通常配送無料 詳細
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新装版 箱根の坂(上) (講談社文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 エブリ堂
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品のため、使用・経年による劣化(折れ、ヤケ等)付属品なしなどがある場合がございます。カバーのデザインが、商品詳細ページの画像と異なる場合がございます。アマゾンの基準にて販売させていただいております。書き込み、しみ、やけなどがまれにあるものもございますので、その際はご了承くださいませ。■こちらの商品は、メール便(追跡機能がございません)で発送予定でございます。あらかじめご了承ください。ゆうメールやDM便にて配送させていただいておりますが、局留は配送トラブルをさけるため受け付けておりませんのでご了承ください。配送は土日祝日においては配送されないこともございますので到着が注文確定から商品到着まで最長3から7営業日を要する場合がございます。また値札ラベルがあるものの販売をしている商品もございますので、そちらについてはあらかじめご了承くださいませ。住所間違いによる返品、決済後既に配送した後のキャンセルにつきましては発送後の返金は送料はお客様負担となりますが、商品返却後商品代金のみの返金させていただきます。ご住所はお間違いのないようにご確認をよろしくお願いいたします。※配送業者によっては宛名が不明の際は到着が遅れたり、届かない場合がございますので十分にご注意くださいませ。48時間以内に発送をとらせていただいております。誠意のある対応を心がけておりますのでよろしくお願いいたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

新装版 箱根の坂(上) (講談社文庫) 文庫 – 2004/6/15

5つ星のうち 4.3 32件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 713
¥ 713 ¥ 9

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 新装版 箱根の坂(上) (講談社文庫)
  • +
  • 新装版 箱根の坂(下) (講談社文庫)
  • +
  • 新装版 箱根の坂(中) (講談社文庫)
総額: ¥2,246
ポイントの合計: 165pt (7%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



ニーア オートマタ 美術記録集 ≪廃墟都市調査報告書≫
ヨルハ部隊員達が旅する世界をアートとともにめぐるワールドガイド 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

新装版 司馬遼太郎の名作

応仁ノ乱で荒れる京都、室町幕府の官吏、伊勢氏一門の末席に、伊勢新九郎、後の北条早雲がいた。家伝の鞍作りに明け暮れる、毒にも薬にもならぬ人間で生涯をことなく送るのが望み、と考えていた。だが、妹分の美しい娘、千萱(ちがや)の出現が、彼の今までの生き方を激変させる契機となり覇者への道を歩み出した。

内容(「BOOK」データベースより)

応仁ノ乱で荒れる京都、室町幕府の官吏、伊勢氏一門の末席に、伊勢新九郎、後の北条早雲がいた。家伝の鞍作りに明け暮れる、毒にも薬にもならぬ人間で生涯をことなく送るのが望み、と考えていた。だが、妹分の美しい娘、千萱の出現が、彼の今までの生き方を激変させる契機となり覇者への道を歩み出した。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 416ページ
  • 出版社: 講談社; 新装版 (2004/6/15)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062748010
  • ISBN-13: 978-4062748018
  • 発売日: 2004/6/15
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 32件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 152,888位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
司馬夫人いわく「司馬さんはどんどん若くなっていった」。

司馬氏の長編のなかでも最末期の作品のひとつ(日本史を題材とした長編としては遺作か?)です。
坂本龍馬のような「若き現実家」を描いてきた氏の作品の中では異彩を放つ作品であるように思われます。
日本の将来について,ややペシミスティックになっていたと思われる氏の「祈り」のようなものがこめられているようにも感じられます。

ときは応仁の乱で荒れる京都。
室町将軍家も大名も,民の暮らしを顧みることなく,領民の「生き血を吸う管」を奪い合うかのように,苛烈な権力争いにうつつを抜かしていました。

「天下ハ破レバ破レヨ,世間滅ババ滅ビヨ,人ハトモアレ,我身サヘ富貴ナラバ…」(応仁記)

北条早雲こと伊勢新九郎は,若年のころ,こういった権力中枢の退廃を間近で見ていたが故に時代に幻滅し,青年時代を無為に過ごしていました。
そのため,「人生50年」の時代にもかかわらず,その歴史的な活躍は50代以降という桁外れな大器晩成の人物として描かれています。
(最近の研究では,もっと若かったという説が有力だそうですが…。)

40代になってから駿河今川家の家督相続問題に関与して地方の小領主となった早雲は,生産力
...続きを読む ›
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 『国盗り物語』の斎藤道三は、物語のはじめから天下取りを見定めて、そのうえで美濃を選んで、とにかく最初からエネルギーに満ち溢れていた。
 確かその第一巻で道三が伊勢新九朗について語っているシーンがあったので、同じようなタイプの人物かと思っていた。
 そう思いながら読み始めたのだが、予想と違い、静かな立ち上がりだった。

 最初からエネルギッシュだった道三と違い、新九朗に野心は全くなく、現代風にいえば「草食系」とでもいえるタイプ。
 読んでいると、「この人物が本当にあの後北条家の創業者なのか?」と疑ってしまうくらいだ。

 この「草食系」・伊勢新九朗がどのように変わり、どのように関東を制覇していくのか楽しみに続きを読みたい。

 
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 リオ トップ1000レビュアー 投稿日 2007/7/31
形式: 文庫 Amazonで購入
20歳代の北条早雲(伊勢勢新九郎)が,京都で足利家に仕えていたころから物語は始まり,
87歳で没するまでの60年間を,上中下の三巻で描いています。

40歳代に関東で名をあげる以前の早雲の前半生については,筆者の創作になっていることは,
あとがきで筆者自ら述べています。
従って,歴史の教科書の代わりになるような史実に対する忠実度はありませんが,
当時の時代背景がよくわかる内容です。現代の投影として過去を描くことなく,
当時の価値観,社会制度,言葉などを,丁寧に説明しています。

創作や伝承部分が多いとはいえ,北条早雲がリアルです。史実かどうかには関係なく,
早雲は,こういう人物だったんだろうと納得していまいます。
室町から戦国へ移行していく時期の,時代の息吹が感じられます。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
応仁の乱,真っ只中にある伊勢新九郎を描く.
駿河に登場するまで早雲の前半生は不明な点が多い.さすがに“伊勢の素浪人だった”という説は否定されているものの,京や備前にいた頃に何をしていたのかは定かではない.その分,小説家はさまざまなイメージを膨らませることができる.
まだ上・中・下巻のうちの上巻しか読了していないが,新九郎の人物像はしっかりと形成されている.この“司馬遼太郎先生版の新九郎”が今後どのような活躍をしてゆくのか,楽しみである.
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
北条早雲の数奇な運命とその実績や人柄について。早雲の前半生(新九郎)は不明な点が多いようだが、礼式の御三家の一つ伊勢家の出身らしい。(あとの2つは今川家と、小笠原家)しかし、早雲はその傍流で長男でもないために、鞍造り職人として細々と生きていた。同じく伊勢家の血を持つ娘に千萱がいた。伊勢家の便宜上の方針として千萱は新九朗の義理の妹ということになっていたが、この千萱が今川家に嫁いでいき(北川殿)そこで跡継ぎ息子としての親氏(龍王丸)を生む。父義忠が戦で早くに亡くなったときに龍王丸は幼少で、おじの範満との権力争いが発生する。新九郎はこのとき応仁の乱に巻き込まれて鞍造りをしながら乞食同然で放浪していたが、北川殿の招きに応じて龍王丸の後見役として今川領に入ることになり龍王丸を庇護することになる。やがては範満との戦いになり、これを滅ぼす。新九朗改め早雲は元々権力欲がなく、駿河の東の興国寺領で租税を軽くして善政をひいた。が、狭い領地での軽い租税では行政が破綻に近づき、やがて広い領地を求めて伊豆半島を征服し、さらに「箱根の坂」を超えて小田原、三浦半島を征服していく。この当時、名目なく他人の領土を征服するということはありえないことであって、早雲の行動が戦国時代の幕を開くことになった。
早雲は京都に足を運び各地の情報を入手することに心がけていた。加賀の一向一揆には特に注目し、足利幕府から派遣
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー