通常配送無料 詳細
残り6点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
新聞社崩壊 (新潮新書) がカートに入りました
+ ¥350 配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆◆◆中古商品のためキズ、日焼け、使用感等ある場合が御座いますが概ね良好な状態になります。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


新聞社崩壊 (新潮新書) 新書 – 2018/2/15

5つ星のうち 3.3 21件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版
新書
¥842
¥559 ¥9

ブックマイレージカード
click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • 新聞社崩壊 (新潮新書)
  • +
  • 新聞社―破綻したビジネスモデル (新潮新書)
  • +
  • 小説 新聞社販売局
総額: ¥3,218
ポイントの合計: 91pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


本はまとめ買いでポイント増量!
2冊を購入はクーポンコード「2BOOKS」、3冊以上は「MATOME」の入力で最大4~10%ポイント還元 詳しくはこちら。

商品の説明

内容紹介

元朝日新聞販売局の部長が、全国43紙を徹底分析!

10年で読者が4分の1に減り、売上はマイナス6000億円。新聞業界の地盤沈下が止まらない――。
限界を迎えつつあるビジネスモデルを、元朝日新聞販売局の部長が徹底分析。独自データを駆使した全国43紙の経営評価からは、生き残る新聞社と消えてゆく新聞社の姿がはっきりと見えてくる。「なぜ新聞代は高いままなのか」「〝押し紙〟というタブーとリスク」「スクープで部数は伸びない」「デジタル化がもたらす功罪」など、記者が知らない新聞販売の窮状と未来をレポート。

【目次より】
第一章 雲散する読者

十年間で読者は二十五パーセント減/五十代の半分以上は新聞を読まない/二〇二五年の新聞読者数は?/「残紙」という恥部/スクープでは部数は伸びない/十年でマイナス六千億円……

第二章 なぜ新聞代は高いのか
新聞代が高い理由/めっぽう強かった需要/「配達員」と呼ばれる人たち/「販売店主」と呼ばれる人たち/販売店主に必要なこと/「担当員」と呼ばれる人たち/読売の販売戦略/「セールス」と呼ばれる人たち/定価販売ができた理由……

第三章 新聞社の崩壊――北海タイムス廃刊から何を学ぶか
ある新聞社の興亡/三つの「北海タイムス」/失敗の原因/外部スポンサー頼みの体質/ガバナンスの欠如/新聞社には「記者」しかいないのか/だから新聞記者は嫌われる/新聞社員はコネ入社が多い/誰が記者を目指すのか/人事の話が好きな内向きの朝日/「危機感がない」/現実離れしたビジョン……

第四章 暮色の新聞社群
新聞社の経営評価/残紙の影響をあぶりだす/全新聞社の経営評価表/勝ち組と負け組/購読料と経営力/朝日と読売に差をつけられた毎日/凋落の原因/販売店の「禁じ手」/産経の重荷/ハングリーな読売、サービスをしない朝日/なりふり構わぬ読売、渋チンの朝日/情報統制の厳しい読売、身内を売る朝日/保守的な読売、新しいもの好きな朝日/専売にこだわる読売、複合化路線の朝日……

第五章 新聞業界最大のタブーに迫る
残紙の背景/残紙が増える過程/押し紙の法的な問題/なぜ残紙はなくならないのか/なぜ問題なのか/折込の起源/折込裁判/焦眉のリスク/押し紙裁判……

第六章 復活のための改革案
すべてデジタルになったら……/新聞がなくなると投票率が下がる/もし「値下げ」すれば……/人件費が四分の一になれば……/もしマードックが日本の新聞を支配したならば……/誰も新聞社を助けたがらない/「未来の新聞」を提案する……

内容(「BOOK」データベースより)

十年で読者が四分の一減り、売上はマイナス六千億円。新聞業界の地盤沈下が止まらない―。限界を迎えつつあるビジネスモデルを、元朝日新聞販売局の部長が徹底分析。独自データを駆使した全国四十三紙の経営評価から、生き残る新聞社と消えてゆく新聞社の姿がはっきりと見えてくる。「新聞代は高いのか」「“押し紙”というタブー」「スクープで部数は伸びない」など、記者が知らない新聞販売の窮状と未来をレポート。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 240ページ
  • 出版社: 新潮社 (2018/2/15)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4106107538
  • ISBN-13: 978-4106107535
  • 発売日: 2018/2/15
  • 商品パッケージの寸法: 18.2 x 11.3 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.3 21件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 41,616位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

21件のカスタマーレビュー

5つ星のうち3.3

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

気になるトピックのレビューを読もう

21件中1 - 8件目のレビューを表示

2018年11月18日
形式: Kindle版Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
ベスト500レビュアー
2018年2月20日
形式: 新書Amazonで購入
43人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
殿堂入りNo1レビュアーベスト50レビュアーVINEメンバー
2018年6月24日
形式: 新書
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2018年5月4日
形式: 新書Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2018年8月11日
形式: 新書
2018年5月17日
形式: 新書Amazonで購入