通常配送無料 詳細
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新聞に必ず取材されて記事になるたった一つの方法 がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【状態良好】 【書き込みなし】 ◇◆amazon専用在庫◆◇ 目立ったイタミ・キズ等なく、良好な状態です。検品には万全を期しておりますが、万一見落とし等ありましたらメールにてご連絡下さい。迅速に対応いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

新聞に必ず取材されて記事になるたった一つの方法 単行本(ソフトカバー) – 2015/10/5

5つ星のうち 4.7 24件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー), 2015/10/5
"もう一度試してください。"
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 840

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 新聞に必ず取材されて記事になるたった一つの方法
  • +
  • メディアを動かすプレスリリースはこうつくる! (DO BOOKS)
  • +
  • テレビが飛びつくPR―予算9万円で国民的ブームを起こす方法
総額: ¥4,968
ポイントの合計: 150pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

あなたはいつまで多額の広告費を支払いつづけますか?

あなたの会社をどうブランディングするか考えたことがありますか?

元ベテラン新聞記者がいかにしてマスコミにアプローチすればいいのかを具体的に解説します。

「どんな商品がマスコミにとりあげられるの?」
「記者はどうやって取材しているの?」
「記者に何か知らせるにはどうしたらいいの?」

このような質問に元記者だからわかる方法を事例を上げて分かりやすく答えます。 広告ではなく新聞記事やテレビ放映されることは言わずと知れた効果があります。 記事・取材するかどうかは記者のアイディアと着眼点です。その考えを逆手に取りマスコミにアプローチする側の方法を伝えたのが本書です。

[主な内容]
*あなたの会社が新聞の「記事」として掲載されるチャンス
*実例を見ながらプレスリリースを書いてみる
*プレスリリースに何を書けばいいのか考察する
*プレスリリースをメディアに見てもらう秘訣………他

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

荒川/岳志
1963年、北海道登別市生まれ。明治大学卒業後、1990年に北海道新聞社入社。小樽支社、本社社会部、広尾支局長、テレビ北海道報道制作部副部長などを経て、2011年6月末に北海道新聞社を退社。2012年、株式会社ジャンパップを設立。メディアコンサルタントとして広報育成研修やセミナー講師を務め、企業のマスコミ登場をサポートしている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 216ページ
  • 出版社: 太陽出版; 四六判版 (2015/10/5)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4884698576
  • ISBN-13: 978-4884698577
  • 発売日: 2015/10/5
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 24件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 94,415位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
「新聞に必ず取材されて記事になるたった1つの方法」を読んだ。

本書は、市役所の記者クラブにプレスリリースを送り、地方紙に掲載してもらうことを目的としている。
会社の取り組みが新聞の記事になれば、知名度の向上や信用の積み重ねにつながるからだ。

まず大前提として、商品やサービスの紹介など、営利目的は広告の範囲であり記事にならない。
新聞に掲載されるためには、公共性と記者が好む切り口である情報が求められる。

記者が好む切り口は、具体的には以下の通り。

・社会の傾向や時代の変化が分かる
・記念日とタイミングが合っている
・ブームになっている
・心温まるエピソード

プレスリリースはA4用紙1枚にまとめ、記者の数だけ送る。
後日、新聞社から取材がくれば、新聞に掲載される確率が高まるという流れだ。

本書を読めば、パブリシティの考え方とプレスリリースの書き方、記事になるまでの流れ、成功事例が学べる。
あとは実践するのみだが、タイトルにあるように「必ず」取材されるわけではないのでご注意を。

※タイトルと表紙が気に入らないので星2です。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
結論から言うと、本書のレビュー評価は信用できません。
内容の記述は参考になっても☆の数値は釣り上げられている可能性があります。
ご注意ください。

以前「経営戦略全史」という本のレビューに「レビューがおかしい」という書き込みがありました。
(※まだありますのでどうぞご参考に)
興味深く読ませていただいたのですが、本書のレビューにも同じような事象が見受けられたので
ここに注意喚起したいと思います。

私が疑わしいと感じた理由としては、
・(事実)レビュー記載日が短期間に集中しすぎている。(ほぼ10月20日と21日)
・(事実)多くが初レビュー
・(事実)いたずらに☆5つレビューばかり
・(事実)著者の人物紹介がyoutubeにあるが再生数が数百レベル
・(意見)経験上レビュー数の伸びが早すぎる
・(意見)稚拙なレビューが多すぎる
本当に☆5つレベル評価するほどの内容でしたらもっと意見や感想が具体的なはずです。

先の例からすると、初レビュアーの方からコメントにて
「はじめて書いたレビューなのに悲しい」「著者が評価しろとは言ってない」
という反論のような意見が寄せられることが予想されますが
...続きを読む ›
4 コメント 58人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
この本は、新聞記事を利用してタダで広告・宣伝することを勧めているのではありません。
あなたのことを「記事」として新聞に掲載してもらうことが目的です。
その「記事」は、ニュースとしての価値があり有益であるという前提条件があります。

「パブリシティ」=「メディアに取り上げてもらうために働きかけること」
つまり、より多くの人々に有益な情報を共有してもらうということです。
「自分なんかがニュースになるのかな?」
そんな疑問や不安を、この本はあっさりと解決してくれます。

メディアへの働きかけのひとつが「プレスリリース」です。
・いったい何を書けばいいの?
・どんなふうに書けばいいの?
・どのメディアに送ればいいのかしら?
・どのタイミングで送ればいいの?
すべて、ていねいに答えが書かれています。

当然のことながら、営利目的の活動は記事にはなりません。
「誰もが参加できて、有益で無料」というのが、新聞の社会性の基本です。
ところが、有料のセミナーなどでも記事にできる裏ワザまで書いてあります。

「何がニュースになるのか」という視点がたくさん紹介されています。
きっと、あなた自身に当
...続きを読む ›
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
プレスリリースなんて私には関係ない…と思っていた一人ですが
この本には、「情報を伝える」ためのノウハウが詰まっていると感じました。

そして、本書の読みやすさ、分りやすい構成、そのもの自体が、一つの"お手本"のようです。
たとえプレスリリースをする日がなくても、「誰かの目に止まるように、情報をまとめて伝える」というスキルがとても分りやすいです。

自分の仕事を、どうにかして発信していこうとブログやホームページをがんばられている方も多くいらっしゃいますが、そういう場面にも役立つ内容ですし、またさらに一歩進んで「プレスリリース」という手段にも近づけます。
このカテゴリーの書籍の中では、本当に良書と感じました。お仕事をがんばられている方にお勧めして行こうと思っています。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック