通常配送無料 詳細
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新装版 箱根の坂(中) (講談社文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ■書き込みやマーカー等の線引きはございません。■ページやカバーは、中古のため多少のスレ、ヨレ、ヤケ、折れ、細かな傷があることがありますが、全体的に良好です。■商品によってはAmazonの商品画像と異なる場合があり、発行年月日や翻訳者が違う場合がございますので事前にご連絡をください。また、帯は付帯していない場合がございますのであらかじめご了承ください。■ご注文確定後48時間以内に発送いたします。■発送は原則ゆうメールとなります(配送方法はAmazonの規定に沿って発送いたします)。※【返金返品について】商品の状態は確認しておりますが、万が一見落とし、配送時のトラブル等の不都合がございましたらAmazonの規定に準じて誠意を持って対応させていただきますのでご連絡ください。なお、コンディション、配送並びに返金返品につきましては事前にAmazonのヘルプページをご確認ください。【特記】ゆうメール(日本郵便)は日祝配送休み、追跡番号はありませんのでご了承ください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

新装版 箱根の坂(中) (講談社文庫) 文庫 – 2004/6/15

5つ星のうち 4.2 17件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 745
¥ 745 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 新装版 箱根の坂(中) (講談社文庫)
  • +
  • 新装版 箱根の坂(下) (講談社文庫)
  • +
  • 新装版 箱根の坂(上) (講談社文庫)
総額: ¥2,246
ポイントの合計: 165pt (7%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon.co.jp限定】シン・ゴジラWalker完全形態
麻宮騎亜描きおろし特大A2ポスター付 >> 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

新装版 司馬遼太郎の名作

守護・今川義忠の死による混乱を鎮めるため、早雲は駿河に下り、嫡子・竜王丸を後見することとなる。室町幕府の力はなきに等しく、国人・地侍たちが力を持ち始めていた。この時代の大きな変化を鋭く先取りした早雲は、天性の知略で彼らの信望を得、政敵を退けていき、有名な北条の治世の土台を築いていく。

内容(「BOOK」データベースより)

守護・今川義忠の死による混乱を鎮めるため、早雲は駿河に下り、嫡子・竜王丸を後見することとなる。室町幕府の力はなきに等しく、国人・他侍たちが力を持ち始めていた。この時代の大きな変化を鋭く先取りした早雲は、天性の知略で彼らの信望を得、政敵を退けていき、有名な北条の治世の土台を築いていく。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 432ページ
  • 出版社: 講談社; 新装版 (2004/6/15)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062748029
  • ISBN-13: 978-4062748025
  • 発売日: 2004/6/15
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 17件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 164,142位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.2
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
 室町中期の雰囲気が見事に湛えられた傑作である。伊勢の津(安濃津)、伊勢神宮と伊勢御師、宋希景『老松堂日本行録』、連歌、守護と国人・地侍、蓮如と一向宗。此の巻も改めて考えさせられる事々が非常に多い。

 伊勢新九郎は早雲庵宗瑞を名乗り、今川龍王丸(後の氏親)を正統の守護職に据える事を決意して駿河に下る。応仁文明の大乱を経て、戦国乱世が幕を開けたとはいえ、此の時代はまだ、もう少し後の戦国時代とは異なり、守護等の支配者層が未だに大きな権威と畏怖を保つ貴種信仰の時代であり、彼等貴種自体は何程の能力も持たぬのに、その血統の価値故に厳然として世に存在し続けていた。その頂点が室町の公方であり(当世は十代義尚)、関東における古河、堀越の二人の公方である。

 著者は早雲の口を藉りて、下剋上の風潮を地滑りに例えて、中央から地方へ波及しつつあった新時代の波を考察している。此の時代、廉価な鉄農器の普及による、開墾技術の飛躍的な発達に伴う農業生産の増大は、農村の余力と蓄積に繋がり、平安末期に公家から実権を奪取した守護・地頭勢力を、今度は農民から勃興した国人・地侍勢力が彼等を駆逐して実権を奪取するに及ぶ。それらは防御力を有した「惣」と呼ばれる自治組織に成長し、先進地域の近畿から全国へ強烈な波紋を広げる。その象徴的な事例は、文明元年(1469)備中国新見庄の惣の独立で
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 上巻を読んでいる時も感じたことだが、本作は他の司馬作品とは少しちがった趣がある。
 それは、主人公・北条早雲が「民政」に重点を置いているという点。

 これまで読んだ司馬作品では、政治や軍事、人の心理などを読むことができた。
 特に、その集大成の一つともいえるのが『関ヶ原』だ。

 「関ヶ原の戦い」の起草点から終了までを描いたこの作品は、数多い作品の中でも指折りである。

 しかし本作はそういう点が中心であることは間違いはないが、その中に「民政」の思想が含まれている点が違う点である。

 例えば、家来である大道寺太郎に「家来たるものは鋤鍬(すきくわ)を離すな、百姓と同じ暮らしをせよ、よく晴れたひには野良に出よ、はげめ」といったり、主人である今川氏親に対して、「守護たるものは民のために存在する。それ以外はない」と教えたり、それに対して今川新五郎・小鹿孫五郎兄弟の民を下に見て、自分たちが特別な存在であると話しているシーンなど、本作が「民政」に重点を置いている点が多々ある。

 戦国武将で理想のリーダー像を語られることはよくあるけれど、北条早雲の名前が挙げられているのを聞いたことがない。
 自分もこれまでは名前くらいしか知らなかったので、挙げることもなかった
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 kojitan 投稿日 2008/3/6
形式: 文庫
いよいよ今川家の危機に、縁者の早雲(北条早雲)は乞われて、
甥の竜王丸の後ろ盾となるために、駿府へ下向する。著者は室
町の貴族社会から、国人や地べたの人間の地方の時代への過渡
期を、早雲という最高の素材でもって、表現しているように感
じた。

物語はこの巻において、竜王丸が今川家の当主になり、北条早
雲が関東へのにらみを利かせるところまで描いています。

早雲と心を通じていた太田道潅が忙殺され、上杉管領家の見苦
しい争いに立ち向かう早雲は颯々としていて、非常に小気味よ
く見える。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 鈴木純一 VINE メンバー 投稿日 2008/9/23
形式: 文庫
北条早雲(伊勢新九郎)を描いた長編小説の中巻。今川義忠の急死により跡継ぎ騒動がおきている駿河へ向かう早雲(伊勢新九郎)。新九郎の妹千萱と今川義忠の子である今川氏親を助け、政敵を弱体化し、国外の脅威と交渉で渡り合い、ようやく氏親を一国の主に押し上げることに成功。氏親と新九郎の関係はこの後も爽やか。興国寺城を得た後は、新しい租税制度と農地開墾を進め、関東を監視し、また結婚もするという展開。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
北条早雲に関する本を探し、本書を購入しました。
中巻は、田原郷へ行き荒木兵庫と山中小次郎を伴って、駿河へ旅立つ話から始まります。
津で準備を整えて仲間が7人となり、嫡子・竜王丸に替わって駿河守護の座を狙う今川範満と対面。
太田道灌との対談で竜王丸が成人するまで範満が後見することで合意し、竜王丸の家来となって興国寺城を預かります。
城を預かって9年が経ち、妻を娶って55歳で父になります。
太田道灌が謀殺され、竜王丸改め氏親と範満の対立が深刻化し、早雲は範満を討取ります。
情報収集のために上洛した早雲は、伊勢家の家督を継いだ貞宗と一向一揆に支配された加賀などの
時勢を語らっているシーンで終わります。
所々に諸情報を加え、さすが大御所と感じる構成ですが、フィクションですのでご注意を。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー