¥ 713
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新訂 孫子 (岩波文庫) がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

新訂 孫子 (岩波文庫) 文庫 – 2000/4/14

5つ星のうち 4.5 104件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,080 ¥ 570
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 713
¥ 710 ¥ 294

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 新訂 孫子 (岩波文庫)
  • +
  • 論語 (岩波文庫 青202-1)
  • +
  • 大学・中庸 (岩波文庫)
総額: ¥2,614
ポイントの合計: 184pt (7%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

『孫子』13篇は,中国最古のすぐれた兵書である.しかし,そこに記された戦略・戦術の論議における深遠な洞察は,ひろく人生全般の問題に適用しうるものである.新出土の竹簡資料との照合も経て,またさらに読みやすくなった新訂版.原文と読み下し文と現代語訳に平易な注を加え,巻末には重要語句索引を付してある.

内容(「BOOK」データベースより)

『孫子』13篇は、中国最古の兵書である。そこには、現実的な戦術が深い思想的裏づけを得て、戦争一般、さらには人生の問題として、広い視野の中に組みこまれている。竹簡の新資料との照合も経て、またさらに読みやすくなった新訂版。原文・読み下し文・現代語訳に平易な注を加え、巻末には重要語句索引を付した。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 202ページ
  • 出版社: 岩波書店; 新訂版 (2000/4/14)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4003320719
  • ISBN-13: 978-4003320716
  • 発売日: 2000/4/14
  • 商品パッケージの寸法: 14.6 x 10.4 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 104件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,147位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
多くの方が指摘されるように、
非常に薄い本ですが、非常に中身が濃いと思います。

中国古典全般に言えることですが、
まずは、こうした余計な解説がない現代語訳を通読してみて、
自分の経験に照らし合わせてそれなりの解釈をしてみることが大事と思います。
その意味では、金谷博士の岩波文庫は最高の教材と考えます。

先に解説書の類を読んでしまうと、その著者の価値観とか人生経験というフィルターを通した意見であるだけに、
違和感を感じたり、あるいは鵜呑みにしてしまうおそれがあります。
それは非常に勿体無い気がします。様々な解説書は、この金谷孫子と向き合って、自分なりに何かを感じた後に、比較の対象として読むと、理解が深まると思います。

この文庫本を読むと感じますが、これは戦争やビジネスの「万能のマニュアル」ではなく、
孫子が言うことを、個々の読者の立場で、いかに消化し、日々の生活や仕事などで応用できるかが大切な気がします。
多分、読む度に、感じ方、捉え方が違う本なのだと思います。
その都度で、適切な「気付き」を与えてくれる、そんな本だと感じています。
(そういう意味では、ドラッガーの「マネジメント」に似てるかも。)
コメント 112人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 1 投稿日 2004/4/17
形式: 文庫
「孫子」本はたくさんある。ハウツー本からマンガ、そして原典訳まで。
この本は原典訳、そして「史記」に見える孫子たる人物の逸話にも
触れている(二人とも)。
自分が思うに、ハウツー本は所詮、著者の主張であって、孫子の
主張ではない。孫子の主張は原典の中にしかない。
そして、それに自ら触れることで、自分なりの「孫子との対話」が
完成する。
読めない外国語では日本語訳をあたるしかないが(ここにだって訳者の
主張が混じる可能性はあるのだ)、孫子は高校漢文知識で読めるのである。
訳もついてる。
忙しくたってこの本を携帯し、休憩がてら時間をとるくらいは
できるはずだ。
ということで、社会人必須教養図書の一冊として推薦します。
コメント 180人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
孫子の兵法について書かれた本は、巷にあふれている。
しかし、そのほとんどは、孫子の兵法の一部分を引用しただけであったり、著者の言いたいことを補うため、
あるいは著者の薄学を補うためのものであるように思える。

孫子の兵法の良いところは、ほかの古典と比べて、全部読んでも分量が少ないことである。

私はこれまで、孫子の兵法について書かれた本を、書店で目に付くたびに、購入して読んだが、
一度、原文かそれに近いものを読みたいと思って、本書を購入して読んでみた。

読後に得た結論は、巷にあふれる孫子の兵法について書かれた本を読むのは、お金と時間の無駄である。
B級、C級の作家や評論家を、貴重な自分のお金で儲けさせてはいけない。

本書を読んで、孫子の兵法を理解すれば、もうそのようなものを読む必要はない。
やはり孫子の兵法は不変である。ぜひ本書を何度も読み返してほしい。
コメント 47人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
勝つための個々のケースの必勝法は書いていません。
どのようにすれば勝ちに近づくか、またその心構えや要諦が書いてありました。
読みやすくあっという間に終わります。
一言でいえば勝利とは、分析と事前準備がかなりの要素であり、またそもそも戦わずして勝てればそれで良いともあります。

現代の会社組織で出世争いやチームをマネージメントするときも、やはり社内外の相手を分析して、適した事前準備やタイミングはあるので、通じるものはあると思いました。
また戦略だけではなく、実際に組織を動かすための懲罰や処遇などの考えもあり、現代にも通じると思います。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
最近ビジネスの世界で孫子がブームである。解説書や、ビジネスと結びつけた本も多い。しかしなんといっても孫子自身の書いた本をよんでほしい。難しいのでは・・・と思う人がよんだら、きっと拍子抜けするくらい簡単な本だから。薄いし。
2000年前ととても思えないほど洞察に満ちたこの本は、圧倒的なリアリズムに裏打ちされている。たとえば孫子は兵を勇猛果敢、兵はかくあるべし、などとは書かない。彼は兵とは都合が悪ければ、目を離せばすぐに逃げ出すものだ、と言う。彼は戦争など下の下であって、国と国の最後の手段としてしか用いてはいけないという。彼は戦争に至らないためのありとあらゆる手段を尽くせ、という。
クラウゼビッツ(戦争論の著者)と大きく違い、彼は国全体の経済のなかで戦争を捕らえていた。戦争が国の経済に与える影響を良く知っていた。また、情報の重要性も知っていた。
できれば中高生に読んで欲しい。僕がそうだったように、人生が変わると思う。孫子は戦争に勝つための方法を書いたような薄っぺらな本ではない。大学生以上でも遅くはない、読んで欲しい。きっと何度も震えが来るはずだ。
コメント 125人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー