通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新版 原発のどこが危険か 世界の事故と福島原発 (... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

新版 原発のどこが危険か 世界の事故と福島原発 (朝日選書) 単行本 – 2011/4/8

5つ星のうち 3.9 8件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,404
¥ 1,404 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

福島の危険性は、本書が指摘していた! 1995年刊行の旧版に、2011年の福島原発事故に関する詳細な考察を加え、新版として緊急出版する。過去の事故を総ざらいして、原発の危険性と問題点を明確に指摘する。

内容(「BOOK」データベースより)

2011年3月11日、午後2時46分。三陸沖を震源とするマグニチュード9.0の巨大地震が、東日本を襲った。この地震と津波の影響で、福島第一原発の1~3号機が緊急停止。非常用の炉心冷却装置が作動せず、原子炉圧力容器の水位が低下する深刻な危機に陥った。本書は、1995年刊行の旧版に、この福島第一原発事故についての詳細な考察を加え、新版として刊行するものである。事故は、非常用ディーゼル発電機の不作動が危機の引き金となったが、本書は旧版において、この非常用ディーゼル発電機の危険性を指摘していた。まさに本書は、現代に警告を発する「予言の書」であった。過去の事故を総ざらいし、老朽化を迎えつつある今日の原発の危険性と問題点を浮き彫りにする。いま読まれるべき独自の安全論である。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 240ページ
  • 出版社: 朝日新聞出版; 新版 (2011/4/8)
  • ISBN-10: 4022599766
  • ISBN-13: 978-4022599766
  • 発売日: 2011/4/8
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 12.6 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 758,308位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.9

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
 雑誌を除いて、福島第一原発の事故についてふれた本は、本書が最初だ
と思います。しかし、センセーショナルな本ではありません。

【概要】
1.図表を用いた原子炉の詳しい解説
2.燃料棒を入れる圧力容器の経年劣化(中性子線による)
3.劣化のため耐用年数以下で部品交換必要となることもある
4.スリーマイル島事故
5.チェルノブイリ事故
6.配管のギロチン破断、その他の深刻な事故
…そして福島第一での事故。
以上が国内外の多数の事例をもとに詳しく解説してあります。

【読み終えて】
 福島第一の事故を「私たちはまだ何も分かっていない」ことが分かった。
当事者の東電も、政府機関も、権威ある専門家もそうだろう、と分かった。
(それだけに、発電所従業員の皆様のご苦労に頭が下がります。)

水漏れは圧力容器に損傷があるのか、あるいは配管か?それも分かってない。
また、著者は「非常用ディーゼル発電機の故障もはじめは津波のためといわれて
いたが…ディーゼル冷却用の海水が取り入れられなかったためではないか…」と
推測しています。炉は覗けず計器は故障し、現場は推測しながらの対処でしょう。
...続きを読む ›
コメント 44人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
1995年に旧版が出版されたときに、冷却水注入用の非常用ディーゼル発電機の危険性に
警告を発していた本の新版である。
著者の桜井淳(さくらいきよし )氏は物理学者で技術評論家。主に原子力発電所の事故・故障分析を行っている。
基本姿勢としては、原研に所属していた経歴を持つなど、本来的には原発を推進する側に軸足を置いている。
ただし、反原発側ではないが、単純な推進側論者でもない。

本書では次のように指摘する。
福島第一原発の事故は、世界の原子力政策に与える影響という点で考えると、スリーマイルやチェルノブイリよりはるかに大きい。
ひとつは4基の原発に連鎖的に事故が起きたこと。この事故はこれから1世紀に及ぶ産業技術のあり方と、それをつくりだす
政治や経済全体に対して、無限大とも言えるマイナス作用をもたらす。
温暖化対策などもあり、原子力エネルギーに吹いていた追い風は完全に逆風となった。

だからこそ、原発大国フランスのサルコジ大統領はやってくるし、アメリカのオバマ大統領もも子分ニッポンのしでかしたことに戦々恐々なのである。

いま、テレビでしゃべっている原発の専門家は皆、原子力村の人である。
「ダイジョーブだ」を繰り返す。
しかし
...続きを読む ›
1 コメント 33人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 旧版「原発の何処が危険か」(1995年刊)に「2011年福島原発事故、どこが盲点だったか」を加筆し、福島関連の写真と図解を付け加えたもの。
 奇しくも、旧版執筆時点で電源喪失の際の危険が指摘されていたのに、それが一顧だにされなかったのは返す返すも残念である。
 また、「原子力発電の安全基準を規定するのは安全性ではなく経済性である」である点も様々な事故、それに対する対応によって明らかにしており、それについても今回の事故のその後の経過が図らずも本書の記述の正当性を実証している。
 とかく、原発に関しては科学的な見地よりも、非科学的な感情論と言うより宗教論争のような雰囲気もあるので、私は、一歩身を引いていたが、今回の事故で、反対論が感情論でも宗教論でもなく現実的なものであったこと、「原発の安全性」の方がかえって感情論宗教論に近いものであったことが図らずも証明されてしまった。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
独自の視点で書かれていてなかなか面白かったです。
圧力容器のやきなましなど、自分はしらなっかたのでためになりました。、
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告