通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
[新版]男の服装術 スーツの着こなしから靴の手入れ... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
中古品: 良い | 詳細
発売元 鷲宮書房
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ☆送料無料・保証付【Amazon直送につき、365日毎日発送致します】表紙に軽度のダメージがありますが、中のページは、見た目キレイで、折れや書込もなく良好です。十分な検品をしてから出荷をしていますが、まれにチェック漏れによる書込や欠品がある場合がございます。その際はご連絡頂ければ対応を致しますので、ご連絡をください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

[新版]男の服装術 スーツの着こなしから靴の手入れまで 単行本 – 2004/1/22

5つ星のうち 4.2 51件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,836
¥ 1,836 ¥ 698

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • [新版]男の服装術 スーツの着こなしから靴の手入れまで
  • +
  • 成功する男のファッションの秘訣60――9割の人が間違ったスーツを着ている (講談社の実用BOOK)
  • +
  • 9割の人が小物選びで損をしている ビジネススーツを格上げする60のルール
総額: ¥4,644
ポイントの合計: 142pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

スーツやネクタイ・靴の選び方からTPOに応じた着こなしまで、できる男になるためのお洒落の要諦を人気服飾評論家がわかりやすく解説!

著者の落合正勝氏は、雑誌・新聞連載と服飾関係の著書を多数もつ男性服飾評論の第一人者である。本書は、氏の著書の中でも男性ファッションの最も基本的な内容をわかりやすく解説したものであり、スーツ・シャツ・ネクタイ・靴・靴下・着こなしなど、お洒落についての知識とノウハウを総合的に解説した定番ともいえる一冊です。
例えば、なぜ、クラッシックなネクタイの幅は9~9.5センチで、シャツの襟幅の角度が160度でなければならないのか?……著者は言います。「クラシック・スタイルは、基本を守らねばなりません。始めのうちは、私の述べた通りのことを遵守してください。本書では、ファッション先進国における、男のコモン・センスを述べることができたと自負しております。この本があたり前すぎて陳腐に思えてきたときこそ、貴方はお洒落の達人になりえます」と。
本書は、仕事もお洒落もできる男を目指す人の、まさに必携の書といえよう。

内容(「BOOK」データベースより)

男性服飾評論の第一人者が、初めてスーツを身につける人から着慣れている人まで、誰にでも取り組めるお洒落の要諦を徹底解説。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 301ページ
  • 出版社: PHP研究所; 新版 (2004/1/22)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4569626750
  • ISBN-13: 978-4569626758
  • 発売日: 2004/1/22
  • 商品パッケージの寸法: 21.2 x 14.4 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 51件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 111,092位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
スーツを軸に、西洋において発展した服装術の『クラシック』を論ずる著作。内容的には悪くはない。「なるほど」と思う箇所もあるし、「そうかな」と疑問を持たせる箇所もある。しかしながら、スーツ、ネクタイ、靴、靴下を総合的に、かつ抑える優先順位も含めて書かれていることは、服装術の一つの見識を理解する上で有効であると思う。
ただし、あまり褒められない点が二つほどあるため、今回は3つ星評価としたい。

まず、本の構成が今ひとつ。大きな字体と行間、そしてなんとも言えない服飾業界の著名人による言葉と著者のコメント。表現が悪いが、二昔まえにはやった「冠婚葬祭入門」の構成を思い出さずにいられなかった。服装術というのであれば、もう少し、アカデミックなアプローチの方が適しているだろう。

次に、落合氏の文章も独特だ。上品に言えば、読者を啓蒙しようとしているのかもしれないが、正直、「このようにしろ」的な印象を感ぜずにはいられなかった。啓蒙を目指すのならば、飯野高広著『紳士靴を嗜む はじめの一歩から極めるまで』のアプローチの方が、遥かに好ましく思われる。

服装術(見栄えが中身も表す)という意見を持つのならば、本の構成と文章の書き方にも注意が払われるべきかもしれない。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
私にはこだわり過ぎでした。
もう少し簡単な本で良かったです。
たまらない人にはたまらないんでしょうね。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
いい本ですよ。スーツを仕事で着る必要がある人、あるいはスーツを着こなしてみたい初心者・初級者の人向けの類書では、この本の旧版が群を抜いて良かったし、それは新版になっても変わらないでしょう。鏡や窓ガラスに映った自分のスーツ姿を見て、「もう少しどうにかしたいが、どうしたらいいか分からない」という人は、ぜひ手に取るべき本です。スーツだけでなく、靴、シャツ、ネクタイ、靴下といった個々の部品についても一つ一つ丁寧に述べていて、一冊読み通すと、全体としてスーツ姿をコーディネートするコツみたいなのが分かってきます。まあスーツなので安くはないですが予算の違いや、年齢、英国・イタリア・アメリカといったスタイルの違いについてもバランスよく言及されていて、非常に実用的な本です。逆に言うとこの人の他の本はクラシコ・イタリア趣味やウンチク自慢が過剰で、「お好きな人」以外には勧めません。(まあクラシコ・イタリア系の服飾評論家の書く本はみんなそうなんですが。)その中で、この本だけは自分の趣味を過剰に露出するのを抑えて、例外的に多くの人に「役に立つ」本になっています。
コメント 77人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
落合氏の著作は「男の服装 お洒落の基本」、「こだわりの服装術」に続いて3冊目ですが、お洒落の初心者の小生にとっては本書が一番わかりやすく、ためになりました。

最初の2冊はどちらかというとエッセイ風で読み物としては面白かったが、お洒落の上級者向けの感覚的な部分があり理解が及ばないところが結構あった。一方、本書は基本的なところをきっちりとわかりやすく教えてくれます。例えば最初のスーツ編ではゲルマン(英国)、ラテン(フランス、イタリア)、アメリカという三大潮流の違いを詳述して全体感を押さえた上で、クラッシクスーツのラペル、ボタン、ズボンといったパーツについての解説があり、わかりやすいし納得感があります。

スーツに続いて、靴、シャツ、ネクタイ、靴下の順に基本的なことから具体的な着こなしについて体系的に説明があります。例えば靴に関しては靴の種類、靴紐の通し方、ネクタイに関しては選び方、手入れ方法、結び方などが具体的に図入りで説明されておりどれも非常にわかりやすく参考になりました。

落合氏に関しては他の方の感想を見ると結構厳しい批判もあるようなので、書いてあることをすべて鵜呑みにすべきではないかも知れませんが、少なくとも本書に関しては男のお洒落の基本を学びたい人にとって手元に置いておいて損のない一冊だと思います。
コメント 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 malone VINE メンバー 投稿日 2012/3/5
形式: 単行本 Amazonで購入
上質なクラシックスーツのなんたるかを知ることができる。
それは同時に、完全にクリエイトされたブランドのデザインスーツとの差異を知ることにつながる。
著者が最高のクラシックスーツとして評価するブリオーニは、60万円以上もするので一般庶民には手が届かない。
タイユアタイのシャツが最高だと言われても、4‐7万円もするドレスシャツなんて買えない。
少々おしゃれに本気になろうとしても、簡単に買えるものではない。
ただ、その素材、構造の何が一流なのかを知ることは、一般のサラリーマンにも意義があると思う。

10万円のスーツでも、一般人にとってはちょっとぜいたくな買い物だ。
ただ、10万円程度では、素材、構造の両方を高いレベルで得ることは難しい。
しかし、最高品質のクラシックと比較した場合に、何を妥協しているのかを知ることはできる。
そういったことを知らなければ、海外・国内のデザイナーブランドの名前だけに踊らされることになる。
明らかに陳腐な構造、素材の割に値段が高い商品のことである。
そういったものに惑わされずに、低価格ながらいいものを買った、と言えるのは本物のなんたるかを知識として持っているかどうかである。

ブリオーニを試着させてもらうことで、最高の動
...続きを読む ›
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー