通常配送無料 詳細
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新装版 竜馬がゆく (7) (文春文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

新装版 竜馬がゆく (7) (文春文庫) 文庫 – 1998/10/9

5つ星のうち 4.6 29件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 702
¥ 702 ¥ 1
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 新装版 竜馬がゆく (7) (文春文庫)
  • +
  • 新装版 竜馬がゆく (8) (文春文庫)
  • +
  • 新装版 竜馬がゆく (6) (文春文庫)
総額: ¥2,106
ポイントの合計: 66pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



Amazonランキング大賞2017上半期 本
やせるおかずの柳澤英子さん、白石麻衣さん、にしのあきひろさん、諫山創さんからの受賞コメント付き 和書総合ランキングTOP20へ

商品の説明

内容紹介

同盟した薩摩と長州は着々と討幕の態勢を整えてゆく。そして竜馬は、思い切った奇手を思いついた。それが大政奉還だった。内乱を避け、外国に侵食する暇をあたえず一挙に京に新政府を樹立する無血革命方式であった―司馬文学の金字塔、第7巻

内容(「BOOK」データベースより)

同盟した薩摩と長州は着々と討幕の態勢を整えてゆく。が、竜馬はこの薩長に土佐等を加えた軍事力を背景に、思い切った奇手を案出した。大政奉還―幕府のもつ政権をおだやかに朝廷に返させようというものである。これによって内乱を避け、外国に侵食する暇を与えず、京で一挙に新政府を樹立する―無血革命方式であった。


登録情報

  • 文庫: 426ページ
  • 出版社: 文藝春秋; 新装版 (1998/10/9)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 416710573X
  • ISBN-13: 978-4167105730
  • 発売日: 1998/10/9
  • 梱包サイズ: 15.2 x 10.8 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 29件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 13,248位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
この巻では大浦のお慶を初め、後藤象二郎、岩倉具視、乾退助、岩崎弥太郎など奇人変人にスポットが当てられている感じで興味深い。それでももちろん主役は海援隊の坂本竜馬だが、陸援隊の中岡慎太郎も竜馬に劣らぬ東奔西走の大活躍で、明治維新の立役者を数多く生んだ土佐藩の面目躍如。
 だが何と言っても本巻の白眉は、女帝と言っても良さそうな大浦のお慶と言う女商人の活躍。中国史に登場しそうな感じの「悪女ヒロイン」は日本史ではほとんどないと思うが、男好きで「女」を武器に大物の男を籠絡する彼女のエピソードは面白い。側近の陸奥陽之助はお慶の男妾になり、借金の担保にまでされてしまうが、竜馬はお慶と寝ることはなかったようで、やはり一枚上手と言うことか。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
竜馬の活躍振りは、途中、紀州藩との船舶事故調停があるくらいだったが、最後の最後で、大政奉還に向けた素案「船中八策」が出てきた。
この策は、土佐藩に迎合されるも、自藩を新政権にすることを夢見る薩摩藩・長州藩はどのうように捉えるのか、そして幕末維新はどういう方向に向かっていくのか、最終巻が楽しみである。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 小栗忠順はあくまでも佐幕。ゆえに勝海舟とは仲が悪い。小栗はフランスから金と軍艦を借りて、見返りに合弁の鉄工所を作り、北海道全土の貸与を考えていたらしい。そのあと、薩摩などの反抗的な諸侯を討ち、大名を廃し、郡県制を敷く。この小栗構想が漏れ、幕末に諸侯や志士が幕府を見限る一因となった。この構想は英国にとっても困る。英国は薩長支援に回り、このときに小栗構想が薩長に伝わったらしい。
 山内容堂は剛毅な後藤象二郎をかわいがる。後藤の役目は旧秩序を巧みに破壊しつつ藩の新体制を打ち出していくことにある。維新のどさくさのとき、後藤は独断で藩の江戸屋敷や汽船などはぜんぶ岩崎弥太郎に与えた。後藤が与えた財物のなかには竜馬の社中の財産も多く含まれている。岩崎はこれをもって無一文から身を起こし、竜馬の事業を継承し、三菱財閥の礎を築く。その代わり、後藤は土佐藩の負債も岩崎にしょいこませた。岩崎は事業の利潤で旧藩の負債をすぐに返済している。後藤は維新後に政界進出の欲があり、そのために岩崎を資金源にした。その後、後藤は事業をやろうとして大借金王になっている。後藤は武市半平太の処刑のときの検断者であるため、勤王党から憎まれている。
 竜馬は社中の出資者として薩長に加えて土佐を引き込みたい。そのためには後藤(家老)とも組むこともできる。後藤は竜馬に会い、あっさりと竜馬の討幕論に賛成する。当時の
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
・サノーさん一言コメント
「いよいよ、討幕へと事態は進む。それぞれの想い、それぞれの正義、それぞれの思惑が交錯する中で、竜馬は遺恨の虚しさを知り、これ以上の流血を阻止するための行動に出る」
【サノーさんおすすめ度★★★★★】
・ウノーさん一言コメント
「世界史でも類を見ない無血革命は、日本人の気質を雄弁に語っています。『船中八策』は徳川300年の治世に代わる、新しい道筋を照らしました」
【ウノーさんおすすめ度★★★★★】

・サノーさん、ウノーさん読書会
サノーさん(以下サ):さて、倒幕、いや討幕か。長州は今までさんざんやられてきたから、そりゃそうなるわな」
ウノーさん(以下ウ): 薩摩も、ここまで官僚が腐っていては、どうにもならんと幕府を見切りますね。
サ:うーん、幕府側もそんなに悪くないんだけどな。勝海舟はもちろんだけど、優秀な人材も多いし、皆が平和と安定を目指していた訳だし。
ウ:でも、もう「道理」ではないです。死と再生のプロセスは逆方向には流れません。人知の及びつかない次元で変革が起きれば、個々も組織もその流れのままに流されていきます。
サ:それでも、司馬竜馬はその流れの中で「もがく」と。これ以上、日本人の血が流れないために。その想いの深さが「道理」では考
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
本書第七巻は、円熟した坂本龍馬の力と可能性が開花した味はひの一冊にまとまってゐると強く感じました。龍馬は薩長同盟を締約させ、第二次朝幕戦争の海戦に参戦し、八面六臂の活躍にも拘らず、その後亀山社中は干え上がってしまひ、解散の危機に陥ります。そんな時に持ち上がって来たのが、宿敵とも言へる土佐藩との連携の話であります。同志であった土佐勤王党を弾圧し、惨殺した後藤象二郎が行き詰まった土佐藩を立て直すために龍馬に近づいて来たのであります。龍馬は社中の反対を抑へ、時代を切り開くために土佐藩との関係を修復し、亀山社中を海援隊と改組します。薩長の討幕勢力に土佐藩が連携する形が整ひます。併し、山内容堂公は旋毛(つむじ)を曲げて薩摩藩の動きに同調しません。そんな折に龍馬は長崎から京に上り、胸中の秘策-船中八策を考案し、大政奉還による時局収拾へと向かふのです。逸早い脱藩浪士としての活動が自由な新しい光をもたらさうとしてゐるのであります。維新史への深い陰翳を与へた龍馬の思想であります。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー