通常配送無料 詳細
残り11点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新装版 竜馬がゆく (1) (文春文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 二次元本舗
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ■■■ご購入前に必ずお読み下さい■■■ ●中古品の為、軽度のスレ・ヨレなどがある場合がございますが、 使用感が少なく概ね良好なコンディションです ●土・日・祝日は郵便局がお休みの為、発送は行っておりません
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

新装版 竜馬がゆく (1) (文春文庫) 文庫 – 1998/9/10

5つ星のうち 4.7 180件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 702
¥ 650 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 新装版 竜馬がゆく (1) (文春文庫)
  • +
  • 新装版 竜馬がゆく (2) (文春文庫)
  • +
  • 新装版 竜馬がゆく (3) (文春文庫)
総額: ¥2,106
ポイントの合計: 66pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

幕末維新史上の奇蹟といわれる坂本竜馬。土佐の郷士の次男坊、しかも浪人の身でありながら、大動乱期に卓抜した仕事をなしえた。 竜馬の劇的な生涯を中心に、同じ時代をひたむきに生きた若者たちを描く、大歴史ロマン。全8巻。 たびたびドラマ化もされ、現在の竜馬像はこの本で形づくられたともいえる、累計2500万部の国民的ベストセラー。 (一)弱虫の末っ子だった竜馬が19歳で江戸へ。剣術修行に励むなか、2度目の来航を果たした黒船を目の当たりにし、その異様な大きさに仰天する。 (二)勤王・攘夷の勢力と、幕府の抗争が激化。武市半平太率いる土佐勤王党に属しながら、さらに大きな飛躍を求めて、竜馬は脱藩を決意する。 (三)浪人となった竜馬は、幕府の要職にある勝海舟と運命的な出会いをする。攘夷熱の高まるなか、開国して海外と交易しなければならないと、考えるようになる。 (四)勝の海軍構想実現に向け、資金調達に奔走する竜馬。長州の没落、薩摩の保守化、土佐の勤王政権も瓦解。そして竜馬は一隻の軍艦を手に入れる。

内容(「BOOK」データベースより)

「薩長連合、大政奉還、あれァ、ぜんぶ竜馬一人がやったことさ」と、勝海舟はいった。坂本竜馬は幕末維新史上の奇蹟といわれる。かれは土佐の郷士の次男坊にすぎず、しかも浪人の身でありながらこの大動乱期に卓抜した仕事をなしえた。竜馬の劇的な生涯を中心に、同じ時代をひたむきに生きた若者たちを描く長篇小説。


登録情報

  • 文庫: 446ページ
  • 出版社: 文藝春秋; 新装版 (1998/9/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4167105675
  • ISBN-13: 978-4167105679
  • 発売日: 1998/9/10
  • 梱包サイズ: 15.2 x 10.8 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 180件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 11,804位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
 坂本竜馬は、気弱な子どもだったが姉・乙女に鍛えられ、また、剣の才能があったため徐々に「格」がついてくる。坂本家は郷士だが、先祖が酒造業で成功したため家計は豊か。坂本という姓は、家祖・光春が坂本城に在城していたことにちなんだもので、坂本家の紋所は明智の桔梗である。
 19歳になった竜馬は、剣術修行のために江戸へ行き、千葉周作が開いた千葉道場に入門する。武市半平太は同郷人であり、侍としての格式では武市の方が上。そんな頃に黒船が来襲。竜馬もなんとなく攘夷派なのだが、このころはノンポリに近い。
 千葉道場の娘・さな子は、竜馬に惹かれていく。竜馬は何かとモテる。また、江戸で竜馬は桂小五郎(剣の達人)と友人になる。竜馬の所属する道場の主は千葉周作の弟の千葉貞吉。貞吉は、息子・重太郎も達人だが、竜馬はそれ以上の天才である、と見抜く。
 故郷・高知で地震があり、竜馬は慌てて帰省。被害はなかったが、黒船のことを聞きたくて人びと(特に若者)は竜馬の家に集まる。竜馬の人気は大変なものとなる。竜馬がのちに勤皇倒幕運動の大立者になった理由のひとつは、こういった若者たちに押し立てられたためでもある。姫である田鶴(美人)も竜馬を訪ねてくる。田鶴は賢く、軍艦と大砲をたくさん作るのがいいのだろうが、幕府は腰抜けだから、みんなで倒幕しちゃったら、と軽く話し、竜馬も田鶴の案には仰天する。
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
普段本を読むのが苦手なのに、、、
孫正義のバイブルであることを知りネット1巻だけ買ってみた。
すごく面白かったので続きを全巻そろえた。
全巻ウチにあったにもかかわらず 面白すぎて読むペースが速く電車でつづき読みたさに我慢できず
3巻と5巻はダブり承知で本屋さんに飛び込んで買っちゃったぐらいはまりました。
 若者によんでほしいですね。ホント力が湧いてきます。
この後読んだ 燃えよ剣 もおすすめです。

僕の買ったのはkindle版になってますが文庫版です。
直し方わかんないのでこのままですいませんm(__)m
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
30年以上前、5つ上の兄が興奮しながら読んでいたのを目の当たりにしていたので私も大学時代に読みました。確か誰かが「若者は皆竜馬になりたがる」と言ってましたが、その意味を実感しました。よばあたれ(寝小便垂れ)の馬鹿者が江戸に出て剣術で頭角を現し北辰一刀流免許皆伝の腕前、長じては藩という当時の国家を飛び出し敵味方の枠組みを越えて敵の大将と裸で付き合いながら自らの路を進む爽快さに憧れない男子はいないでしょう。何度読んでも心ゆさぶられるまさに青春のバイブルですね!
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 osm 投稿日 2016/12/27
形式: 文庫
坂の上の雲をそれほど面白いとは思わなかったので、司馬遼太郎はそれ以来読んでなかったが、これは文句なしに面白い。
男としての大志が湧き上がるような作品
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 cooper_way 投稿日 2017/5/4
形式: 文庫 Amazonで購入
こういう、歴史の事実をよく知っていないと、人生損をするのかも知れません。
著者がいる、上梓する、ということで、脚色もあるんじゃないのかな。

読んでませんが。。。

歴史に疎い、cooper-wayでした。
歴史に疎いcooep-driver.comでした。

拘りすぎですか?

敬具
sincerely yours coooer1600
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
・サノーさん一言コメント
「竜馬英雄伝説を生みだした傑作の初巻。剣術家としての竜馬を丹念に描き、少年期・青年期の出来事、維新へとつながる歴史の伏線を学べる必読の書」
【サノーさんおすすめ度★★★★★】

・ウノーさん一言コメント
「人間・竜馬の朴訥な青年像が丁寧に描かれていて、池波正太郎派も納得の初巻です。ただ、司馬先生ならではの考証自慢が気になる人はいると思います」
【ウノーさんおすすめ度★★★★☆】

・サノーさん、ウノーさん読書会
ウノーさん(以下ウ):あのーちょっとお聞きしたいですが、シリーズものって1巻ずつ紹介するつもりなんですか?
サノーさん(以下サ):そうだよ、だって、ほぼ日刊のつもりなんでしょ。とてもじゃないが長編シリーズを一回でやっちゃったら、身が持たないぜ。読んでくれる人がいなくも、ルールは守る、それがポリシーってもんよ。
ウ:まぁ、1巻ずつでもキツイ気もしますが。さておき『竜馬がゆく・1巻』ですね。コメントにも書きましたが、私は池波正太郎派ですから、やっぱり司馬先生の考証節が入ると物語から引き戻されちゃうんです。
サ:いや、それが魅力なんだよ。もともと新聞記者なんだから、取材なき創作なんてありえない。それが史実に誠実になり、正しい知識を後世に
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー