCIES、巻末に、入試~標準レベルの入試問題を中心に取り上げた「総合演習」を収録。

出版社からのコメント

【実績の青チャート】 どんな問題もこの一冊で解決! ~日常学習から入試の発展的な問題までをもれなく掲載~ 【指針】 問題のポイントや急所がどこにあり、問題解法のポイントをいかに立てるかを示したチャート式の真価が最も発揮されている箇所 【例題】 •基礎例題:基礎力をつけるための問題…主に教科書レベルの問題 •重要例題:基本例題を発展させた問題…入試対策/応用力定着に適した問題 【解答の重要ポイント! 】 •例題の解答では,左側に!  を掲載し,「解答における重要なポイント」及び「指針に対応する箇所」が見てすぐわかる 【ノート】 例題と練習の全問を収録した【チャート式 基礎からの数学 完成ノート】と一緒に学習することで効率UP ○練習問題 •例題の完全な反復問題 •類題となるEXERCISESの問題番号を掲載 ○EXERCISES •例題と解き方が少し異なるものや+αの要素が入った問題 ○配列 •似た系統の同じタイプの例題がまとまっている ○関連問題検索 •各例題に,関連例題番号や基本事項のページを掲載し、つまずいた時や、より難しい問題に取り組みたい時に便利 ○解答 練習及びEXERCISESの問題文が掲載してあり,解答編だけでも問題演習が可能


登録情報

  • 単行本: 511ページ
  • 出版社: 数研出版; A5変版 (2012/2/14)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4410105752
  • ISBN-13: 978-4410105753
  • 発売日: 2012/2/14
  • 商品パッケージの寸法: 21.6 x 15.3 x 4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 58件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 2,778位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
p442 解答8行目 25<2^5ではなく 20<2^5の間違いでしょう。 p452 指針 3 ab≡cd(mod m)とありますが、ac≡bd(mod m)の間違いでしょう。  p459 解答 3行目 m+n=m・1+n ではなく m+n=n・1+m の間違いでしょう。 天下の数研出版でも間違いあるのですね。旧版でも誤植は発見したことがあります。全国でこれだけの読者数をもつ参考書は少ないですから、間違った風に覚えてしまわないように祈ります。追加です。確証は持てませんが、別冊解答集 数Ap329 練習105(3) 積pqは17以下となる、だから、それぞれ、2q≦17、3q≦17、5q≦17の間違いと思われる。(本文は、2q<17、3q<17、5q<17、となっている)間違っていましたら、コメントください。
3 コメント 106人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
内容については、定評があるし、他のレビューに十分示されている。

言いたいのは、ただ一点、このふざけたソフトカバーだ。
なんなんだ、このつくりは! 使いにくくてしょうがないんだが!!
6 コメント 83人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
自分の部屋を持ったので、机上の小物として購入
特徴のない部屋にアクセントがつけられました
あくまで飾りなので中に書いてあることは意味不明ですが、大切にしています
2 コメント 96人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
通称「青チャート」。高校数学の定番の網羅系参考書として広く知られている。
問題数は、例題:314問、練習314問、EXERCISES:237問、総合演習53問の計918問。

旧課程版と新課程版を比べると、構成が大きく変更された部分があるのでまず、その点について指摘したい。
「例題」については、関連する例題や基本事項のページを示すように変更された。
また、「例題」と「練習」の対応だが、新課程版は「例題」に対して「練習」が必ず1問になり、ほぼ「例題」の数値替えの反復問題になった。
更に、「練習」に節末「EXERCISES」の関連する問題の番号が示されるようになり、旧課程版からあった「EXERCISES」の関連する「例題」の番号が示されるようになったことも併せて、系統的な学習の流れが示されるようになったことは大きいのではないか。

例題の配列も変更されている。
旧課程版は節ごとに教科書レベルの「基本例題」→節末に入試レベルの「重要例題」という2ステップ構成が特徴だったが、新課程版は例題のタイプごとにまとめて掲載されるようになった。このことで、辞書的に使用するとき探したい例題が探しやすくなったのではないか。
また、新課程版は章末に「演習例題」が新設され、ほかの単元の内容が含まれる問題や、応
...続きを読む ›
1 コメント 48人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
数学の参考書なら、これ一冊でも十分だと言える。青チャートをこなすためには、教科書の徹底的理解が不可欠である。
逆に、教科書の理解が進んでいれば、苦なくこの学習書を読み進めることができる。今回の新課程版では、
紙質を変更したため、次のページの項目が裏写りしており、若干の見難さがある。ここは評価が落ちますね。
レイアウトも以前のものより見難くなっており、残念です。問題の選出や、解説などはすべてにおいて完璧であり、
解答も適切である。数研の教科書との対応も十分であり、やはりこれ以上の参考書はないと言える。
以前のものより、解説にくだけた表現が使われており、よりカジュアルになっている。この点も評価できる。
新課程「データの分析」はどうなることかと思ったが、かなりまとまっており、大学での論文作成などに必須な箱ひげ図などが
扱われており評価できる。思い切ったものである。新課程「作図」「空間図形」、作図は正直よく分からない。必要と思えば、必要だが、入試問題としてどうなるか、まったく読めない。空間図形は今まで適切な記述がなかったので非常によいと思う。
そして、最も大きな変更点と言える新課程「整数」分野ですが、これはかなり微妙な扱いになっていますね。不定方程式など基本的な事項が載っています。今まで、自主的に学習してきた受
...続きを読む ›
コメント 36人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
説明不要のバイブルですね。数研出版の教科書に例題他大量の問題をくっつけたような構成で、言葉の定義や公式の証明まで載っているので、これ1冊で大学受験数学の基礎はバッチリです。自分で考えるなり人に聞くなりしてわからない所を徹底的に潰していきましょう。

ただし、教科書の例題に比べてちょっと捻ってある問題が多いので、傍用問題集レベルが怪しいと吸収効率が落ちます。タイトルに騙されて初学者が1から解き始めるとほぼ例外なく挫折します。初見で6割以上何も見ずに解けるのがこの本から効率良く内容を吸収できる目安になります。例題ごとに関連する他の例題の番号がついているので、例題を通して基本の確認ができると同時に、どの問題が似てる似てないという系統が分かるようになります。
一応、問題の解き方を確認する時の解法辞典として使うなら、初学者にもまだ使いみちがあるかも知れません。
初見で6割も解けないよ、って人は教科書と傍用問題集で基本をみっちりやり直すことをオススメします。傍用問題集が9割方すらすら解けてかつ、解き方を人に説明できるだけでも相当の力がついているはずです。その後に青チャートを進めると半分以上は解けるようになっているはず。

青チャートの例題が9割方人に説明できるまで定着したら、同じ会社から出ている『数学 重要問題集』で入試標準レベルのイ
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー


関連商品を探す


フィードバック