中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 付属なし他良品。東京都中野区、西武新宿線の駅からスキップで1分のブックマート都立家政店より即時発送!店頭同時販売。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

新装版 夏子の酒(1) (講談社漫画文庫) 文庫 – 2004/6/11

5つ星のうち 4.8 14件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

日本酒ブームの先駆け大人気作品、再び! お日様みたいなお酒ーー。22歳の夏子の夢は、まぼろしの米・龍錦を育てて、日本一の吟醸酒を造ることだ。日本酒の知識も満載。単行本2冊分を激厚収録!

全国に日本酒ブームを巻き起こしたあの名作が、超ボリュームで再登場! お日様みたいなお酒ーー。そんな日本一の酒を造りだすことを目標としていた、兄・康男の言葉が夏子の心を占めてはなれない。だが今、夏子はコピーライターとして大きな仕事にかかわりだしたばかり。でも、断ちがたい酒への熱い想いは、あふれるばかりだ。そして、夏子は、さらなる夢をめざす!

著者について

尾瀬 あきら
1947年7月26日。京都府京都市出身。1971年デビュー。初期は松本めぐむというペンネームも使った。第31回(昭和60年度)小学館漫画賞受賞(『初恋スキャンダル』『とべ!人類2』)。1988年の春から『夏子の酒』(モーニング)の連載を開始、1991年に大好評のうちに連載を終えた。ほか、『ぼくの村の話』『奈津の蔵』『オンサイト!』など代表作多数。


登録情報

  • 文庫: 456ページ
  • 出版社: 講談社; 新装版 (2004/6/11)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4063607534
  • ISBN-13: 978-4063607536
  • 発売日: 2004/6/11
  • 商品パッケージの寸法: 14.4 x 10.8 x 2.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 14件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 327,800位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
もう随分昔に全巻夢中になって読んだのを覚えています。
くり返し何度も読み返したとても大好きな作品です。
日本酒は糖化とアルコール発酵を同時進行させる「平行複発酵」と
いう世界でも稀有な手法で醸され、その醸造工程を指揮する杜氏の
技を私に知らしめたのも本書でした。
それ以来皆さん同様日本酒にはまり、旅先では真っ先に地元の蔵や
酒を気にかけ、今では日本酒なしの生活など考えられない状態。
読めば必ず飲みたくなる、というか、本書自体が酒の肴になって
しまう恐ろしい漫画です(笑)。
酒への作者の思い入れ・気迫が、杯を手元に引き寄せてしまうのでせう。
救いは社会人になって結婚してから読んだこと。若いときにもし読んで
いたら、「おらぁ、蔵人になる!」と叫んでいる自分を容易に想像でき
てしまいます。飲み手に徹する事ができる至福をかみ締めています。
「ワインとかより日本酒が好き!」という女性へ、好みが移っていった
事はいうまでもありません。
コメント 31人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
幻の酒米といわれた龍錦。亡き兄の意思を継ぎ、素人だった(生来のテイスト能力は神掛り的だけど)酒蔵の娘が、手に入れたほんの一握りのその種籾から、様々な試練、協力者の獲得、夢を実現する熱意と執着により、最高の日本酒を作り出す物語です。かなり前に和久井映美主演でドラマ化されたこともあるので、タイトルくらいは記憶にある方も多いと思います。
私はドラマもこのコミックスも実はいままで未見でした。先日偶然この本を手に取り、まるで憑かれたように読みふけってしまいました。新潟に実在する久須美酒造の「亀の翁」というお酒がモデルになっているお話なのですが、そこの「清泉 一番搾り」(これ滅茶苦茶旨い酒)を毎年数本注文して飲んでたのにも関わらず、今の今まで読まなかったことを少し後悔。
有機農法、農薬散布、農家の現状、減反政策など日本の農業が抱える根本的な問題についても提起していますが、それよりも何よりも1つの「作品」を作り上げる「職人」としての杜氏を描いたことに感銘します。職人肌に憧れを持つ方は違和感なくこの物語に溶け込めますよ。私は料理をなりわいとしていますが、もっともっと真面目にやんなきゃな、と襟を正すような気分になりました。
ちなみにこの久須美酒造から現在「夏子物語」というお酒も発売されています。中身は残念ながら亀の翁ではなく清泉ですけど。美味しいですよ。
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
~離農や嫌農の進む田舎で、幻の酒米を復活させ、それを使った新酒をつくりだしたい若い女性と、その動きを今後の自分たち農業者の糧にしようとする同級生、その酒をもって地域の起爆剤とし、有機農業のむらおこしをしていきたいと考える農業関係者たちの2年間にわたる戦いの記録。何年も前にあのような価値観を打ち出し、世に問うた漫画家はすごい。
保守~~的な農業地帯では、行政や農協のやり方に従うしか生きる道がない。そして、行政や農協の意向は、決して農家や地域のためばかりではなく、時に利権、時に私情が絡み、一歩間違えば、地域もろとも真っ逆さまの薄氷の上にあることも、決してマンガのなかの話ではない。今でこそ、有機農法が高付加価値商品を生む農法として注目を集めているが、こういった苦労話~~は、決してそんな昔の話ではない。そのような現実の中、消費者の私たちにできることは、私たちの価値観をきちんと表明し、農家を選ぶ目を持ち、農家と顔の見える関係を保ち、さらには消費行動できちんと支援していくしかないのだろう。~
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
私は酒蔵で働いています 初めての造りが始まる前に本書を読みました そしていざ 仕込んでみると 漫画のよーにはいかないもんですね(当たり前ですが)それでも参考にできるところ 今でも吟醸Nを目標にしています ただ 今 働いている蔵はオートメーション化されていて働いてる人達も酒を造ってる意識はないかのようです(桃娘に近いですね)だから桃娘の社長が言ってる事は間違ってないと感じてしまいます。それでも年に一度の吟醸造りは オール手づくりで酒蔵にいられる喜びを唯一感じられる貴重なひとときです(正月も泊まり込みで大変ですけどね)
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 lexusboy トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2007/4/10
形式: 文庫
 日本酒といえば、おじさんが電車の中で、するめと一緒にワンカップを飲んでいるもの、しかもあまりおいしくないお酒(悪酔いするし)という印象が強く、積極的に飲もうと思ったことはついぞなかったが、本書を読んで、いかに日本酒が熟練した杜氏の苦労の上に作られているかを読み、杜氏の心のこもった芸術品だと思って、最後の一滴まで飲み干すことにしている。実際、いろいろ調べて飲んでみると、おいしい日本酒は結構あるものである(はずれもある)。本書が大きな転機となってか、日本酒もワイン同様雑誌で特集されたりしており、有名蔵は入手困難となっている。

 本書が提起しているように、よい日本酒は消費者が育てる。一消費者として、いい日本酒を見いだし、それを飲み続けることで酒蔵を間接的ではあるが、応援していきたいと思っている。

 なお、第1巻は、八方ふさがりで展望が拡がらず、歯がゆい想いをする巻である。どんどん先に読み進めることをお奨めする。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック