通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新装版 ウッディケーン・上 (KCデラックス) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 帯は付いていませんが、表紙、ページともに問題ありません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

新装版 ウッディケーン・上 (KCデラックス) コミックス – 2016/10/21

5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
コミックス, 2016/10/21
"もう一度試してください。"
¥ 1,188
¥ 1,188 ¥ 503
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 新装版 ウッディケーン・上 (KCデラックス)
  • +
  • 新装版 ウッディケーン・下 (KCデラックス)
  • +
  • 宇宙のガズゥ (KCデラックス)
総額: ¥3,132
ポイントの合計: 95pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



レビュー100件以上ストア開設!
レビュー件数が100件以上で、★★★★以上の自己啓発・英語・レシピ本などが探せます。 >> 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

落ちてきた巨木の影響で、頭や手足がまるで樹木が伸びるかのように変幻自在に動き木目調の体になってしまった"大森ケン太"。そんなケン太の体に入った謎の物体を狙う「ハゲタカ組」らから、自分を、そして慕ってくれる子どもたちを守るため、ヒーローとなってケン太は戦う!『サイボーグクロちゃん』の横内なおきによる『コミックボンボン』の連載作が上・下巻の新装版で再登場!!上巻は「ボンボンKC版」1巻1話から2巻3話までに加え、描き下ろしおまけ漫画「ウッディケーンVS.サイボーグクロちゃん(前編)」を収録。

体が樹木が伸びるかのように動き木目調になってしまった大森ケン太。そんなケン太の体に入った謎の物体を狙う組織から、自分や子どもらを守るためヒーローとなってケン太は戦う!『サイボーグクロちゃん』の横内なおきによる『コミックボンボン』の連載作が上・下巻の新装版で再登場!上巻は「ボンボンKC版」1巻1話から2巻3話までに加え、描き下ろしおまけ漫画「ウッディケーンVS.サイボーグクロちゃん(前編)」を収録。


登録情報

  • コミック: 336ページ
  • 出版社: 講談社; 新装版 (2016/10/21)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4063930602
  • ISBN-13: 978-4063930603
  • 発売日: 2016/10/21
  • 商品パッケージの寸法: 18.2 x 13 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
1
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

横内なおきの漫画に出てくる暴力描写はナゼか知らないがとても痛い。
暴力描写と言ってもふるう側の描写ではなくふるまわれる側の描写。
殴られた側は地面をなめるように吹っ飛び、その後で鼻の辺りにチョコンと鼻血を出す。
この鼻血がなんだかとても痛そうに見えるのだ。
キャラクターのデザインはとても記号的なのに妙なリアリティがある。(この巻だとタエ子が豊田さんに殴られる辺りとかかな)
バイオレンスさを前面に押し出すコンテンツというのは漫画でもアニメでもここ10年でかなり増えたような気がするが、この漫画より痛そうだなと思った物には今でも出会えていない。
血をドバドバだすとか首が吹っ飛ぶとかが「痛み」ではないということがこの作者は分かってるんだと思う。

そういう風に痛そうな暴力が描ける漫画で、ストーリーやキャラクターにもその影響が出ているのだけど読んでても陰惨な感じは受けない。
それを上回る分の圧倒的なユーモアの感覚が満ち溢れているためだ。
子供の頃はあるのが当たり前のように読んでいたが、今読むとその優れたバランス感覚に唸らされる。
ボンボンには癖の強い作家が多かったがその中でも熊倉裕一とあずま勇輝と横内なおきは、独自の価値観や視点を誰でも楽しめるように描くという点で突出した才能の持ち主
...続きを読む ›
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告