¥ 540
通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新自由主義と闘う沖縄─基地も原発もいらない (前進... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

新自由主義と闘う沖縄─基地も原発もいらない (前進社ブックレット) 単行本(ソフトカバー) – 2012/4/28


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー), 2012/4/28
¥ 540
¥ 540 ¥ 283
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容紹介

【もくじ】

第I部 3・11と新たな沖縄闘争
第II部 オバマの新軍事戦略と日米安保
第III部 新自由主義と闘う沖縄
特別報告 全軍労労働者の訴え
年表
あとがき

出版社からのコメント

本書は3・11をめぐって実は日米安保による米軍の軍事介入が強力に行われた現実のなかで、
沖縄に対する帝国主義の支配政策を日米の核支配政策、新自由主義攻撃の歴史として
とらえ返したものです。

中曽根が先頭に立って行ってきた戦争と核政策が驚くべきほどに符合してきたこと、
新自由主義攻撃の先兵となって国鉄分割・民営化の先兵となったカクマルが沖縄でも政府の先兵となって
沖縄の闘いに襲いかかってきた歴史
そしてその破綻が、体制内勢力の裏切りとその破産として現れていることに改めて驚かされます。

巻末には特別報告として基地労働者からの訴えが掲載されています。歴史的な基地労働者のストライキの歴史など
教えられるところが多いと思います。 基地の島の現実が、今日非正規の島としてかけられているなかで、階級的団結を総括軸にした 新しい労働運動建設の努力の始まりが力強く展開されています。


登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 95ページ
  • 出版社: 前進社 (2012/4/28)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4881391887
  • ISBN-13: 978-4881391884
  • 発売日: 2012/4/28
  • 梱包サイズ: 20.6 x 14.4 x 0.4 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 2,588,753位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

まだカスタマーレビューはありません。
他のお客様にも意見を伝えましょう
同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。  スケルトン時計 メンズ ブランド時計 メンズ 防水腕時計 スケルトン防水腕時計 メンズ防水とけい 腕時計