中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

新装版 ススキノ・ハーフボイルド (双葉文庫) 文庫 – 2011/11/2

5つ星のうち 3.4 5件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫, 2011/11/2
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

タフでもなければクールでもない。しかし、そうなろうとあがいている少年の物語。北の歓楽街、ススキノを舞台に、高校生探偵・松井省吾が奔る!

内容(「BOOK」データベースより)

俺は松井省吾。高校3年の受験生だ。夜のススキノで働く素敵な恋人もいるし、客引きのアキラさんなど友人も増え、最近ようやくススキノが“自分の街”になってきたところだ。―夏休みに入ったばかりのある日、クラスメイトの勝呂麗奈が覚醒剤使用で警察に捕まった。暴力団の組長である男と一緒だったらしい。なんとか助けだそうと騒ぐクラスのお節介女子たちの活動に、俺はむりやり巻き込まれ…。青春ユーモア・ハードボイルドの傑作、待望の新装版。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 412ページ
  • 出版社: 双葉社; 新装版 (2011/11/2)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4575514705
  • ISBN-13: 978-4575514704
  • 発売日: 2011/11/2
  • 商品パッケージの寸法: 15.2 x 10.8 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.4 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 236,089位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

本書は《ススキノ探偵》シリーズ『駆けてきた少女』の結末を補完するための作品と言ってよいでしょう。『駆けてきた少女』の終盤、結末までの経緯をやたら端折って書かれています。あとがきに本書にそれが書いてあると載っていたため手に取りました。作者は主人公の松井省吾をわざと、他人を軽蔑する知ったかぶりの薄っぺらな嫌なやつに描いているように思いました。たとえ未熟であっても主人公を魅力的に描くことは難しいことではありません。

このころ作者は他の出版社の作品に自分の人気シリーズの人物を登場させています。そこに目を付けた編集者から自社の作品に「人気シリーズにリンクさせて一本お願いします」と依頼を受けて、あまり気が進まないまま書いたのではと邪推してしまいました。そのため主人公が薄っぺらなガキンチョで、活躍するのは《ススキノ探偵》という図式が出来合上がったのではないでしょうか。

読み手としては、『駆けてきた少女』が補完され、ススキノ・パラレルワールドに触れられたのでそれなりに満足なのですが、本シリーズの次作を読むかというと?ですかね。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 teeakira VINE メンバー 投稿日 2012/1/21
ススキノ探偵シリーズの亜流というか、
近くて、別の作品。

『駆けてきた少女』と『熾火』とかかわりのある一冊。

ものすごくフィクションですが、
壮大な北海道の闇の世界が、
なんとなく、本当っぽく思えてくる。
結構、現実の事件をモデルに書いているところも多く、
そういう意味で、
興味深い部分がありました。

主人公はススキノ通いを続けている高校生の少年。
夜の店で働く彼女と半同棲している受験生。
犯罪に巻き込まれた同級生のことから、
徐々に彼も巻き込まれていく。

といっても、
この小説は探偵でもなければ、
推理小説でもない。
タイトル通り、
関わり方から結末まで、
全部中途半端。
それが狙いかもしれないが、
全体通して、
煮え切らない感じは、いまいち、でした。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2012/10/4
2003年発表の本作品は、ススキノ探偵シリーズの長編第6作目「駆けてきた少女」と表裏一体を成す作品、とのこと。
また、未読ですが、畝原シリーズの「熾火」ともリンクしているため、3作併せて、1つの作品ともみなせるらしい。
私は今回このうち、2作品目を読み終えました。

「ハーフボイルド」という題名が象徴するように、主人公松井省吾は、進学校とされる高校の三年生で、受験生でありながら、ススキノで働く10歳年上の女性と付き合い、しばしば彼女の部屋を訪れるとともに、彼女からお金を借りて、夜のススキノにも出没するというツワモノ。
こんな高校生いるわけない、と拒否反応を起こすかどうかが、本作品の評価の分かれ目ともいえそう。

私のように、ススキノでオジサン化して活躍中の、ススキノ探偵シリーズを読み続けてきた者にとっては、「高校生」の視点というのも、それなりに楽しむことはできました。
ススキノ探偵シリーズの<俺>を始め、常連たちがどんなふうに高校生の目に映るのか、興味深いところでしたし、実在する大学名の入った、英語の問題集を解くシーンなどは、受験を「技術」という、一種のハード・ボイルドな視線で見つめているところが楽しめました。

で、お話の方ですが、やはり「駆けてきた少女」と同様、あのおぞましい「シ
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
「俺」「畝原」ファンは買って損なしですが、、本書のスペック的には☆3つですかね。。。
やはり、主人公にハマれなかったのが、難点です。著者としては、わざと魅力を半減(ハーフ)したのかもしれなせんが、、、
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
読み終えて、続編が読みたいと思いました。もちろん、即購入しました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック