通常配送無料 詳細
残り9点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新装版 竜馬がゆく (8) (文春文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

新装版 竜馬がゆく (8) (文春文庫) 文庫 – 1998/10/9

5つ星のうち 4.9 59件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 702
¥ 702 ¥ 1
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 新装版 竜馬がゆく (8) (文春文庫)
  • +
  • 新装版 竜馬がゆく (7) (文春文庫)
  • +
  • 新装版 竜馬がゆく (6) (文春文庫)
総額: ¥2,106
ポイントの合計: 66pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

慶応三年十月十三日、京は二条城の大広間で、十五代将軍徳川慶喜は大政を奉還すると表明した。ここに幕府の三百年近い政権は幕を閉じた。しかし竜馬はそれを見とどけることはなかった……。歴史青春小説の金字塔、!

内容(「BOOK」データベースより)

慶応三年十月十三日、京は二条城の大広間で、十五代将軍徳川慶喜は大政を奉還すると表明した。ここに幕府の三百年近い政権は幕を閉じた。―時勢はこの後、坂を転げるように維新にたどりつく。しかし竜馬はそれを見とどけることもなく、歴史の扉を未来へ押しあけたまま、流星のように…。巻末に「あとがき集」を収む。


登録情報

  • 文庫: 441ページ
  • 出版社: 文藝春秋; 新装版 (1998/10/9)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4167105748
  • ISBN-13: 978-4167105747
  • 発売日: 1998/10/9
  • 梱包サイズ: 22.4 x 15.2 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.9 59件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 29,675位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.9
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
高知に旅行に行く前に読みました。
大河ドラマの方はコンスタントに見ることができないので
というのも理由の一つでしょう。
32歳になってはじめて読みました。

しまった、自分の生まれるずっと前からある名著ならば
もっと若い時に読んどけばよかったと感じるました。
筆者は、この幕末の世を坂本竜馬から見たダイジェスト版
(全3000ページを超えますが)を通して、
日本人の生き方・人生にたいする考え方を提示してくれています。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
竜馬の生き様、ただ感動。間違いなく維新一等の人物は彼であろう。もし暗殺されなければ日本は違う国になっていたかもしれない。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
 最終巻に来て司馬遼太郎の歴史観人物観は更に磨きがかかり、ありとあらゆる場面で現代社会に生きる私達に生きる言葉を語らせている。
 「財政の独立無くして思想の独立は無く行動の自由も無い」
 「しかない、というものはこの世にはない。一尺高いところからものを見れば道は常に幾通りもある」
 「相場買いの客は大切にせぃそれが時勢に勝つ道じゃ」
 「ひとつの概念を喋るとき、その内容か表現に独創性がなければ男子は沈黙しているべきだ」
 「男子はすべからく酒間で独り醒めている必要がある。しかし、同時に大勢と一緒に酔態をさらしているべきだ。」
 「仕事と言うのは全部をやってはいけない。八分まででいい。八分までが困難な道である。後の二分は誰でもできる。その二分は人にやらせて完成の功は譲ってしまえ」
 「われ死する時は命を天にかえし、高き官にのぼると思いさだめて死をおそるるなかれ」
等々肝に銘じておきたい名言に溢れている。

 全編を通じて竜馬が自らの手帳に書きなぐっていた語録が出てくるがその中で共通しているのが「自分を躾ける」という一貫した姿勢だ。
 どう考えてみても竜馬が恵まれていたとは思えない中、困難に立ち向かい超然とした姿勢の裏には素晴らしい自己規律があった。
 竜馬の魅力が溢
...続きを読む ›
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
ついに大政奉還が成功した。

竜馬の夢がかなった瞬間。しかし、世界を船で行き来するというもうひとつの夢はかなわなかったが。

「世界の海援隊でもやりましょうかな。」何気ない一言だが、

竜馬らしく、竜馬にしか言えない言葉だろう。

藩から飛び出し、藩というもの自体、なくしてしまおうと考えた竜馬。

士農工商をぶっ壊し、平等な日本人を目指した。

竜馬のまわりに影響を与えたすばらしい仲間がいたからだろうが、

サムライ文化の江戸時代にその先を見据えた斬新な考えはすごいと思う。

明治になり市民は平等になりつつあったのかもしれないが、

平成の今、竜馬のような存在が必要かもしれない。

今の日本をみたら、竜馬はどう思うだろうか。

また、幕末の時代のように立ち上がってくれるだろうか。

小説はここで終わったが、竜馬のことは後世に語り継がれていくだろう。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2002/3/1
形式: 文庫
竜馬がゆくはもう何度も読み返しているけれど、この8巻はいつも持ち歩いています。いつも読み返すところは、大政奉還成る場面、その後の西郷との場面、暗殺の場面だけれど、暇なときだけでなく、つらい時読み返すと勇気を与えてくれる。かなりぼろぼろになってきたけれど、これからもこの本は自分にとってかけがえのないものであり続けると思います。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 水戸在住主婦 投稿日 2001/9/28
形式: 文庫
日本人にとって「藩」が全てだった時代に、竜馬は初めて日本を国としてとらえ、世界を意識した。彼の経済を基とする世界観には本当に驚かされる。司馬遼太郎は「成功する人間の条件を、この本で描きたかった」という主旨の事をあとがきで書いているが、世界で成功することを夢見ている人間、全ての人に読んでもらいたい本である。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
・サノーさん一言コメント
「一大歴史小説も、いよいよ完結。大政奉還により300年の幕政は終わりを告げた。道連れは、竜馬の魂。余韻を残さず回収した伏線の集大成」
【サノーさんおすすめ度★★★★★】
・ウノーさん一言コメント
「あまりにも突然に描かれる、竜馬の死。最後の数ページに凝縮された死せるものの無念と、全編を通じて描かれる生かされたものの希望が、読後に津波のように押し寄せてきます」
【ウノーさんおすすめ度★★★★★】

・サノーさん、ウノーさん読書会
サノーさん(以下サ):終わったね。幕末から維新へ進んでいく流れを楽しく学ぶには、最高の小説だった。
ウノーさん(以下ウ): 読み返してみて、あらためてこの小説の面白さ、凄さを確認できましたね。
サ:うん。初見で読み込んだと思ったけど、結構忘れてるよな。この最終巻にある「あとがき集」なんて、すっかり忘れてた。覚えていれば、それを参考に書けたのに。
ウ:いえ、必要ないでしょう。ここまで楽しめれば、なんら惜しいことはありません。
サ:この巻にきて、明治政府の立役者が出そろうね。伊藤博文、岩倉具視、昔のお札の顔が台頭してきたのが、このころなんだよな。
ウ:司馬先生も別なとこで書いていますが、明治政府は「死なないよ
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー