¥2,200
+ ¥864 配送料
通常3~4日以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、ECJOY!ブックス が販売、発送します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

新版 母と子のおやすみまえの小さなお話365 (ナツメ社こどもブックス) (日本語) 大型本 – 2011/9/2

5つ星のうち4.0 18個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
大型本
¥2,200
¥2,200 ¥395
お届け日: 8月21日 - 23日 詳細を見る
click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • 新版 母と子のおやすみまえの小さなお話365 (ナツメ社こどもブックス)
  • +
  • カラー版 ママおはなしよんで 幼子に聞かせたいおやすみまえの365話
  • +
  • 考える力を育てるお話 366 名作・伝記から自然のふしぎまで
総額: ¥7,480
ポイントの合計: 175pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

いろいろな国のお話しが1ページに1話ずつ366話載っています。笑い話、ふしぎな話、ワクワクする話など、お子さんと一緒にお話しを楽しんで下さい。

著者について

1944年、宮城県生まれ。早稲田大学を卒業後、児童図書出版社編集部に勤務。その後独立して、多摩美術大学多摩芸術学園で絵本論、児童文学論を9年間講義する。児童文学の創作、評論を手がける一方、民俗学的な立場から妖怪研究にも力を注いでいる。現在は、同人誌「鬼が島通信」に「現代児童文学論序説」を執筆中。主な著書は「ヘイタロウ妖怪ばなし」(小峰書店)、「妖怪ふしぎ物語」(角川書店)、「おはなし366前・後編」(小学館)など多数。2002年には、「舌ながばあさん」(小学館)で、第33回「講談社出版文化賞絵本賞」を受賞する。日本文芸家協会会員。

登録情報

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.0
星5つ中の4
評価の数 18
Amazonは星評価をどのように計算しますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

気になるトピックのレビューを読もう

2019年4月2日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2018年7月2日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2018年5月31日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2017年12月27日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2017年12月2日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2016年12月29日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2014年3月1日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2014年11月11日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。昔話 絵本