通常配送無料 詳細
残り13点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新編 不穏の書、断章 (平凡社ライブラリー) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 広林堂
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 2013/1:初版1刷・帯無。経年程度。特に目立つ傷・汚等無く、使用感も少なくて、きれいな状態です。尚中古商品の為、細かな傷・汚れ等はご容赦願います。クリーニング済・迅速丁寧に発送致します!
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

新編 不穏の書、断章 (平凡社ライブラリー) 単行本 – 2013/1/12

5つ星のうち 4.9 8件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 1,240

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 新編 不穏の書、断章 (平凡社ライブラリー)
  • +
  • ポルトガルの海―フェルナンド・ペソア詩選 (ポルトガル文学叢書 (2))
  • +
  • レクイエム (白水Uブックス―海外小説の誘惑)
総額: ¥5,130
ポイントの合計: 117pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



ビジネス書大賞2017 大賞作品決定!
大賞は『サピエンス全史(上)(下)』、準大賞『LIFE SHIFT(ライフ・シフト)』 他 >> 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

20世紀が秘匿した最後の巨匠とされるポルトガルの作家の書。異なる人格となって書かれた作品群のひとつ「不穏の書」と諸人格による「断章」をおさめる。旧版を大幅に増補改訂。 解説=池澤夏樹

内容(「BOOK」データベースより)

「フェルナンド・ペソアの書くものは、実名と異名と呼びうる二つの作品のカテゴリーに属している。…異名による作品は作者の人格の外にある。」―別の名と別の人格をもつ書き手たちの作品群が、ペソアという文学の場で、劇的な空間を開いている。20世紀の巨匠たちの列に最後に加わったポルトガル詩人、ソアレス名義『不穏の書』と、本人名義と複数の異名者の断章を旧版を大きく増補・改訂した新編集で。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 374ページ
  • 出版社: 平凡社 (2013/1/12)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 458276780X
  • ISBN-13: 978-4582767803
  • 発売日: 2013/1/12
  • 商品パッケージの寸法: 16.2 x 11.2 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.9 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 107,135位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.9
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
 以前思潮社から出ていたものを1.5倍位に増補した新編。『不穏の書』の方は全訳が既に高橋都彦訳で『不安の書』として新思潮社から出ているが、何分ペソアを読むのは骨が折れる。私も数年前に全訳を買ってから時々思い出した様にちびちび読み進めてはいるが、今だに読了していない。その点こちらはつまみ食いで、厖大なテキストの中から美味しい所だけを選び抜いて手軽に楽しむことが出来る。文体も高橋訳に比べるとサバサバしてして読み易く、読み返し易い。ペソアを知る為には先ず本書を手に取ってみることをお勧めする。

 私の拙い筆致でペソアの魅力を伝えるのは難しいので、味見として、「断章」から幾つか拾い読みしてみよう。

 「一流の詩人は自分が実際に感じることを言い、二流の詩人は自分が感じようと思ったことを言い、三流の詩人は自分が感じねばならぬと思い込んでいることを言う。」
 「文学は、他の芸術と同様、人生がそれだけでは十分ではないことの告白である。」
 「人生において、唯一の現実は感覚だ。芸術において、唯一の現実は感覚の意識だ。」
 「芸術において重要なことは表現すること。表現されたもの自体はつまらぬものだ。」
 「私は自分自身の風景 自分が通るのを私は見る さまざまにうつろい たったひとりで 私は自分がいるここに 自分を感じるこ
...続きを読む ›
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
ラテン諸国の人々からの圧倒的な支持と、先行レビューがすばらしかったので購入。

期待以上の内容だった。

特に、「私は自分の書いたものを読み返す。まるでくだらないし、こんな物は書かれなかった方がよかったと思う」p234

ってのがよかった。

解説は池澤夏樹さん。
1 コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ? 投稿日 2016/9/24
形式: 単行本
平凡社ライブラリーの編集デザイン(紙面の余白や各章の納め方の工夫)により、著者の断章の特性がおおいに引き出されたのではないだろうか。
思潮社詩文庫のような寿司詰めであったら、印象はずいぶん違ったものになるばかりか、著者の特異ささえ伝わりにくかったと思われる。
言葉には言葉なりの性質があり、それをに前面に押し出した作品であるため、従来まことしやかに良しとされている基準からすると「特異さ」となるだろうが、じつは普遍的なファクトにすぎない。古い殻はこうして破られなければならない。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
この詩集の一行目でピンときたなら、かっていいと思う。

「詩と詩人について」

  詩人はふりをするものだ

  そのふりは完璧すぎて

  ほんとうに感じている

  苦痛のふりまでしてしまう
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告