通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新装版 箱根の坂(中) (講談社文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 経年による使用感はありますが、特に大きな損傷や大きな汚れ等なく概ね良好です。全品検品をしておりますが見落としによる書き込み、汚れ等が数ページ程度ある場合がございます。付属品付の商品の場合別途記載がなければ付属品が付いていない場合がございますので詳細をお問い合わせください。コンディションガイドラインに明確に違反している場合には返金をいたします。御注文確定後、2営業日以内にゆうメールにて発送します。地域により予定配達日を数日経過する場合がございます。170422
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

新装版 箱根の坂(中) (講談社文庫) 文庫 – 2004/6/15

5つ星のうち 4.2 17件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 745
¥ 745 ¥ 49

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 新装版 箱根の坂(中) (講談社文庫)
  • +
  • 新装版 箱根の坂(下) (講談社文庫)
  • +
  • 新装版 箱根の坂(上) (講談社文庫)
総額: ¥2,246
ポイントの合計: 70pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



Amazonランキング大賞2017上半期 本
やせるおかずの柳澤英子さん、白石麻衣さん、にしのあきひろさん、諫山創さんからの受賞コメント付き 和書総合ランキングTOP20へ

商品の説明

内容紹介

新装版 司馬遼太郎の名作

守護・今川義忠の死による混乱を鎮めるため、早雲は駿河に下り、嫡子・竜王丸を後見することとなる。室町幕府の力はなきに等しく、国人・地侍たちが力を持ち始めていた。この時代の大きな変化を鋭く先取りした早雲は、天性の知略で彼らの信望を得、政敵を退けていき、有名な北条の治世の土台を築いていく。

内容(「BOOK」データベースより)

守護・今川義忠の死による混乱を鎮めるため、早雲は駿河に下り、嫡子・竜王丸を後見することとなる。室町幕府の力はなきに等しく、国人・他侍たちが力を持ち始めていた。この時代の大きな変化を鋭く先取りした早雲は、天性の知略で彼らの信望を得、政敵を退けていき、有名な北条の治世の土台を築いていく。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 432ページ
  • 出版社: 講談社; 新装版 (2004/6/15)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062748029
  • ISBN-13: 978-4062748025
  • 発売日: 2004/6/15
  • 梱包サイズ: 14.8 x 10.6 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 17件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 46,647位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.2
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 ひき 投稿日 2017/5/31
形式: 文庫 Amazonで購入
司馬遼太郎の作品にしては、あんまり有名なものじゃないけど、それでも、やはり面白い。
特に前半、応仁の乱の部分は、なぜあの戦が10年にもわたって続いたのか、わかるような気がしてきた。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 上巻を読んでいる時も感じたことだが、本作は他の司馬作品とは少しちがった趣がある。
 それは、主人公・北条早雲が「民政」に重点を置いているという点。

 これまで読んだ司馬作品では、政治や軍事、人の心理などを読むことができた。
 特に、その集大成の一つともいえるのが『関ヶ原』だ。

 「関ヶ原の戦い」の起草点から終了までを描いたこの作品は、数多い作品の中でも指折りである。

 しかし本作はそういう点が中心であることは間違いはないが、その中に「民政」の思想が含まれている点が違う点である。

 例えば、家来である大道寺太郎に「家来たるものは鋤鍬(すきくわ)を離すな、百姓と同じ暮らしをせよ、よく晴れたひには野良に出よ、はげめ」といったり、主人である今川氏親に対して、「守護たるものは民のために存在する。それ以外はない」と教えたり、それに対して今川新五郎・小鹿孫五郎兄弟の民を下に見て、自分たちが特別な存在であると話しているシーンなど、本作が「民政」に重点を置いている点が多々ある。

 戦国武将で理想のリーダー像を語られることはよくあるけれど、北条早雲の名前が挙げられているのを聞いたことがない。
 自分もこれまでは名前くらいしか知らなかったので、挙げることもなかった
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 青頭倶楽部 殿堂入りレビュアートップ100レビュアー 投稿日 2012/1/13
形式: 文庫
本作品は昭和57年6月から翌58年12月まで『読売新聞』に連載された。司馬の歴史
小説としては、最後期の作品になる。北条早雲の生涯は、特に前半生について良く
分かっていないことが多く、諸説が認められるようだが、本作では当時の研究を反映
させた"新説北条早雲"といった趣がある。ただあとがきで作者が付記しているように、
想像で補っている部分も多々あるし、史実を曲げない範囲で、独創的な解釈も試みて
いる。史実を追うだけでは小説にならないから、そこに歴史作家としての力量が問わ
れるのだろう。その点、本作はNHK大河ドラマの候補に挙げたいほどの面白さがある。

中巻からいよいよ早雲が駿河に下る。かの地で孤立する"妹"北川殿とその子、竜王
丸の危急を救わんがためである。従者をひとりも持たない早雲は、かねてよりの盟友・
田原郷の荒木兵庫と山中小次郎に駿河への下向の供を求める。のちに大道寺太郎、
更に伊勢で勇士三人が加わった計六人と早雲は、伊勢で神水を酌み交わし、同士の
誓いをする。三国志の桃園の誓いもさもありなん。いよいよ早雲の一代事業が始まる。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
司馬遼太郎の小説は「国盗り物語」から「坂の上の雲」までは面白いが、この頃の小説は作者が司馬遼太郎だとして読むと面白くもなんともない。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 室町中期の雰囲気が見事に湛えられた傑作である。伊勢の津(安濃津)、伊勢神宮と伊勢御師、宋希景『老松堂日本行録』、連歌、守護と国人・地侍、蓮如と一向宗。此の巻も改めて考えさせられる事々が非常に多い。

 伊勢新九郎は早雲庵宗瑞を名乗り、今川龍王丸(後の氏親)を正統の守護職に据える事を決意して駿河に下る。応仁文明の大乱を経て、戦国乱世が幕を開けたとはいえ、此の時代はまだ、もう少し後の戦国時代とは異なり、守護等の支配者層が未だに大きな権威と畏怖を保つ貴種信仰の時代であり、彼等貴種自体は何程の能力も持たぬのに、その血統の価値故に厳然として世に存在し続けていた。その頂点が室町の公方であり(当世は十代義尚)、関東における古河、堀越の二人の公方である。

 著者は早雲の口を藉りて、下剋上の風潮を地滑りに例えて、中央から地方へ波及しつつあった新時代の波を考察している。此の時代、廉価な鉄農器の普及による、開墾技術の飛躍的な発達に伴う農業生産の増大は、農村の余力と蓄積に繋がり、平安末期に公家から実権を奪取した守護・地頭勢力を、今度は農民から勃興した国人・地侍勢力が彼等を駆逐して実権を奪取するに及ぶ。それらは防御力を有した「惣」と呼ばれる自治組織に成長し、先進地域の近畿から全国へ強烈な波紋を広げる。その象徴的な事例は、文明元年(1469)備中国新見庄の惣の独立で
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー