通常配送無料 詳細
残り6点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新装版 箱根の坂(下) (講談社文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 表紙は少しスレと端傷みがありますが、中は使用感の少ない状態です。  防水対策して迅速丁寧に発送いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

新装版 箱根の坂(下) (講談社文庫) 文庫 – 2004/6/15

5つ星のうち 4.6 16件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 788
¥ 788 ¥ 92

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 新装版 箱根の坂(下) (講談社文庫)
  • +
  • 新装版 箱根の坂(中) (講談社文庫)
  • +
  • 新装版 箱根の坂(上) (講談社文庫)
総額: ¥2,246
ポイントの合計: 70pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



Amazonランキング大賞2017上半期 本
やせるおかずの柳澤英子さん、白石麻衣さん、にしのあきひろさん、諫山創さんからの受賞コメント付き 和書総合ランキングTOP20へ

商品の説明

内容紹介

新装版 司馬遼太郎の名作

関東制覇を目指して、先ず伊豆を切り取った早雲は、越えがたい箱根の坂を越えて、ついに小田原攻略に成功した。まさにその時、戦国の幕が切って落とされたのである。伝統的教養と近代的領国経営法で関東の覇者となり、治世の理想を実現させ、歴史を変えていった男、北条早雲の一生を描いた傑作長編小説完結。

内容(「BOOK」データベースより)

関東制覇を目指して、先ず伊豆を切り取った早雲は、越えがたい箱根の坂を越えて、ついに小田原攻略に成功した。まさにその時、戦国の幕が切って落とされたのである。伝統的教養と近代的領国経営法で関東の覇者となり、治世の理想を実現させ、歴史を変えていった男、北条早雲の一生を描いた傑作長編小説完結。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 488ページ
  • 出版社: 講談社; 新装版 (2004/6/15)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062748037
  • ISBN-13: 978-4062748032
  • 発売日: 2004/6/15
  • 梱包サイズ: 15 x 10.8 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 16件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 57,528位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
伊勢新九郎が,早雲として台頭し,勢力を拡大してゆく晩年が描かれています。

晩年の早雲は,次々と名家を滅ぼし領地を拡大したため,一般的には,
悪賢い成り上がり者の大悪人といったイメージもありますが,筆者は
早雲に好意をもち,救世済民の英雄のように描いています。

農民が飢えずに暮せるユートピアの実現を目指す理想家の一面と,
農民厚遇を占領・宣撫政策としても利用した功利主義者の一面を
併せ持つ魅力的な人物として描いています。

晩年の早雲は,伊豆公方を追い出し伊豆を取り,箱根を超えて
小田原を取り,三浦一族を追い詰め相模を切り取り,関東に
確固たる勢力基盤を確立しますが,武力闘争による勢拡大ではなく,
政策の結果としての勢力拡大を行います。
最後は,戦闘で決しますが,戦闘に至るまで,5年,10年,15年
という長い時間をかけています。
領土的野心に燃えるどん欲なだけの武将が持ち得ない気の長さも,
早雲の実像が本書に描かれている早雲と近いものだったことの証拠のように思えます。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 上中下巻の下巻の読後感です。
 下巻では、新九郎は早雲、宗瑞となり、年齢もとうとう60代。

 伊豆を取ろう。伊豆が得たい。とは、早雲の意志です。果たして早雲の作戦とは、
 「足利政知の寿命はいかに?」であり、「伊豆は無主になる。」とは、何とも気が長い。同じ
年代の政知の死を待っているのです。
 一体全体、何の根拠があって相手の死を待つのでしょう。みずからは死なない、不死身で
あると思っていたのでしょうか。

  「死なば、そこまでの運命よ。」
 すべてがそんな決意で、国人のためを思う。その信念を貫き通す。その信念が、一貫した
我慢であり、忍耐に結び付いたのでしょうか。

 足利政知を殺した茶々丸討伐の際に、いつ?と聞かれて、
 「天地人を見て決めるのよ。」とは、早雲の言葉。一事が万事その調子です。
 そして、「茶々丸殿を討ち奉る。」の言葉とともに、激烈熾烈を極める戦国時代の幕が開けた。
とは、司馬遼太郎の言葉です。伊豆を得た早雲はまたも待ちます。

 その後、上杉定正の戦いに参戦。無念にも定正の不慮の死に、後退するが、甲州遠征には、
すでに小田原が視野に入る。戦国武将として、知略、武勇を蓄え
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 鈴木純一 VINE メンバー 投稿日 2008/9/25
形式: 文庫
北条早雲(伊勢新九郎)を描いた長編小説の下巻。いよいよ伊豆の乗っ取りが始まる。名ばかりの伊豆足利氏を海から攻めてひと月で平定したり、東相模へあっという間攻め込む素早さと共に、何年もかけて三浦氏をじわじわ攻め落とす気長さが相まって面白い。従来では考えられない安い税制のために農民からの支持が強いながらも、他国に攻め入るには常に税収が苦しいなど緊張感もある。京の名門伊勢家の傍流として前半生のほとんどを過ごした新九郎の経験が、後半生での思考と行動に現れているように思える。京都時代を延々と描いた上巻の長さにようやく納得。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 司馬さんは、「あとがき」の中で、「箱根の坂」という題名には、いろいろな意味をこめたと述べておられるが、いろんなものが詰まった「箱根の坂」だったと思う。北条早雲は、戦国を始めた。下剋上を始めた。戦国や下剋上の開始が「箱根の坂」を越えることだったと言える。

 

 それまでは、お家騒動の延長で、応仁の乱などの戦は、たくさんあったが、その守護の領内や主権が及ぶ範囲内での戦であった。違う領国の者が、他人の領国を奪うなどという発想は、ほぼなかった。

 しかし、早雲は、民のため、孟子が唱えるような徳治の政治を実現するために、あの坂を越えた。そのことは、結果として日本が戦国を始めることになった。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
北条早雲が、伊勢新九郎として京都で小官吏をしていた時代から、今川氏親を助けて駿東の地頭となり、
伊豆、小田原を占領して戦国期の北条家の基盤を作るまでを描いた一作です。

小説ですから、本書の優れた点というのはその面白さに尽きるわけですが、
それになお付け加えるなら、室町から戦国期へと時代が変わっていく時代背景を分析し、
書き込んだ見事さではないかと思います。

それが一番現れるのは、この下巻の小田原攻略戦ですね。
大森家の嫡子であるだけの理由で、毒にも薬にもならないような人物でありながら
西相模の指導者となった大森藤頼について、
早雲は自分の領内の経済基盤を安定化させるために西相模に侵攻することを決意するわけですが、
特に悪政というわけでもない藤頼の領土へ侵攻するにあたって、早雲はその正当性に逡巡を続けます。

この早雲の逡巡を描き切るところに、ほかの歴史小説にはない筆者の作品の魅力があるのではないかと思います。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー