Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 600

¥ 48の割引 (7%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[木原 浩勝, 中山 市朗]の新耳袋 第三夜 現代百物語 (角川文庫)
Kindle App Ad

新耳袋 第三夜 現代百物語 (角川文庫) Kindle版

5つ星のうち 4.5 4件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 600
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 648 ¥ 1

商品の説明

内容紹介

当代きっての怪異蒐集家の二人が地道なフィールドワークを重ねてあつめた、全国各地の怪談の数々。完読したとき、あなたの身に何かが起きるかもしれない・・・・・・。

内容(「BOOK」データベースより)

あなたには、世界はどう見えていますか。この本に収録された話は、すべて「実話」です。日々の暮らしの中で私たちが見すごしている、この世界のもうひとつの姿です。不思議な出来事、身の毛もよだつ恐怖の体験から、「異界」への入り口を実感してください。この読書体験は、あなたの人生観を変えるかもしれません。平成の「百物語」へ、ようこそ。不思議と恐怖100の怪異。異界の扉を開く、戦慄の第三弾。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 1770 KB
  • 紙の本の長さ: 208 ページ
  • 出版社: KADOKAWA / 角川書店 (2014/8/25)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00MXRPOFE
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 67,323位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 emizou 投稿日 2014/6/25
形式: 文庫 Amazonで購入
面白くてはまります。
一気に読むと危ないので、半分ずつくらいにして、一冊を読み進めました。
10巻までぜひぜひぜひ読むべしー
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 和尚 投稿日 2015/2/11
形式: 文庫 Amazonで購入
怪談本なので、もちろん怖い話も載っていますが、不思議な話も魅力的です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
この本は、1つ1つが短めなんだけど、とても読みやすく、難しい漢字でも
ちゃんとふり仮名がふってあり、とても読みやすいし、漢字の勉強にも
なっちゃいます!!驚くものやゾクゾク~っとくるものなど、感じるものは
いろいろです!是非読んでみてください!!新耳袋は何夜もあるけど、それぞれあまりつながっていません。でも、順番に読んでいくのもイイかも。。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2003/8/15
形式: 文庫
誰でもひとつやふたつ、とっておきの怖い話を知っているだろう。実際に自身が体験した人もいるかもしれない。怪談話はいつの世でも好奇心をくすぐる格好の材料だ。
さて、耳袋シリーズ第三弾、いつものとおり99の収集された話が載っている。まゆつばものも多いが、背筋がぞっとするリアルな話も多く、世の中の不思議をあらためて再認識してしまう。ここまでやるならこの本は実名入り、実地名入りで限りなくノンフィクションにして欲しい。信じる、信じないは読み手の側、そんな意味では、この作品は現代の『遠野物語』と言えるだろう。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover