この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

新聞は戦争を美化せよ!―戦時国家情報機構史 単行本 – 2000/12


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
¥ 1,906
click to open popover


Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容紹介

20世紀も終わりの今、〃自由主義史観〃など歴史を見直す声があがっています。戦後55年を経た今でも、日中戦争・太平洋戦争に対する評価は国民の間では定まっていません。本書はこれまであまり光が当たらなかった国家情報機構、すなわち内閣情報部や情報局の実態を未公開極秘資料をもとに解明したものです。戦後になって「何故、新聞やマスコミは戦争を讃美し、軍に協力したのか。何故、軍部に対しあれほど無力であったか」と言われています。国家情報機構が新聞マスコミをどのような手法で統制したのか、新聞はいかに抵抗し、敗れていったかが刻明に書かれています。そして、日中通貨戦争など、新しい視点から「いったいあの戦争は何だったのか!」を見つめ直します。

出版社からのコメント

日中戦争・太平洋戦争を「神の国の聖業」にデザインし、新聞マスコミを統制し、国民に強力なマインド・コントロールをかけた国家情報機構の実態を解明します。未公開極秘資料をもとに、戦争司令塔の秘密をさぐります。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 956ページ
  • 出版社: 小学館 (2000/12)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4093873313
  • ISBN-13: 978-4093873314
  • 発売日: 2000/12
  • 梱包サイズ: 19.5 x 14 x 4 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 687,862位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

まだカスタマーレビューはありません。
他のお客様にも意見を伝えましょう
同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。iphone6s ケース おもしろiphone6s ケース かわいいiphone6 ケース 人気iphone イヤホン bluetoothbluetooth 4.1シャープ リモコン