通常配送無料 詳細
残り8点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新装版 竜馬がゆく (3) (文春文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆カバーに若干の使用感がありますが、きれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

新装版 竜馬がゆく (3) (文春文庫) 文庫 – 1998/9/10

5つ星のうち 4.7 41件のカスタマーレビュー

その他(4)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本, 古書
"もう一度試してください。"
¥ 110
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 702
¥ 702 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 新装版 竜馬がゆく (3) (文春文庫)
  • +
  • 新装版 竜馬がゆく (2) (文春文庫)
  • +
  • 新装版 竜馬がゆく (4) (文春文庫)
総額: ¥2,106
ポイントの合計: 66pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

浪人となった竜馬は、幕府の要職にある勝海舟と運命的な出会いをする。勝との触れ合いによって、竜馬はどの勤王の志士ともちがう独自の道を歩き始める。生麦事件など攘夷論の高まる中で、竜馬は逆に日本は開国して、海外と交易しなければならないとひそかに考える。そのために「幕府を倒さねばならないのだ」とも――司馬文学の金字塔、シリーズ累計2500万部超の第3巻

内容(「BOOK」データベースより)

浪人となった竜馬は、幕府の要職にある勝海舟と運命的な出会いをする。勝との触れ合いによって、かれはどの勤王の志士ともちがう独自の道を歩き始めた。生麦事件など攘夷熱の高まる中で、竜馬は逆に日本は開国して、海外と交易しなければならない、とひそかに考える。そのためにこそ幕府を倒さなければならないのだ、とも。


登録情報

  • 文庫: 430ページ
  • 出版社: 文藝春秋; 新装版 (1998/9/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4167105691
  • ISBN-13: 978-4167105693
  • 発売日: 1998/9/10
  • 梱包サイズ: 15.2 x 10.6 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 41件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 97,810位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
 薩摩藩士の過激派らは、京都所司代を血祭りにあげ、島津久光を説いて京都を占領し、江戸幕府を討って一挙に朝廷に政権を戻そうと策動する。彼らが寺田屋に集まる。この動きを察知した長州藩過激派も先を越されてはならないと焦る。これが明治維新の6年前。正気で倒幕を夢想しているような大名はまだいない。島津久光に倒幕の意志はないし、山内容堂は強硬佐幕派。毛利敬親は明治になったとき、維新の功臣たちに、おれはいつ将軍になれるんだ、と訊いたという説もある。長州は殿様が凡庸だったから、家来どもに担がれて右往左往しているうちに明治維新にすべりこんだ。ともあれ、倒幕過激派らは島津久光の指示により討滅される。
 吉田東洋の暗殺後、土佐藩人事は武市の工作通りに進む。武市は身分が低いので要職についていないが、黒幕として内閣をあやつる。武市の運動により、武家伝奏中山大納言から、薩長とともに公武の周旋をするように、との「勅語」を受ける。これで土佐藩の重みが増し、薩長と土佐は並称されるようになった。
 竜馬は千葉道場を再訪。千葉重太郎はすっかり攘夷派になっている。重太郎は勝麟太郎(勝海舟)を斬るつもり。竜馬は重太郎に誘われて勝の襲撃に参加。しかし、きちんと屋敷を訪ねて斬ろうということになり、勝の屋敷で対座する。この初対面のとき、勝は竜馬を「ものになる」と感じたという。勝はこのとき二百七十隻の軍艦をつく
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
・サノーさん一言コメント
【サノーさんおすすめ度★★★★★】
「尊王攘夷へと傾く世間(京都軸)と、煮え切らない竜馬(江戸軸)の対比を丁寧な描写で描き、太平の眠りから覚めんとする江戸末期の市井が、鮮やかに蘇る」
・ウノーさん一言コメント
「人の心の集合体が時代であり、その時代、その時代の代弁者が現れるのは歴史の常です。史実が結果の集合体だったとしても、その背景にある大きな見えざる手があることを認識することが大切です」
【ウノーさんおすすめ度★★★★★】

・サノーさん、ウノーさん読書会
サノーさん(以下サ):勝海舟登場。前に住んでた墨田区は役所の敷地内に銅像があったから、前を通るたびに、この小説を思い出してた。
ウノーさん(以下ウ):司馬先生の勝描写は、みんなのお手本です。気風が良くて、シャイな江戸っ子気質は、この小説からじゃないですかね。
サ:いや、そうでもないけど。ただ、そのイメージを世間に広めたの点は、この小説の影響は大きいな。司馬先生の勝海舟分析は、竜馬とワンセットで間違いない。あと、この巻でちょっと目立つのは、千葉道場の若旦那か。この人物のことも、大好きだよね。
ウ:本当に。それは割と不思議なんですよね。竜馬の兄弟子としての影響、さな子の兄としての立場、江戸における
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
本書第三巻は、脱藩といふ龍馬にとって人生の新しい局面に苦闘し、成長発展を遂げて行く変革の時を描いた巻であります。脱藩実行にまで高まってゐた意識の高揚感も、頼るべき機縁が中々得られず無為とも言へる停滞期が一時訪れます。取るべきリスクを取った筈なのにといった焦燥感のやうな暖簾に腕押し状態が続きます。世にも満ちて来た尊王攘夷の氣が時代の中でやや空回りを始めたからです。薩摩藩では志士と藩主の父・島津久光の意向が分裂し、同士討ちの暴発になります。所謂(いはゆる)寺田屋事件です。この事件の直ぐ傍に龍馬はゐながら何にも関はれません。やがて、龍馬は活動の場を江戸に移し、桶町の千葉道場に住まひます。攘夷家にとって奸物に見えた勝海舟を討つつもりで勝の屋敷に乗り込みますが、逆に説得され、勝の弟子となり、回天の気を得ます。ここから、世相とは一味も二味も違ふ開明的な攘夷家が誕生して行くのです。龍馬は、水を得た魚の如く勝の下で鋭氣を養ひ、磨かれて行きます。神戸で海軍学校といふ商船学校的な組織をつくるべく奔走を始めます。時局周旋家の血が騒ぎ始め、愈々舞台が動いて行きます。坂本龍馬の面目躍如たるものがあります。かういった躍動準備篇の第三巻はとても楽しみあふれる巻であり、後世のイメージに合ふ坂本龍馬がつくられて行く時期なのであります。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
小学校卒業後に海外へ移住してしまった私には日本の硬い歴史小説を読むのは少し辛い気がいつもしていました。でもいつか司馬遼太郎の作品は読みたいと思っていた。そんな私が最初に選んだのは「竜馬がゆく」でした。なぜって竜馬のことはあまりにも有名すぎたし、幼い頃はアニメ「お~い!竜馬」なども見ていたので、わりと良く知っている人物が主人公の小説から始めてみうようと思ったわけです。
結果は大成功、面白くて面白くてだーーっと一息に読んでしまいました。 このレビューは初めて司馬遼太郎の本を読もうとする若い世代にむけて書いてるつもりですが、「竜馬がゆく」は竜馬が主人公ながら所々竜馬から話しがずれて他の武士の話がつけ足たされたりしています。 もしも最初にそういった箇所を読むのが辛かったらそういったページは抜いて読んでもいいと思います。後々に読み返した時にそういった箇所もだんだん読むようになりより深く楽しめるようになると思います。 本を読む忍耐も時間もない、歴史もあまりくわしくない、そんな私がどうやって最後まで読めたかっていうとそうやって読みました。
その後は一息をついて短編集にしぼりました。それも幕末の話や維新後の話にしぼりました。「あ~、そういえばこの登場人物は竜馬がゆくにでていたなー」とか「竜馬の死後にこうなったのかー」などと思い、自分で段々と作品と作品の間にある繋がりを意識するよ
...続きを読む ›
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー