通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新装版 歳月(上) (講談社文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ■通常24時間以内に発送可能です。■万が一コンディションに不備があった場合は、返金対応致します。丁寧にクリーニング・梱包をして、迅速に発送いたします。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

新装版 歳月(上) (講談社文庫) 文庫 – 2005/2/15

5つ星のうち 4.7 19件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 771
¥ 771 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 新装版 歳月(上) (講談社文庫)
  • +
  • 新装版 歳月 (下) (講談社文庫)
  • +
  • 新装版 アームストロング砲 (講談社文庫)
総額: ¥2,260
ポイントの合計: 70pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

新装版 司馬遼太郎の名作

肥前佐賀藩の小吏の家に生まれた江藤新平。子供の頃から一種の狂気を持った人物だった。慶応3年、大政奉還を知るや「乱世こそ自分の待ちのぞんでいたときである」と、藩の国政への参画と自分の栄達をかけて、藩の外交を担い、京へのぼった。そして、卓抜な論理と事務能力で頭角を現していった。が……。

内容(「BOOK」データベースより)

肥前佐賀藩の小吏の家に生まれた江藤新平。子供の頃から一種の狂気を持った人物だった。慶応三年、大政奉還を知るや「乱世こそ自分の待ちのぞんでいたときである」と、藩の国政への参画と自分の栄達をかけて、藩の外交を担い、京へのぼった。そして、卓抜な論理と事務能力で頭角を現していった。が…。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 480ページ
  • 出版社: 講談社; 新装版 (2005/2/15)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062749963
  • ISBN-13: 978-4062749961
  • 発売日: 2005/2/15
  • 梱包サイズ: 14.8 x 10.6 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 19件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 79,035位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
江藤新平。肥前佐賀藩士、元司法卿。歴史上その名前は決して多くの人に知られていないものの、
彼の薩長に媚びることなく、一個の肥前佐賀人としての生き様には敬意を表さずにはいられない。

二重鎖国とも言える、肥前佐賀藩の下級武士として生まれ、藩内ではタブー視されていた勤王運動
に参加、脱藩、重禁錮。しかし、大政奉還から戊辰戦争へと時代は転換期を迎え、藩では江藤を
最後の切り札として登用。戊辰戦争で日和見をしていた佐賀藩軍を官軍サイドに踏み切らせることに成功し、
明治新政府では、参議・司法卿として腐敗した薩長藩閥政治に自らメスを入れる。

新政府内で第四勢力に甘んじていた佐賀藩を何とか薩長に並び立つ立場へと、司法卿として断固として
「法律」を駆使して薩長退治に挑むが、時代はまだそこまで成熟した国家を形成していなかった。
薩の大久保利通に江藤の野望は看破され、追い込まれた江藤は佐賀の乱を起こし、ついには
「梟首」という極刑を持って大久保によって葬られてしまう。
その結末には、江藤の慚愧に耐えない思いと大久保の怜悧なまでに薩長主導の新政府を守ろうとする、
相似通ったふたりの男の鬼気迫る思いが伝わってくる。

明治七年四月、江藤新平は生まれ故郷であ
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 世に西郷隆盛、大久保利通を評価する声は多く、よほどのことがない限り彼らの名を知らぬ人はあるまい。しかし、彼らとともに明治政府の足がかりを築いた「江藤新平」を評価する声はいかにも弱い。幕末維新史に関心を示す者ならいざ知らず、一般の人間に江藤の名を問うても、存じないか聞いたことがあるという程度の反応。佐賀の乱の首謀者だった人、と言ってもらえれば御の字といったありさまである。
 本書はその「江藤新平」を描いた小説である。
 司法権の独立を言い、人権定立を主張し、日本はよろしく法治国家たるべきであると説く。当時の太政官にこれほどまでにたくましい国家構想を持った政治家はなく、まさに「稀代の」と呼ぶにふさわしい人物であった。
 だが彼はその構想を完成させることなく、政敵大久保利通に破れ、乱に巻き込まれ、そして無惨にも刑死した。司馬氏はこの小説の中で江藤のそういう惨めな死を深く考察し、観察し、透明な視点で彼を描き上げている。「江藤新平」の人となりがありありと伝わって来、もちろん物語としても面白いが、歴史に興味を持って考えるきっかけにも充分なりうる名著である。
 非業の死を遂げた歴史上の人物は数あれど「あそこで死んでいなければ…」「あとこの点が彼に備わっていれば…」と強く思わせる人物は多くはない。読了後の感想は人それぞれと思うが、おそらく彼は、そうした期待
...続きを読む ›
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ネコ VINE メンバー 投稿日 2008/2/20
形式: 文庫
…ほとんどに云える事ですが、血沸き肉踊ります。

作品としてはレヴューの数が物語るように、地味なのかも知れません。
主人公がこの国の司法制度を築いた最初の官僚(…と云っても言い過ぎではないでしょう)の話ですから。

ですが、あなどるなかれ!
かつてはこの国の官僚もこれ程までに『男』であったか!と感動できます。
己の仕事に己の信念を貫き、それが己の地位保身の為ではないが故に斃れて行く。

これは史実を元にしたフィクション(小説)である、と判ってはいてもやはり感動します。
江藤の姿をこの小説で思い描いた後、現代の政治家や官僚を眺めると…なんともトホホとなります。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
明治維新の頃、極貧の武士に生まれながら、その激越なまでの正義感と上昇志向で、司法卿にまで上り詰め、その後佐賀の乱を率いたことを理由に、時の最高権力者大久保利通に実質惨殺された男、江藤新平。純粋すぎるのか、日本史上稀有の雄弁家で、理論的な明晰な頭脳を持った彼が、本当に「うかつ」なまでの軽率さで、政敵大久保の術中にはまって行く姿はある意味滑稽としかいいようがない。征韓論をぶち上げ、時の人気者西郷隆盛に政府打倒を説くが、西郷は起たない。維新の体制をなんとしてでも守ろうとする大久保を、当時の司法卿であった江藤は徹底して追及しようとしたことが、彼の運命を決めてしまったことは間違いなかろう。その意味、その純粋なまでの正義感は決して笑止と言うべきことではなかろうが、あまりにも自分の周りに対する感覚が鈍い男でもあった。薩長という時の権力者派閥にも入れなかった佐賀出身者の彼が、その両藩出身者を憎んでいたことが悲劇の始まりであろうが、やはりその正義感は明治の群像の一人であり、大久保よりは魅力的であったことも事実である。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー