通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新訳 思い出のマーニー (角川文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

新訳 思い出のマーニー (角川文庫) 文庫 – 2014/7/10

5つ星のうち 4.7 7件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 562
¥ 562 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 新訳 思い出のマーニー (角川文庫)
  • +
  • 思い出のマーニー When Marnie Was There (KODANSHA ENGLISH LIBRARY)
総額: ¥1,480
ポイントの合計: 46pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



2017年本屋大賞は『蜜蜂と遠雷』に
大賞は『蜜蜂と遠雷』恩田陸!2位は『みかづき』森絵都、3位『罪の声』塩田武士 …>> 作品一覧はこちら

商品の説明

内容紹介

アンナは海辺でマーニーという不思議な女の子に出会う。仲良しなのは二人の秘密。けれど嵐の日マーニーが消えてしまい……。愛と友情、成長を描く感動の物語。越前敏弥、ないとうふみこによる新訳で登場!

内容(「BOOK」データベースより)

家族を亡くしたアンナは、やさしいプレストン夫妻のもとで暮らしている。ところがすべてに無気力で友だちもできない。心配したミセス・プレストンの計らいで、アンナはひと夏を海辺の田舎町で暮らすことに。そこでアンナはマーニーというとても不思議な女の子に出会う。アンナを大きく変える、奇跡の物語の始まりだった。愛と友情と少女の成長を描く感動の名作が、越前敏弥・ないとうふみこによる、読みやすい新訳で登場!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 355ページ
  • 出版社: KADOKAWA/角川書店 (2014/7/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4041020719
  • ISBN-13: 978-4041020715
  • 発売日: 2014/7/10
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 73,880位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 オーネスト. H. トップ100レビュアー 投稿日 2017/3/13
形式: 文庫
沢山の本が出版されて、あっという間に市場から消えていきますね。

映画の公開が終わり、時がたった今、「思い出のマーニー」の翻訳本の幾つかは、あっという間に消えていくのでしょう(本作のような佳作に3つ以上も翻訳が存在する事自体が異例だから)。

私自身、自分でも、本当の意味でどうしてなのかよくわかっていないのですが、本作品が大変気に入ってしまい、結局5回ほど作品を、日本語、英文で読みこむことになりました。
その上で、日本語の翻訳3種類と、原文を突き合わせて、じっくりと考えてみると、この本の翻訳が一番読みやすく、
わかりやすいかなと今は感じています。

原文は、中学3年生までに習うぐらいの単語で平易に書かれているのですが、本当に心の機微や、ノーフォークの自然を繊細に切り取っており、語学を学習するものとしても、大変参考になる文章だなと作品自体を離れて感心させられます。

時が来たら子どもたちには、この本で英作文を学んでほしいと思いますので、kindleで
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
原書も読みましたが、わからない部分があって、新訳のこの文庫を購入しました。
イメージの湧く文章と思います。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
ジブリのアニメを途中まで見て、着眼点と作画は気に入ったものの、アンナとマニーの最初の出会いのシーンにいまいち乗り切れず、原作はここをどう処理しているのか興味をもったのが馴れ初めです。
普段はあまり児童文学の類にまで手が伸びないのですけど、一読して驚いた。
ちょっとした情景描写にしても、少ないタッチながら実に的確で無駄がなく、まるで印象派の絵画でも見ているように心的な奥行きがある。
淋しい渚の風景のなかで、孤独なヒロインの想いに寄り添うように神出鬼没するマニーの出現の仕方は、ジャンルのクリシェに捉われているアニメよりもこちらのほうがずっと自由自在で意外性があって面白い。
大人の世界から隔絶された二人の少女のこころの交流はきめ細かく、心象表現のニュアンスの豊かさが夢が現か判然としない両義性を保持するのに見事に貢献している。
少女が成長するにつれて、現実の様相が変容し、マニーの思い出も、アルバムの奥の一葉の写真のように色褪せてゆくと思いきや、思わぬ真相の発露によって、ぐるりと反転する構成の巧みさには唸らされました。
後味としてはイアン・マキューアンの『贖罪』に近いほろ苦さがある。
物語的には一応ハッピーエンドのはずなのだけど、この何とも言えないメランコリーの諧調の加減が素晴らしい。
香山滋じゃないけど、こういう小説がひとつでも書ければ作家冥利に尽きると思う。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ringmoo トップ1000レビュアー 投稿日 2014/8/2
形式: 文庫
非常に良く出来た「児童文学」だと思います。
主人公のアンナが、マーニーの幻影を見ると言うか、マーニーとの幻想を抱きます。
しかも、それがあたかも体験して居るかのように・・・。
孤独な少女アンナが、マーニーとの幻想にやっとともだちとの関係を経験します。
そして、リンジー一家がやってくると、一気に話は進み、意外なアンナの過去が語られることになります。

この物語を読んでいて感じたことは、親子関係の大切さでしょうか。
何らかの理由で親子関係を持てなかった子どもが、自分の子どもともちゃんとした親子関係を作れず、子どもは「孤独感」に苛まれてしまう。
こうした話は、現代社会においては一層多くなっている様な気がします。
そして、そこに様々な新聞記事となるような「事件」が起こっています。
「普通の親子関係」。これこそ人間が生きてゆく上で、大切なことかも知れません。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告