通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新装版 功名が辻 (1) (文春文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

新装版 功名が辻 (1) (文春文庫) 文庫 – 2005/2/10

5つ星のうち 4.3 53件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 648
¥ 648 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 新装版 功名が辻 (1) (文春文庫)
  • +
  • 新装版 功名が辻 (2) (文春文庫)
  • +
  • 新装版 功名が辻 (3) (文春文庫)
総額: ¥1,882
ポイントの合計: 58pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

戦国の動乱期。賢妻として名高い千代と夫婦手をとりあい、ついには土佐一国の大名になった山内一豊の痛快出世物語。新装版全4巻。 天下にむかってはなばなしく起ち上った織田信長の家中に、ぼろぼろ伊右衛門とよばれる、うだつの上らない武士がいた。 その彼に、賢くて美しい嫁がくるという……伊右衛門は妻千代の励ましを受けて、功名をめざして駈けてゆく。 戦国時代、夫婦が手をとりあってついには土佐一国の大名の地位をえた山内一豊の痛快物語。

内容(「BOOK」データベースより)

天下にむかってはなばなしく起ち上った織田信長の家中に、ぼろぼろ伊右衛門とよばれる、うだつの上らない武士がいた。その彼に、賢くて美しい嫁がくるという…伊右衛門は妻千代の励ましを受けて、功名をめざして駈けてゆく。戦国時代、夫婦が手をとりあってついには土佐一国の大名の地位をえた山内一豊の痛快物語。全四冊。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 313ページ
  • 出版社: 文藝春秋; 新装版 (2005/2/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4167663155
  • ISBN-13: 978-4167663155
  • 発売日: 2005/2/10
  • 商品パッケージの寸法: 15.2 x 10.6 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 53件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 113,004位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
久し振りに司馬遼太郎の小説を読んでゐます。山内一豊が妻の内助の功で大名になれた話を作品化した「功名が辻」です。戦前から有名な美談ですが、私は恥かしながらあまりよく話の詳細を知らなかったので、一度は読んで置きたいと思ったのです。本書は、四分冊になってゐて一冊が三百頁程度なのですが、とても読みやすくすらすらと読み進める事ができました。第一巻は、織田信長が清洲から岐阜に城移しを決めた永祿十年(一五六七)の山内一豊と千代の結婚の儀から始まり、天正九年(一五八一)の一豊が金十両の名馬を得て信長が京都で馬揃へ(観兵式)の挙行によって大いに名を上げた所までを扱ってゐます。読んでゐて色々な人名や人の動きが実に詳細に描かれてゐるのには正直驚きました。一豊が木下藤吉郎の与力(出向の武将)となって北国平定に武功があった事、姉川の戦ひの後に三年北近江でその後の攻略に時間を費やした事、そして、長浜に居を移して郎党を増やすに際して甲賀の忍びの者が特異な影響力を持ってゐる事等を知る事ができました。戦国時代の時代相、社会相を小説を通してて描き、理解させてくれるよき作品であり、これに続く三冊の内容に期待したく存じます。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
司馬遼太郎氏が嫌いなわけではないのだが、
個人的な好みとして時代小説にエロティックな
描写は欲しくないので、司馬先生の作品は
あまり読み進められない。
話の筋などはさすがとしか言いようがないため、
私の単なるこだわりにすぎないが。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
信長、秀吉、家康と三人の主君に仕え、50石の武士という境遇から、

24万石を抱える大名へと立身していく山内伊右衛門

(後の土佐藩主山内一豊)と妻千代の物語。

内助の功の妻千代が有名だが、

一豊は無能に近いが、人間的な魅力はあったらしい。

たった数人の部下を率いて戦国時代に参戦し、

様々な勢力を渡り歩き、一国一城の主になったというと、

一豊には三国志の劉備の面影を感じた。

妻千代が孔明並みに有能なら、

一豊も日本史の英雄ベスト3に成れたのに惜しい(w

千代の叱咤激励のテクニックは巧いと思ったが、

一豊にとって千代の最大の貢献は、

千代の臍繰り金である。

でもそれは千代が苦労して遣り繰りして貯めた金ではなくて、

親から渡された持参金である。

貴重な金をどこで投資するか?

人生に唯一つの勝負どころを間違えなかった千代は、

優れた戦略眼の持ち主であったが、

自分で稼いだ金ではないので、金の重みが少なく
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
戦国の大名、山内一豊(伊右衛門)とその妻千代の物語。
2006年のNHK大河ドラマ原作。
伊右衛門はそこそこ勇気と誠実さがあるものの、無能、不器量な人物として設定されており、賢い妻の千代がうまくおだてて乗せることで、彼はよく働いて功名を重ね、少しづつ出世していく。
妻によって伊右衛門は何とかひとかどの人物たりえるように描かれている。つまり、妻がいなくては伊右衛門はロクに仕事もできない、ということだ。男から見ると、多少不愉快な描写もあるかもしれないが、そこは司馬氏の軽妙な筆によって、嫌味なく、楽しく読むことができる。
伊右衛門は才知は無いが、誠実な人物に描かれている。誠実な人間がコツコツやる仕事はバカにできないものだ。世の中の「男」とは、勇猛果敢な荒くれ武者や、機略溢れる頭脳派の智将だけではない。誠実一本というのも、得がたい人徳であり、それだけで大人物なのだ、と思える。派手さは無いが、愛情溢れる、大人の歴史物語。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
2006年のNHK大河ドラマの原作だ。
山内一豊といえば、凡人と思っていたので、NHK大河ドラマでの扱いに違和感を持っていたら、原作ではきっちり凡人として描かれていた。

それは否定的な扱いでなく、凡人を肯定して描かれているのだ。
それは素晴らしいことで、元気が湧いてくることだと思う。

ぼくも凡人、世の中の大多数の人も凡人。
その凡人たちがどうすれば後悔しない人生を過ごせるのか、充実した人生を送全うできるのか、司馬遼太郎は山内一豊と千代を通して教えてくれる。

最後、土佐に入ったとき、山内一豊は一領具足と力で対決する。
それまでの人生観と異なる対応だし、生き方だ。
司馬遼太郎は何を伝えたかったのだろう? 気になる.そして考えさせられる。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー