通常配送無料 詳細
通常1~4週間以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ■通常24時間以内に発送可能です。■万が一コンディションに不備があった場合は、返金対応致します。丁寧にクリーニング・梱包をして、迅速に発送いたします。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

新装版 銀行総務特命 (講談社文庫) 文庫 – 2011/11/15

5つ星のうち 3.8 67件のカスタマーレビュー

その他(4)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,030
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 751
¥ 751 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 新装版 銀行総務特命 (講談社文庫)
  • +
  • 新装版 不祥事 (講談社文庫)
総額: ¥1,502
ポイントの合計: 48pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

◆2015年7月スタート日本テレビ系ドラマ「花咲舞が黙ってない」ドラマ化エピソード収録作! 主演:杏◆

指宿、お前どうするよ。
メガバンクの醜聞を隠し通せと言われたら。

帝都銀行で唯一、行内の不祥事処理を任された指宿修平(いぶすき・しゅうへい)。顧客名簿流出、現役行員のAV出演疑惑、幹部の裏金づくり……スキャンダルに事欠かない伏魔殿(メガバンク)を指宿は奔走する。腐敗した組織が、ある「罠」を用意しているとも知らずに――「総務特命担当者」の運命はいかに? 意外な仕掛けに唸らされること間違いなし!
ある事件をきっかけに指宿とコンビを組むことになる美貌のキャリア・唐木怜(からき・れい)の活躍にも注目。

内容(「BOOK」データベースより)

帝都銀行で唯一、行内の不祥事処理を任された指宿修平。顧客名簿流出、現役行員のAV出演疑惑、幹部の裏金づくり…スキャンダルに事欠かない伏魔殿を指宿は奔走する。腐敗した組織が、ある罠を用意しているとも知らずに―「総務特命担当者」の運命はいかに!?意外な仕掛けに唸らされる傑作ミステリー。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 432ページ
  • 出版社: 講談社; 新装版 (2011/11/15)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062771403
  • ISBN-13: 978-4062771405
  • 発売日: 2011/11/15
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 67件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 13,483位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
池井戸潤の銀行シリーズは基本的なパターンは決まっているように思います。
わかっていても話の構成が上手なのか、読んでておもしろくて夢中になってしまします。
最後は逆転・やり返す手法なのですが、おもしろくてドラマ化されるのも理解できますし、
楽しみです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
各話ともおもしろいのだけど、どれも盛り上がったところで話が終わってしまうので、
その後の結末もちゃんと知りたいというのが本音。

全般に未消化な感覚を受けるのは否めないです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
銀行という組織の人事、出世、エリート意識というものいやというほど見せつけられる内容だ。
総務特命などという組織は実際の銀行には無いと思うが銀行のあり方を考えさせれさせる。
一般文学通算857作品目の感想。2012/11/04
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
帝都銀行総務部企画Gの特命担当、指宿修平調査役を軸に、若手の鏑木和馬、そして人事部から送り込まれた唐木怜が、行内の権力争いの中で様々な事件の解決に特命を受けて活動する短編集だ。同じ短編集でも江上剛氏の「社長失格」のようなテーマのないオムニバスよりは、本書のようにストーリーに一貫性ある方に軍配を上げたい。本書8話はいずれも意外な展開や犯人像、流れの緊迫感に短編ながら読み応えがある。
第1話の「漏洩」は、融資先情報がリストで外部に漏れた。しかも信用格付まで入っている・・。 第2話の「煉瓦のように」は、裏金作りで上司を庇う組織で働く者の悲劇・・。 第3話の「官能銀行」は、女子行員がAV女優で出演、週刊誌記事に・・。 第4話の「灰の数だけ」は、帝都銀行品川支店長の妻子が誘拐された。唐木怜が身体を張って活躍するが・・。 第5話の「ストーカー」は、渋谷支社の女子行員がストーカーの被害にあっている。しかし話は不正資金流出という展開に・・。 第6話の「特命対特命」は、債券部の花形トレーダーの20億円損失が発覚した。 第7話の「遅延稟議」は、支手決済日まであと10日という切迫した時期に50百万円の借入申込を受けた川崎支社の担当者。難しい本部稟議に・・。 第8話の「ペイオフの罠」は、京浜銀行久が原支店の担当者が独居老婆に他行の定期預金預け替えを依頼するが・・。
特に緊迫感があるのが
...続きを読む ›
1 コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
大企業で仕事をしたことがある人であれば、多かれ少なかれ登場人物に姿を重ね合わせる人もいるのではないでしょうか。敗者復活戦のない人事など、あるあると思いながら読んでしまいました。週末の疲れた頭で一気読みがお勧めです。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
著者が元銀行員ということもあって、銀行員を主人公にした作品が多いが、
本書は短編集で、銀行が被害にあう事件や銀行員が犯す犯罪など、いろいろ
な物語。銀行では、こんなふうに
仕事をしているのか、僕の性格には合わないなあと思いながら読んだ。
当然のことながら、銀行には半沢直樹のようなエリートでない行員のほうが
多いのだ。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
読みやすさは相変わらずです。
ただ先が気になるという感じは一切起きません。
話も結構尻切れトンボな感じで終わる物が多いです。
まだ半分くらいしか読んでいませんが、他の作品と比べて面白さに欠けます。
この作家は短編物は向かいのかも知れません。
もしかするとたまたまこの短編がいまいちなのかもしれませんが・・
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
尻切れとんぼなのは不祥事と変わらず…かつ面白いのも一緒なんだけど、不祥事が後の世話で後日談的に尻切れになったその後を書いてるのに反して、コッチは完全に切れたまんまだからモヤモヤする!
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
大手都銀帝都銀行総務部で不祥事調査を担当する指宿修平を主人公とする連作短編。今回から人事部から配転した唐木玲がパートナーとして加わり、最後の1篇では彼女が単独主人公をつとめる。
最初の2,3編が少しあっけない感じだが、尻上がりに調子をあげ、後半はこの作者らしい銀行内部のリアリティと豊かな娯楽色の調和でグングン読ませる。銀行ミステリ、というよりは銀行エンタテインメント、いっそ銀行アクションと呼びたいぐらいのダイナミックさだ。ただ、さすがにテーマはダークで重い。この1冊でいったい何人の銀行員が犯罪者・悪人として描かれただろうか。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
短編小説なのでサクサク読めるが、
「面白い!」と感じる前に話が終わってしまう。

筆者は銀行出身ということで、
内容が事実に基づくことはまさかなかろうが、
その描写、人物の行動にはリアリティがある。

本書を読むと、カネが絡む銀行という職場は、
とてもストレスフルだということが伝わってくる。
いくら給料がよくても、
私には勤められないと思った。
銀行志望者は読んでおいて損はないかも。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー