通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新犬種コンパクト図鑑 がカートに入りました
中古品: 良い | 詳細
発売元 いけま書店
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ■ご覧頂きありがとうございます。使用感はありますがカバー、中身ともにきれいな状態です。クリーニング済みです。検品には万全を期していますが、不備がありましたら、即対応させて頂きます。 ご不明な点などございましたら、遠慮なくご質問くださいませ。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

新犬種コンパクト図鑑 単行本(ソフトカバー) – 2015/8/31

5つ星のうち 3.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 3,456
¥ 3,456 ¥ 1,376

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 新犬種コンパクト図鑑
  • +
  • 最新 世界の犬種大図鑑: 原産国に受け継がれた420犬種の姿形
総額: ¥8,640
ポイントの合計: 104pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

迫力のオールカラーと圧倒的な情報量!
Dorling Kindersley社が贈るコンパクト犬種図鑑の決定版!

世界各地の約200犬種を詳細なデータとともにオールカラー見開きページで紹介。犬種別の特徴、歴史から基本的なデータ、飼育する際のポイントまで幅広い情報を掲載。ブルース・フォーグル先生の膨大な知識を持ち運びが便利なコンパクトサイズに凝縮した、すべての愛犬家に贈る一冊!

内容(「BOOK」データベースより)

犬の図鑑の定番『新犬種大図鑑』をコンパクト化。美しく魅力的な写真はもちろん、各犬種の詳細な特徴やキャラクター、履歴などの情報もぎっしり!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 432ページ
  • 出版社: 緑書房 (2015/8/31)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4895312267
  • ISBN-13: 978-4895312264
  • 発売日: 2015/8/31
  • 商品パッケージの寸法: 16.6 x 13.6 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 713,921位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.0
星5つ
0
星4つ
0
星3つ
1
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
著者はカナダ生まれロンドン在住の獣医さんです。
そのため日本の出版社が出している同種の図鑑とは掲載されている犬種に違いがあります。
解説も日本では「おとなしい」と言われているものが「頑固」と表現されていたり
あれっ、と思う記述も多く見られます。
例えば、日本で人気犬種のプードルに関しては
「50年前は人気だったが無計画な繁殖のために性格的、肉体的な問題が増え、人気が陰り
今日ではヨークシャテリアに株を奪われた」
のような一文がありますが
そのような点でも、私達日本人から見るとピントが外れている気もしました。

獣医さんだけあって、先天性異常やブリードの危険性を指摘する説明が多いのも
この本の特色。
巻頭に「犬種改良」巻末に「無作為繁殖犬」を持ってきたところにも
それが見て取れます。

際立って写真が綺麗、と言うことは無いです。
海外から犬を輸入する予定のある方や、一般的な日本の犬種図鑑に飽きている方
より多くの犬種を知りたい方に向いた本かと思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告