¥ 4,104
通常配送無料 詳細
残り7点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新版 日本のルィセンコ論争 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

新版 日本のルィセンコ論争 単行本 – 2017/7/19


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本, 2017/7/19
"もう一度試してください。"
¥ 4,104
¥ 4,104 ¥ 7,660
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

かつて、非科学的な遺伝学説が日本の生物学会を席捲し、科学は機能不全に陥った。
本書は日本の生物学史の暗黒期の記録であり、科学と政治の緊張関係や捏造事件
について考える時、必ず振り返られるべき書である。

ソ連の生物学者ルィセンコは、1930年代に「春化処理」によって農作物を増産できる
と主張した。この理論は実験による検証を経ないままスターリン政権に採用され、
理論に批判的な生物学者への弾圧を招き、のちに農業生産に大損害をもたらした。
日本でも同様の混乱が起きたことは語られなくなって久しい。
本書は、日本でルィセンコ理論が台頭していった過程を、当時の科学者たちの
問題意識や議論を精緻に追うことで描きだす。
日本でこの理論が紹介された当初は、新学説を科学的に検証しようという態度が
支持派反対派双方に見られたという。しかし議論は次第に思想論争へと変質していく。
ルィセンコ理論は戦後の農業改革運動が失敗するまで暴走し続けた。

近年、ルィセンコ学説の根拠とされた現象の一部は「エピジェネティクス」という
まったく異なるメカニズムで解釈できることが明らかになった。
巻頭に本書のテーマと21世紀に至る生物学史の関係を紹介する解説を付した、
初版刊行50周年記念版として本書をおくる。

[初版『ルィセンコ論争』1967年刊、〈みすずライブラリー〉版『日本のルィセンコ論争』1997年刊、
新版『日本のルィセンコ論争』米本昌平新解説]

出版社からのコメント


商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 280ページ
  • 出版社: みすず書房; 新版 (2017/7/19)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4622086204
  • ISBN-13: 978-4622086208
  • 発売日: 2017/7/19
  • 梱包サイズ: 19 x 13.2 x 2.3 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 279,391位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

まだカスタマーレビューはありません。
星5つ
0
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
他のお客様にも意見を伝えましょう
同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。時計 カシオ時計 レディース防水時計 電波時計 電波 腕時計ベビージー 腕時計腕時計 カシオ