通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新約聖書 1 (文春新書 774) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバーに使用感(ヨレ、スレ、傷等)あり。中身は書き込み、ヨレ、汚れない状態です
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

新約聖書 1 (文春新書 774) 新書 – 2010/10/19

5つ星のうち 4.1 15件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
新書
"もう一度試してください。"
¥ 1,028
¥ 1,028 ¥ 223

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 新約聖書 1 (文春新書 774)
  • +
  • 新約聖書 2 (文春新書)
  • +
  • 聖書を語る (文春文庫)
総額: ¥2,682
ポイントの合計: 81pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

書物のなかの書物、聖書がはじめて新書になった。
自らも極限状況を聖書とともに生き抜いた佐藤優氏がその読み方を伝授する。
巻1では「マルコによる福音書」から「ヨハネによる福音書」までを収録。
(なお、巻2は2010年11月20日発売予定。「使徒言行録」「書簡集」「ヨハネの黙示録」を収録)。

内容(「BOOK」データベースより)

世界で最も多くの人に読まれた書物の中の書物「聖書」がついに新書になった。自らも聖書とともに極限状況を生きぬいた佐藤優氏が、誰にもわかりやすくその魅力を解説。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 393ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (2010/10/19)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 416660774X
  • ISBN-13: 978-4166607747
  • 発売日: 2010/10/19
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 11 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 15件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 63,184位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 新書
クリスチャンではないけれどなんとなく聖書は気になるという方には、この本はとてもお勧めです。

福音書だけで編集されているものとしては、主に新共同訳の本書と、岩波文庫版の『福音書(塚本虎二訳)』とがあります。
が、岩波版の訳はちょっと硬いかな?という印象で、あまり頭に入ってこなかったのですが、新共同訳は初心者の私にも大変分かりやすく読みやすかったです。

ただ、これは私自身の個人的な感想なので、一度書店で両方の本を手に取って、試しに同じ箇所を適当に読み比べてみることをお勧めします。

巻末の著者自身による聖書論も賛否両論あるようですが、私は面白く読めました。
ただ、日本人は福音書だけ読めばそれでよい云々・・・の下りだけは、これはちょっと賛成できません。

福音書だけでよいかというと決してそんなことはなく、気概があれば他の旧約や史記、詩編などにもチャレンジすることで、
さらに聖書に関する見識が広がるとともに、自ずと自己の精神も高められるはずだからです。

最後に参考までとして、少し長いですが、どのように聖書を読めばよいのかに言及したカール・ヒルティの言葉を引用しておきます。

「あなたがいつか本気に聖書を読んでみたいという気になったら、(
...続きを読む ›
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
人類史上最も読まれたであろう新約聖書はイエスのたとえ話により人の無意識領域を刺激し、自分の心を深く見つめる技法を身につけることができると佐藤優さんが説かれていますが、新書サイズで読みやすく、太字のイエスの言葉だけを読み飛ばすことが可能であり、初めて聖書を読むきっかけとしてお薦めいたします。

佐藤優さんの以下の奥深い言葉に何か感じるものがあればぜひご一読ください。
 
・イエスの言説にはいくつかの特徴がある。常識について述べた後、「しかし、私は言っておく」と述べ、常識を覆す反対命題を出し、結果として、表面的には常識とそれほど異ならないが、本質的に異なる世界に人間を誘うのが、イエスの話術の特徴だ。

・キリスト教は性悪説に立つ宗教なので、人間により理想的な社会や国家ができるとは考えない。神の支配がもうすぐ実現するのだから、人間は悔い改め、その支配を受け入れる準備をせよというのがイエスが伝えたメッセージなのである。

・罪を持たないにも関わらず、他者の罪を一身に背負って死んだ。この事実によって、人間は救われるとキリスト教徒は信じる。

・イエスという存在自体が、神のたとえなのである。新約聖書に記されたイエスのたとえを読むことによって、無意識が刺激される。そして、自分の心を深く見つめる技法
...続きを読む ›
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
500日以上も拘置所にいながら、耐え抜いた佐藤優さんの精神力の源泉は何だろうという疑問が解けた気がしました。
佐藤優さんは、神を否定してみたいという動機で同志社大学の神学部で無神論や宗教批判を研究したそうです。その過程で、逆に幼児のころに母親から刷り込まれたキリスト教信仰を自然に認めるようになったそうです。ここから、母親が15歳のときに体験した沖縄戦の物語が語られます。生死を分かつ瞬間に起きた人間ドラマが描写豊かに語られています。
また、後年、3代前は禅宗の住職だった父親が末期がんで残り時間が少ないと宣告された時に、「人間の救いは、自分の力でつかみとるべきと思う。キリスト教の教えは、どうも浄土真宗の他力本願のように思えてならない。お父さんはあくまで、自力本願でいきたいんだ。」と言って、キリスト教の洗礼を拒否した逸話も胸にしみます。
そうしたご両親に育てられて、佐藤優さんの精神は作り上げられてきたのだと思いました。
国策捜査で逮捕され、東京拘置所の独房に閉じ込められていたとき、何度も繰り返し読んで、勇気づけられたという使徒言行録の「受けるより与えられる方が幸いである」が佐藤さんの精神力の源泉なのだとわかりました。
佐藤さんは以下のように書いています。
『限られた人生の中で、自分が他者から「受けることを」を第一義に考えるのでは
...続きを読む ›
コメント 73人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
新書で聖書、というのはありそうで確かになかったですね。
しかも、この'T巻は、いわゆる福音書が4つ含まれていて、
'Uまで手を出さなくても、キリストの伝承のコアなところが
わかるようになっていて嬉しいです。

佐藤さんの解説も一般人向けにとてもよく、
入門としては最適でした。
大きな解説が巻末にあるほか、各福音書の前に簡単な導入があり、
さすが功利主義者を自称するだけに、非信者を通読に誘うのが
お上手でした。おかげで通読できました。

キリストの言葉が太字になっているのが他にない
特色だと言われているのですが、これはややうるさいかも
しれません。字面の好みに過ぎないと言えばそのとおりですが。

ただ、あとで読み返したり、いわゆる平行箇所(マルコのある記事が
マタイやルカにも出ている場合のその箇所→福音書の各箇所で
示されています)をたどりたいときに、肝心の章番号が一目では
分からないのです。

たとえば、ページの上隅に「マタイによる福音書」などと
福音書の明示はありますが、ここに章番号、ふつうなら節番号
まであると思うので、ぱらぱらっとめくりながら平行箇所の
...続きを読む ›
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー