中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 表紙に軽度のいたみと使用感がありますが、中のページは書き込みや折れなどなく良好な状態です。十分な検品をしてから出荷をしていますが、まれにチェック漏れによる書込や欠品がある場合がございます。その際はご連絡頂ければ返金などの対応を致しますので、ご連絡をください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

新装版 人間の証明 (角川文庫) 文庫 – 2004/5/15

5つ星のうち 4.5 58件のカスタマーレビュー

その他(8)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,000
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1
文庫, 2004/5/15
¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

「母さん、僕のあの帽子ーー」映画化、ドラマ化された森村誠一のミステリ代表

「母さん、僕のあの帽子、どうしたでせうね?」西条八十の詩集を残して、ニューヨークから来た男が、ホテルのエレベーターでナイフを胸に死んだ。複数の事件が絡み合う中、日米の捜査であがってきた容疑者は?


内容(「BOOK」データベースより)

「母さん、僕のあの帽子、どうしたでせうね?」西条八十の詩集をタクシーに忘れた黒人が、ナイフで刺され、ホテルの最上階に向かうエレベーターの中で死亡した。棟居刑事は被害者の過去を追って、霧積温泉から富山県へと向かい、ニューヨークでは被害者の父の過去をつきとめる。日米共同の捜査の中であがった意外な容疑者とは…!?映画化、ドラマ化され、大反響を呼んだ、森村誠一の代表作。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 509ページ
  • 出版社: 角川書店; 新装版 (2004/5/15)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4041753600
  • ISBN-13: 978-4041753606
  • 発売日: 2004/5/15
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 58件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 123,908位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
何も言うことのない名作です。この文庫本の新装版では、横溝正史が解説を書かれており、それだけでも買う価値があるというもの。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
なんか微妙だった。他のレビューにあるような心情には全く理解が持てなかった。ミステリーとしてはとても面白いです。群像劇で主人公が何人もいて、話がサクサク展開します。調べると1976年の作品らしいです。もしこれから読む方がいたら、これは昭和の作品って意識を持った方がいいです。星4つ。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Kindleユーザー 投稿日 2014/11/12
形式: Kindle版 Amazonで購入
母親の子供に対する情愛を描いた作品。おもろいんだがちょっと時代背景が古すぎたかな( ノД`)…今度は森村誠一の最近の作品を読んで判断したいと思います( ̄▽ ̄;)
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
わくわくどきどきという感じの話ではありません。でも、貪るように一気読みしました。泣いちゃうシーンもあると思います。人間を深く描いた推理小説です。

There are people in all walks of life. これはよい現実ではないかもしれないが現実であり、その現実から生まれたのがこの小説です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
設定に無理がある。
日本で黒人が死んだ、しかも本国アメリカには身寄りがなく、当然ながらアメリカからも断固犯人を逮捕せよ、との要請もない。
一体こんな事件を日本の警察があそこまでムキになってやるものかと。
早々に捜査本部解散、お宮入りになるのが関の山。
アメリカがどうでもいいと思っているアメリカ人を殺した犯人なんかそれこそ日本にしたらもっとどうでもいい。
日本の警察は別に博愛精神に溢れた正義の組織ってわけじゃない。
ケン・シュフタンが日本からの要請が途絶えたのに個人的に捜査を始めるのもおかしい。散々ニューヨークの犯罪率やら開陳しておいて、そんな環境でジョニー・ヘイワードのことなんか調べる気になるかっての。あれは日本人の発想であってアメリカ人の発想ではない。
………て思ってたら、シュフタンには一応の動機があったんだね。最後にわかるけど。
にしても、全編にわたって都合よく話が進む。あと何故か男女の関係についてのしつこい描写がある。これは「人間の証明partⅡ」でも出てきたんで、作者の癖なんだろう。ワンパターンと言うべきか。
やっぱりこの人(森村)の小説って…
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 過去の作品がテレビドラマ化されることで話題となり原作本を知るという図式で面白い本に何冊か最近出会っている。本書もそうして読む機会を得た。
 時は昭和50年代か、黒人の青年が東京で死体となって発見される。異国での死。殺人事件を捜査する棟居刑事を突き動かすものは彼の過去の体験が基となっているようだ。
 東京、ニューヨークと小説の中に時々、挿入される大都会の風情は社会的に冷徹に客観的な様子で描かれていてどきりとする。今はそれが加速されてしまったのか、どうか。
 殺人事件は棟居刑事が気が付かない場所でその後も起こる。時代の申し子のような裕福な家庭の子息、社会的名声がある人物たち、不倫をしている人なども登場する。
 ラストはせつなく、犯罪者が悪人かというと言い切れない。犯罪者が生まれる社会の構造、人間の業(ごう)を想った。また何より小説冒頭で殺された黒人青年ジョニーの足跡をたどるラストの棟居刑事の語り、彼の少年時代のどうにもならない怒り、その鉾先のくだりはせつなさ、苦しさが胸に沸き立つ感があった。
 過去にも映画やドラマとなったそうだがそれはよく知らなかった。今回、めぐり合えてよかった1冊だ。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
非常にネームバリューの高い本作品。何度も映像化されているとの事も有り、手に取った。

作品としては非常に秀逸だと思いました。
ハーフの黒人青年、世間に怨みを抱く刑事、ボンボンの青年とその彼女、
高名な評論家である女性、NY市警の刑事、スラム街の老人、美しく妖艶な人妻、
その妻の浮気を疑う旦那、浮気相手である大企業のエリート重役、
山里にて静かに暮らす老婆
と、主要人物だけを挙げても一癖も二癖もありそうなバックグラウンドを持つ
彼らが織りなす複雑な人間関係、犯罪、策略、そこに生じる思慕と憎悪の情、
これらを全て綺麗に物語として纏め上げ紡いだ作者の手腕は見事と言うしか無いです。

そして最後の方で明かされる、一見関わりが無いと思われた人物達も実は深い因縁で
繋がっていたというオチは、読了後(少々ご都合主義と感じたが)エンタテインメント作品
としてスカッと満足感の得られる感想を持てました。

但し、圧倒的な迫力というか、ワクワク感が無かったので3点ですかね。。

凄い良い作品だと思うのですが、当初は「圧倒的スケールで送る時空と国境を超えた衝撃の人間ドラマ!」
的なコピーに象徴される作品だと思っていたので、(事実
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー