通常配送無料 詳細
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新装版 雪明かり (講談社文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆◆◆少し、小口に汚れがあります。他は問題ありません。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

新装版 雪明かり (講談社文庫) 文庫 – 2006/11/16

5つ星のうち 4.9 13件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 771
¥ 771 ¥ 3

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 新装版 雪明かり (講談社文庫)
  • +
  • 驟(はし)り雨 (新潮文庫)
  • +
  • 静かな木 (新潮文庫)
総額: ¥1,808
ポイントの合計: 57pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

短編の名手が綴る 哀しく愛しい男と女

貧しくも、明日への夢を持って健気に生きる女。深い心の闇を抱えて世間の片隅にうずくまる博徒。武家社会の終焉を予感する武士の慨嘆。立場、事情はさまざまでも、己の世界を懸命に生きる人々を、善人も、悪人も優しく見つめる著者の目が全編を貫き、巧みな構成と鮮やかな結末とあいまった魅惑の短編集。

内容(「BOOK」データベースより)

貧しくも、明日への夢を持って健気に生きる女。深い心の闇を抱えて世間の片隅にうずくまる博徒。武家社会の終焉を予想する武士の慨嘆。立場、事情はさまざまでも、己の世界を懸命に生きる人々を、善人も、悪人も優しく見つめる著者の目が全編を貫き、巧みな構成と鮮やかな結末とあいまった魅惑の短編集。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 448ページ
  • 出版社: 講談社; 新装版 (2006/11/16)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062755653
  • ISBN-13: 978-4062755658
  • 発売日: 2006/11/16
  • 商品パッケージの寸法: 15.2 x 10.6 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.9 13件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 23,252位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.9
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
「恐喝」
すっかり身を持ち崩し賭場に通うだけが楽しみの男
しかし、そんな男にも頼りにする女、恩義を感じ守らねばと思う女がいた

「入墨」
自分たち姉妹を捨てた父親が何年も経ってからみずぼらしい姿で現れた
冷たくあしらう姉、姉に気を遣いつつ優しく接する妹

「潮田伝五郎置文」
新潮文庫版「冤罪」で既読
思い込みで一生を棒に振った男が残した置文

「穴熊」
賭場の壺振りで暮らす男
偶然知った貧しい武士と妻の暮らしを助けようと一芝居うつのだが

「冤罪」
新潮文庫版「冤罪」で既読
散歩の途中で見かける娘が気になる武家の次男坊
娘の父親がある罪に問われ腹を切ったことを知った彼は娘の行方を探し始めたことから、城内で秘密裏に処理された事件の真相を知る

「暁のひかり」
転々と職を変える男
賭場からの朝帰りの途中で会う足が不自由な少女と出会ったことからまともな暮らしに戻ることも考えるのだが

「遠方より来る」
その昔、関ヶ原の戦いで一度だけ顔を合わせた他藩の男が貧しい足軽の男の家を訪ねてくる
浪人と成り果てた男は居座り続けるつもり
...続きを読む ›
1 コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 I'll go to a place in the sun VINE メンバー 投稿日 2008/3/10
形式: 文庫
どの短編も傑作ぞろいでひとつとしてはずれは、ない(当然だが)。
その中でも
「入墨」・「潮田伝五郎置文」・「穴熊」の3篇の切なさを味わって欲しい。
この3篇は主だった登場人物それぞれが、他人を思いやることで切なさを訴えてくる。
「切ない」・・・よく聞くし、使う言葉であるが、
この3篇で本当の「切なさ」ということを知ったように思う。
主人公だけでなく、さまざまな登場人物の気持ちになって
これら短編を味わいつくして欲しい。
何度も読まないと、そのよさすべてが、わからないだろう。

藤沢周平って、やっぱり多感な高校生の頃に読むといいと思うなぁ。
ものすごく深い人間になりそうだ。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
四十を超えて初めて読んだ時代劇小説です。
暇つぶしに手に取った文庫でした。
しぶい。とてつもなく、しぶい。
チャンドラーやエルロイや北方(現代もの)とも違う、人間の襞の描き方。
心に染み入る文章とはこのような文章なのでしょう。
日本のハードボイルドとは、時代劇にあったのですね。
「穴熊」は、まさに絶品でした。
潔癖、完全は、時に、絶望的な自己満足になってしまうということが、
悲しくもあり、高貴にも感じました。
藤沢周平を読まなかったことを悔やみ、読んだ偶然に感謝します。
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
藤沢作品が今日の私たちの心を打つのは、パソコンや携帯電話やテレビ、電気・ガス・水道などモノにあふれた生活を享受する一方で、心がさみしいからではないだろうか?この作品に登場する人物はみな、貧しいながらも懸命に生きたり、博打打ながらもなんとかそこからの脱出を図ったりと、一日を一生懸命生きている人物が描かれている。

現在の日々の生活にちょっとした疑問を感じている方には、まさに読むべき一冊だと思う。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
「こりゃすぐにでもドラマにも映画にもなる」と思えるのが藤沢作品である。
という思いをが、再読後、強くした。
冒頭の短編『恐喝』の出だし部分を脚本にしてみると…

◯江戸の商人町。
・屋根から吹き降ろす強い風、砂塵。
・二十歳を少し過ぎた遊び人風の着流しの男、竹二郎が歩いて来る。
・風の強さに竹二郎が思わず眼をつむると、何かが脚にあたった。「痛い」
・見上げるとそこは履物屋で、店前に積んであった下駄の薄板が風で飛ばされてきたのだった。
・竹二郎の向う脛の傷
・竹二郎が見た「御はきもの備前屋」の看板
・竹二郎の眼がキラリと光る。
・音先行して、竹二郎の大きな声「買うんじゃねえよ」
◯備前屋店内
番頭「へっ?」
・腰を抜かさんばかりの番頭。
・周囲の女客振り向く。
・そそくさと出てゆく年増客。
・竹二郎の手には血染めの薄板。
竹二郎「お前が番頭かい」
番頭「さようでございます」
竹二郎「(パッと裾をめくり、血の滲んだ脛を見せ)この足を買ってもらいてえ」
番頭「これはまた。面白いご冗談を」

これだけで面白いものね、すごい。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック