通常配送無料 詳細
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新装版 軍師二人 (講談社文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆非常にきれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

新装版 軍師二人 (講談社文庫) 文庫 – 2006/3/15

5つ星のうち 4.4 15件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 810
¥ 810 ¥ 1
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 新装版 軍師二人 (講談社文庫)
  • +
  • 馬上少年過ぐ (新潮文庫)
  • +
  • 新装版 おれは権現 (講談社文庫)
総額: ¥2,171
ポイントの合計: 68pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



Amazonランキング大賞2017上半期 本
やせるおかずの柳澤英子さん、白石麻衣さん、にしのあきひろさん、諫山創さんからの受賞コメント付き 和書総合ランキングTOP20へ

商品の説明

内容紹介

戦国の英雄たちの中で群を抜いて輝く二人の武将――天稟(てんぴん)の智将・真田幸村と、千軍万馬の勇将・後藤又兵衛。名将なるが故の葛藤と互いの深い洞察を語る〈軍師二人〉。徳川家康の女性観を描く〈嬖女(めかけ)守り〉。他、争乱の時代を生きた、戦にも、女にも強い、生き物の典型としての男たちを描く、興趣尽きない短編集。

内容(「BOOK」データベースより)

戦国の英雄たちの中で群を抜いて輝く二人の武将―天稟の智将・真田幸村と、千軍万馬の勇将・後藤又兵衛。名将なるが故の葛藤と互いの深い洞察を語る『軍師二人』。徳川家康の女性観を描く『嬖女守り』。他、争乱の時代を生きた、戦にも、女にも強い、生き物の典型としての男たちを描く、興趣尽きない短編集。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 448ページ
  • 出版社: 講談社; 新装版 (2006/3/15)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062753456
  • ISBN-13: 978-4062753456
  • 発売日: 2006/3/15
  • 梱包サイズ: 14.8 x 10.6 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 15件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 116,617位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
戦国の英雄たちの中で軍を抜いて輝く二人の武将−天稟の智将・真田幸村と、千軍万軍の勇将・後藤又兵衛の、名将なるが故の葛藤と互いの深い洞察を語る「軍師二人」。

争乱の時代を溌剌と自由に生きた、戦さにも女にも強い、生き物の典型としての男たち、

それを慕う女たちを描く短編集。

「軍師二人」

これほどに稀有の武将を有していながら、それを束ねて動かすだけの力がなかった秀吉亡きあとの豊臣家。

たしかに優れた軍師同士の考え方やプライド、それを生かすも殺すも主次第と思いました。

もったいない

そのほかに「女は遊べ物語」や「雑賀の舟鉄砲」など、

戦国時代の短編が非常におもしろかったです。

一気に読む予定ではなかったのですが、気がついたら読み終えてました(笑)
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
戦国時代を生きた武将にまつわる短編を8つ収録。表題作の「軍師二人」は、大阪夏の陣で活躍した二人の軍師、後藤又兵衛と真田幸村の葛藤とそれぞれの心理を浮き彫りにしている。またこの二人をうまく御することができずに、大阪方崩壊への決定的方針を作った大野治長やその取り巻きも詳しく描かれている。歴史の転換点を作った器量の差、施策の差をまざまざと見せられる。「雑賀の舟鉄砲」では、本願寺・別所・毛利の連合軍と、秀吉(信長)の攻防に居合わせた雑賀の鉄砲傭兵が主人公。当時の鉄砲傭兵がどのように雇われ、生計を立て、活躍していたのかが垣間見られて面白い。他にも、関ヶ原の戦直前に、家康の側室を大阪城から無事に連れ出す(地味な)役目を与えられた佐野綱正の苦悩と忍耐、最期を描いた短編も興味深く読んだ。
コメント 34人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
「雑賀の舟鉄砲」…雑賀衆雑賀市兵衛基定。
織田信長と敵対する石山本願寺と連携して戦う、播州三木城の別所侍従長治が招聘した鉄砲の名手。僧義観と共に入城し、中世的な武士道に殉ずる美貌の城主夫妻と、落城間際の混沌とした三木城内の有り様を描写する。

「女は遊べ物語」…織田家中、伊藤七蔵政国。
織田信長の馬廻り千石、後に羽柴秀吉直参千石の侍大将伊藤政国の逸話。贅沢と浪費癖の強い妻に追い立てられ、金と手柄を得ていく男の話である。政国は剛勇の士で、越前一条谷や、近江小谷城の合戦で武名を揚げた。『常山紀談』に取材する戦国期の奇話である。

「めかけ守り」…徳川家中佐野肥後守綱正。
家康麾下に珍しい河内侍で、関ヶ原の論功行賞で唯一所領没収となった。大坂城西の丸にいた家康の側妾達を河内国道明寺付近の誉田村に隠し、自らは伏見落城に殉じた。一癖も二癖もある側妾達になぶられながら、最期は男の意地を通し、見事に戦死した。

「雨おんな」…出雲歩き巫女おなん。関ヶ原の合戦の朝、おなんを犯した二人の男は、宇喜多中納言秀家家中の稻目左馬蔵と福島左衛門大夫正則家中の尾花京兵衛と名乗り、敵味方に別れて槍を交えた。巫女の功験を確かめたかったおなんの前に、再び奇縁を辿って二人は槍を交える。

「一夜
...続きを読む ›
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
表題と後ろの解説から、「軍師二人」が半分くらいと思い、
後藤基次と真田幸村の話がゆっくり見れるぞーと思ったら、
なんと短編八本の内の一つで、かなり分量少なかったです。
まあでも、おもしろかったですけど。以下それぞれの一言感想。

・雑賀の舟鉄砲
戦国時代でも別に英雄ばかりじゃないよな〜というお話。
最後、鶴はどこ行ったんだろう。

・女は遊べ物語
戦国時代のリーマン悲哀劇、みたいなノリだ。

・嬖女守り
どっかで見たと思ったらこのエピソードか。
関ヶ原のかわいそうな武将のお話。

・雨おんな
ちょっと世にも奇妙な的お話やね。不思議な感じ。

・一夜官女
大坂の陣西軍武将の1エピソード。

・侍大将の胸毛
何の話と思ったら、司馬作品で何度も見る西軍の藤堂軍敗走の時、
責めることを主張した武将の話。戦国時代とかを重点的に読んでいくと、
こうやって同じエピソードを別視点から見れるのが楽しいな。

・割って、城を
短編集『人斬り以蔵」に載っていたのと同じもの。
読み返したがやはり面白い。司馬遼太郎の古田織
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー