この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

新装版 なぜ選ぶたびに後悔するのか オプション過剰時代の賢い選択術 単行本(ソフトカバー) – 2012/10/25

5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー), 2012/10/25
"もう一度試してください。"
¥ 3,021
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容紹介

「あっちにしとけばよかった……」
選んでも選んでも迷い、後悔しているあなたへ。
選択肢が多すぎる世界で、満足して生きるためのヒントを!
自由と豊かさのストレスに悩む人々に指針を示す、社会心理学のロングセラー復刊。

選択肢がまったくない生活は耐えがたい。
だが、選択肢があればあるほど幸せとはかぎらない。
どうすれば、おびただしい数のオプションを前に立ち往生することなく、じょうずに選択していけるだろうか?
心理学、経済学、市場リサーチなど各分野の研究成果をもとに、商品や機会、情報があふれかえる世界で戸惑う人々に、常識を覆すわかりやすい指針を示した社会心理学の古典的名著。

いつも最高の結果を求める“マキシマイザー"、「ほどほど」でよしとする“サティスファイサー"。
ほんとうに幸せなのはどっち?

内容(「BOOK」データベースより)

選択肢がまったくない生活は耐えがたい。だが、選択肢はあればあるほど幸せとはかぎらない。どうすれば、おびただしい数のオプションを前に立ち往生することなく、じょうずに選択していけるだろうか?心理学、経済学、市場リサーチなど各分野の研究成果をもとに、商品や機会、情報があふれかえる世界で戸惑う人々に、常識を覆すわかりやすい指針を示した社会心理学の古典的名著。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 282ページ
  • 出版社: 武田ランダムハウスジャパン; 新装版 (2012/10/25)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4270007087
  • ISBN-13: 978-4270007082
  • 発売日: 2012/10/25
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 344,916位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
2
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
両方のカスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
「世の中は便利なモノに溢れ選択の自由もあるのに、何故人々の幸福感は上がらないのか?」

何故後悔してしまうのか、何が後悔を引き起こすのか、後悔を避けようとしてどうなるのか、それらの結果どのような影響があるのか?
そんな内容を扱った本です

本書内では「買い物」をテーマにした例が多いですが、もちろん生活の中で「選択」が必要となる場面はそれ以外にも多々あるので(というより選択の連続)学ぶことの多い内容でした
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
人生は選択の連続です。買物、食べる物といった軽い選択から、就職、転職、結婚、離婚といった重い選択まで。

経済的に恵まれ、社会的にも安定している日本は、他の国の人と比べると選択肢が多い人生を過ごすことができます。

通常、我々はそれを幸せなことと考えがちですが、この本はそういった考えに一石を投じてくれます。

まず、本書では、人をサティスファイサー(満足人間)とマキシマイザー(最大化人間)とに分類します。

一言でいうと、前者は「そこそこで満足できる人」で、後者は「最高でなければダメな人」ということになり、本書ではマキシマイザーは不幸

とみなされます。自らがどちらに分類されるかを判定するテストが本文内にあるのでやってみるといいと思います。

私はテストの点数から判断する限り、サティスファイサーであるようですが、2つの悩みがあります。

1.仕事への不満と身の振り方を常に考えていること 2.よりよい投資法があるのではないかと追究したい気持ち

 1について:本書では「最近の調査では、長期的観点から人生を振り返った場合、人はやったことよりやらなかったことに後悔が大きいと考える

傾向にある」としています。「
...続きを読む ›
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告