Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 1,620

¥ 540の割引 (25%)

ポイント : 84pt (5%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[大前 研一]の[新装版] 企業参謀 戦略的思考とは何か
Kindle App Ad

[新装版] 企業参謀 戦略的思考とは何か Kindle版

5つ星のうち 4.4 42件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 1,620
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,160 ¥ 919

紙の本の長さ: 406ページ [新装版] 企業参謀 戦略的思考とは何かと類似の本

商品の説明

メディア掲載レビューほか

オピニオンリーダーとして常に最先端で活躍を続ける大前研一氏が,最善解を導き出す戦略的思考法を公開
1975年と77年に刊行され著者の出世作となった『正・続企業参謀』の新装版。手本と解答がない時代,成功のプロセスを自ら考えなくてはならない。そのための入門書としての位置づけだ。

変革しなければならないのは個人であり企業だが,個人や企業が変わるには「こうすれば変わるのだ」という「気概」が必要になる。そのうえで著者は,戦略的計画の核心として(1)目的地に達した場合,守り抜けるものでなくてはならない(2)己の強さと弱さを常に知り抜いていなければならない(3)リスクをあえてとる局面がなくてはならない(4)戦略に魂を吹き込むのは人であり,マネジメントのスタイルである,とポイントを挙げている。さらに,経営者が備えるべき先見性の必要条件として事業領域の規定と明確なストーリーの作成だけでは不十分で,自らの経営資源の配分にムダがなく,また原則に忠実で,かつ世の中の変化に対しては原則の変更をも遅滞なくやっていくという十分条件が備わっていなければならないとする。 (ブックレビュー社)
(Copyright©2000 ブックレビュー社.All rights reserved.)
-- ブックレビュー社

内容紹介

今こそ戦略的思考が必要だ! ここに大前研一の原点がある!

累計50万部のロングセラー『正・続企業参謀』を1冊にまとめ、プレジデント誌に掲載された「先見術」を加えた新装版。
経営にもビジネスにも手本と解答がない今、成功を導き出すプロセスは自ら考えだす必要に迫られている。そのための最善解を導き出す「戦略的思考」はビジネスパーソンが身につけておかねばならない必須要件である。常に時代をリードしてきたオピニオンリーダー・大前研一の発想法、思考法の原点がつまった戦略的頭脳養成バイブルが、この『[新装版]企業参謀』である。
大前研一の戦略的思考の理解を深めるため、『企業参謀ノート[入門編] 』を読み終えたかたに特に手にとってほしい1冊。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 30928 KB
  • 出版社: プレジデント社 (1999/11/9)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00BANJ84A
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 42件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 3,007位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
1970年代に書かれた本とは思えない。内容が陳腐化していない。著者が30歳前後で書き上げたというのもまた驚きである。
理論的であると同時に、実践的というか現実から遊離していないところがいいです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
時代を感じますが、非常に参考になります。
基本とするべき事は今でも変わらない事を痛感します。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
経営に携わる者にとって、最高の一冊です。

ものの考え方を論理的思考で進めて問題の本質に迫るもので

最高です
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
日本人には特にわかりやすく、マイケル・ポーターのような学術書と違って、実践的で役立ちます。
本書は2部構成で、第1部が「企業参謀」、第2部が「続企業参謀」を新装版にしたもの。特に第1部は素晴らしい。
例えば「中期経営計画」は「中期経営戦略」であるべきといいます。
収支の目標値を設定し、コスト削減と売上増という既存の施策の延長でできることの先が「戦略的ギャップ」であり、これを埋めるための戦略的代替案を考えて実行する。当然といえば当然ですが、これができない。戦略的思考を妨げるものへの5戒も興味深い。
・ifを恐れず考えぬく。もし状況がこうなったら、どのように考えたらよいか? プログラミングのifルーチンの思考過程。
・完全主義より相手よりも一枚上を目指す
・常にKFSが何かを考え忘れない、全面戦争はせずKFSに対する限定戦争には徹底的に挑む
・制約条件は制約ではなく打開できることが少なくない
・日本人は記憶力はいいが、分析力と概念を作り出す力が弱いので頑張れ
これを32歳で書いたというのだから、ものすごい勉強家で洞察力もあり表現力も高い。
日本人の経営者なら絶対に読むべき本の一つに挙げられるでしょう。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 1975年の本を1999年に改訂したもの。大前さんの実質的な処女作である。
 曰く・・・
 一見混然一体となっていたり、常識というパッケージに包まれてしまっていたりする事象を分析し、ものの本質に基づいてバラバラにした上でそれぞれの持つ意味合いを自分にとってもっとも有利となるように組み立てた上で攻勢に転じるやり方、それが「戦略的」と考える思考の根底にある。
 当該企業が新鋭企業に対して劣っている点を集め、グルーピングし、グループとして見た場合に共通していえる問題点とは何か、を考える。この抽象化プロセスを経ることにより、この企業の直面する真の問題が取りこぼしなく摘出される。抽象化プロセスを踏まない業務改善計画は解決策と問題点が短絡してしまう。現象として現われている問題点が何に帰属する問題であるのか、何に深く関わりあいがあるのか、という理解なしには真の解決策は得がたい。
 トップは中期計画の立案と遂行に意識を集中し、日常業務のことはできるだけラインマネージャーに権限委譲する。遠い将来のことは上から下まで全員で夏期休暇中にでも考える。
 就業人口分布による産業スペクトラムの場合、「第一次産業、第二次産業、第三次産業」という伝統的分類だけでなく、知的集約度(創造的管理、創造作業、知的伝達作業・・・単純作業、繰返重労働)、熟練に要するまでの期
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
~同書は今回で3度目の読書になるが、3度目にして漸くこの本が手放せなくなった。著者はこの本を30代の前半で書いたと言っているが驚きである。私のような凡人と比較すること自体がそもそも間違っているのであろうが、この本が伝えようとしているメッセージは、一般の人が30年で経験した以上のものがあると感じる。この本がなによりすばらしいのは、世にある経営~~理論と言われるものを、著者自身の着眼点から著者自身の言葉で伝えようとしているからだろう。企業経営という枠組みから飛び出し、旅行や散髪といった日常的な問題意識から出発し、一般的に陥りやすい誤った思考プロセスを様々な視点から検証し、考え方の正しい筋道を解き明かしてくれる。確かに読み進むにつれて難易度は高くなり、読みこなすにはある程度の~~知識とセンスが必要である。しかし、なぜ、働いても給与があがらないのか、なぜ、上司は無茶なことばかりいうのか、なぜ、無駄だと分かっていて得意先に出向くのか?我々はこうした日常の問題意識を「所詮サラリーマンだから」という言葉でごまかしていないだろうか。この本は、まさにこのような日常的な問題意識に対する回答を我々にだしているのだ。我々は~~ニンジンを追いかける馬ではない。「考える個人」である。この本の読書のコツは、ここに書かれている内容がどれだけ自分の「身近な問題意識」とオーバラップできるかにあると思う。3度目の読書が...続きを読む ›
コメント 107人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover