通常配送無料 詳細
残り10点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新編宮沢賢治詩集 (新潮文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品ですので、多少の傷み・小口ヤケがある場合がございますがご容赦くださいませ。その他の状態につきましては、Amazonコンディションガイドラインに準拠いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

新編宮沢賢治詩集 (新潮文庫) 文庫 – 1991/8/1

5つ星のうち 4.6 11件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 562
¥ 562 ¥ 103

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 新編宮沢賢治詩集 (新潮文庫)
  • +
  • 新編 銀河鉄道の夜 (新潮文庫)
  • +
  • 注文の多い料理店 (新潮文庫)
総額: ¥1,501
ポイントの合計: 131pt (9%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

登録情報

  • 文庫: 420ページ
  • 出版社: 新潮社; 改版 (1991/8/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4101092079
  • ISBN-13: 978-4101092072
  • 発売日: 1991/8/1
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 11件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 20,796位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
宮澤賢治自体が好き嫌いはっきり判れると思う。
難しい表現、科学的専門用語など、よく分からないうちでは理解し難いかもしれない。
(しかし最後に注解が書いてあるので大丈夫だとは思う)
初めて読む人に背景で知っていて欲しいのは、
・先立ってしまった妹とし子への深い愛情。
・法華経を篤く信仰していたこと。
・自己犠牲の精神、賢治は農民になりたかったこと。
ここらを少し頭の片隅に入れて読むと内容を理解しやすく善いと思う。
多分誰だって一度は挫折や悲しみ、苦しみを味わう筈だ。其の時賢治を誰より身近に感じられる一冊である。
最後は熱に浮かされながら書いた、あの有名すぎる『雨ニモマケズ』も収録されている。
あとは『春と修羅』の序文の一部に
 ここまでたもちつゞけられた
 かげとひかりのひとくさりづつ
 そのとほりの心象スケッチです
と、ある。この一文が読了後にただ痛く切ない静謐な叫びだけの文ではなく、
この詩集には春の芽生えのようなあたたかいものも存在していたのだと感じさせてくれる。
コメント 67人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 賢治の眼に映った岩手の自然の風景を、ささっとスケッチして掴まえてきたような詩がいっぱい。青白い光を放ちながらぺかぺかと明滅する鉱石の間を、しゅうふっふと息を吐きながら、岩手軽便鉄道が走っていたり。海のように光る山から、ホウと声を立てながら風が走ってきたり。すきとおった景色が、幻燈機が映し出すスクリーンを流れていく・・・・・・。そんな気がして、不思議にいい心持ちになりました。
 また、賢治のすぐ下の妹、とし子(宮澤トシ。1898-1922)の死に立ち会った賢治の深い悲しみを、妹に呼びかけるように歌ったいくつかの詩に、胸がぐっと詰りましたね。「永訣の朝」「松の針」「無声慟哭」の三つの詩。
 それから、「早春独白」の中、次の詩句がいいなあ。くらくらっときました。
≪ ・・・・・・雨はすきとおってまっすぐに降り  雪はしづかに舞ひおりる  妖しい春のみぞれです・・・・・・ ≫
 さて、一等賞のメダルはどの詩にあげよう。「眼にて云ふ」、これに決めました。こんなにもすきとおって美しい詩も、そうはないでしょう。おしまいの三行の言葉が、ことのほか、綺麗です。余談ですが、この「眼にて云ふ」と「生徒諸君に寄せる」の中にある詩句が、伊坂幸太郎『魔王』の物語で、かなり印象深い使われ方をしています。興味をお持ちになった方は、『魔王』もぜひ!
コメント 35人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ai0610 VINE メンバー 投稿日 2003/12/21
形式: 文庫 Amazonで購入
 危篤の父を見守る病室で、幾度もこの本を読み、幾度涙したか。
 本書は現代に生きる人々にも、十二分に賢治の世界にふれられるように、ひらがなの使い方もわかりやすく、難しい漢字にもルビをつけ、読みやすい形となっている。
 梅原猛は彼を日本を代表する宗教家と位置づけている。
 「無声慟哭」本書に収録されている一遍の詩の題名こそ、彼の苦悩する姿をよく表現している。
 宗教的な意思から立脚し、人々の為に生きることを覚悟した自分が、妹の死というある意味利己的な現象に立ち向かったときに、彼は自らへの愚直さゆえに、妹の奇跡を祈ることが出来なかった。
 彼は多くの人々の為に涙する為に、彼の最も近い存在であり、最も彼をよく理解した妹の死を涙することが出来なかったのだ。
 
 彼の純粋なそしてひたむきな、ある意味宗教的な願いは、この詩集を読むことによってその多くを理解できるだろう。
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ai0610 VINE メンバー 投稿日 2003/12/13
形式: 文庫 Amazonで購入
 意識不明の父を見守る病室でこの詩集を読み、本当に何度も泣きました。 
 ひらがなも現代のものに直され、難しい漢字には振り仮名もあり、大変読みやすく出来ています。初めて賢治の詩集を読んでみたいという方にもお薦めです。
 彼のある意味宗教的な願いが、どれほど強くこの本には込められているのでしょうか。
 青森挽歌の最後の一節に次のような記述がある
「わたしはただの一どたりとも
 あいつだけがいいとこに行けばいいと
 そういういのりはしなかったとおもいます」
彼の心情をよく表した部分だと思う。
 全体が幸せにならなければ、自分が幸せになれない。そういう気持ちを強く持った賢治に、妹の快気を願うことがどれほどの苦しみであっただろうか。それらとの内にあった自らの葛藤を、悲しいほどに素晴らしく全体を通して表現している。
 後半部分は、彼の教育や農業などの題材を使い、自らの願いをよく画いている。
 最後に直木賞作家の寺内大吉氏の賢治に対する言葉を紹介したい
「彼は法華経が描く広大でまばゆい宇宙系銀河の空間を北上川の夜空から透視することができた」
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー


関連商品を探す