¥ 907
通常配送無料 詳細
通常1~4週間以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

新版 動的平衡: 生命はなぜそこに宿るのか (小学館新書) 単行本 – 2017/5/31

5つ星のうち 4.7 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本, 2017/5/31
"もう一度試してください。"
¥ 907
¥ 850 ¥ 1,368

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 新版 動的平衡: 生命はなぜそこに宿るのか (小学館新書)
  • +
  • 生物と無生物のあいだ (講談社現代新書)
総額: ¥1,706
ポイントの合計: 52pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



Amazonランキング大賞2017上半期 本
やせるおかずの柳澤英子さん、白石麻衣さん、にしのあきひろさん、諫山創さんからの受賞コメント付き 和書総合ランキングTOP20へ

商品の説明

内容紹介

「生命とは何か」という永遠の命題に迫る!

●年を取ると一年が早く過ぎるのは、「体内時計の遅れ」のため。●見ている「事実」は脳によって「加工済み」。●記憶が存在するのは「細胞と細胞の間」。●人間は考える「管」である。●ガン細胞とES細胞には共通の「問題点」がある…など、さまざまなテーマから、「生命とは何か」という永遠の謎に迫っていく。発表当時、各界から絶賛され、12万部を突破した話題作をついに新書化。最新の知見に基づいて大幅な加筆を行い、さらに画期的な論考を新章として書き下ろし、「命の不思議」の新たな深みに読者を誘う。哲学する分子生物学者・福岡ハカセの生命理論、決定版!

【編集担当からのおすすめ情報】
『動的平衡』は発売当時から評判が高かった本ですが、今回、ES細胞やiPS細胞などについて最新の知見を踏まえ、加筆していただきました。さらに、『動的平衡』そのものについての、先生の研究成果を取り入れた画期的な論考を新章として追加しました。初めて読む方が面白く読めるのはもちろん、既に単行本で読んでいる方は、新章を読むことで「動的平衡」の深化がわかります!

内容(「BOOK」データベースより)

「人間は考える『管』である」「私たちが見ている『事実』は脳によって『加工済み』」「歳をとると、一年が早く過ぎるのは、実際の時間の経過に、自分の生命の回転速度がついていけないから」などの身近なテーマから「生命とは何か」という本質的な命題を論じていく。発表当時、各界から絶賛されベストセラーになった話題作に、最新の知見に基づいて大幅加筆。さらに、画期的な論考を新章として書き下ろし、「命の不思議」の新たな深みに読者を誘う。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 318ページ
  • 出版社: 小学館; 新版 (2017/5/31)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4098253011
  • ISBN-13: 978-4098253012
  • 発売日: 2017/5/31
  • 梱包サイズ: 17.2 x 11 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 874位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

ベストセラー『生物と無生物のあいだ』(2007年)を始めとする一般向けの科学書等の著者・翻訳家であり、雑誌や新聞の文化・読書面にも頻繁に登場する、分子生物学者の福岡ハカセが、自ら主著という2009年発表の作品を新書化したもの。新書化に伴い、生命科学研究の最前線の状況などについて大幅に加筆したほか、新章が加えられている。
本書の題名にして、ハカセが「私自身のキーワード」という「動的平衡」の表すものについては、言葉を変えて、繰り返し説明されているが、端的に言うと、「秩序あるものは必ず、秩序が乱れる方向に動く。宇宙の大原則、エントロピー増大の法則である。この世界において、もっとも秩序あるものは生命体だ。生命体にもエントロピー増大の法則が容赦なく襲いかかり、常に、酸化、変性、老廃物が発生する。これを絶え間なく排除しなければ、新しい秩序を作り出すことができない。そのために絶えず、自らを分解しつつ、同時に再構築するという危ういバランスと流れが必要なのだ。これが生きていること、つまり動的平衡である」ということである。
また、分子生物学の見地から、以下のような多数の興味深い示唆がある。
◆歳をとると1年が早く過ぎるのは、分母が大きくなるからではなく、自分の生命の回転速度(代謝回転速度)が遅くなるから。
◆人類は進化の過程で、生き残るために有利なように、ランダ
...続きを読む ›
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
 本書は、2009年に刊行され、比較的硬い内容にもかかわらずベストセラーとなった単行本に、
 ES細胞、ips細胞など最新の知見の基づいて大幅に加筆し、さらに新章を書き下ろし、新書化したものです。
 先ず、昨今のアメリカの研究者事情・・・ノーベル賞より億万長者・・・から入っています。我が国でも、ボス(教授)は、
 政治力、集金能力が先ず第一で、それがなければ研究もできませんから、学者バカもはるか昔のことになりました。
 そして、お話は、脳の記憶、錯誤、骨を調べれば食べたものがわかること、
 効果的なダイエット・・・何しろ人類は飢餓に耐えるようになっているので、余ったエネルギーは身体に蓄えられるのです・・・、
 バイオテクノロジーと企業の倫理、ES細胞とがん細胞の共通点、と続き、
 この辺りで福岡先生の研究、GP2のことが出てきます。
 そして、本書の目玉、動的平衡、生命とは何か、というお話になります。
 詳しい理論は、福岡先生の本を読んでいただかないといけませんが、簡単に要約すると、身体のすべての細胞、組織は、高速で分解され、
 食物を分解(消化)して得られた分子で常に置き換えられている、そうして、こうした一連の流れの中で、
 私たちの身体は、かろうじて一定の状態を保ってい
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ウシン・ソージスト トップ500レビュアー 投稿日 2017/6/11
2009年に刊行された単行本の新書化です。
ES細胞やiPS細胞への批判的考察、GP2研究のその後の展開
等が加筆され、終章が丸々追加されています。

環境雑誌の連載を中心として纏められていますが、散漫な印
象は全く無く、著者の思考の推移を感じ取ることが出来ます。

そして著者の生命の定義である「動的平衡」への、以下の理
解へと至ります。

生命現象とは構造ではなく「効果」であり、生命は「流れ」
であり、身体はその「流れの淀み」であり、生命は環境の一
部、あるいは環境そのものです。
従って、アンチ・アンチ・エイジングとなります。

分子生物学者としての著者は、生命現象への機械論的な理解
を批判し、有機的組織論である自論の「動的平衡」を更に深
化・進化させて行くことを、この本において示しています。

この「流れとしての生命論」とも言える「動的平衡」の、思
考をするうえでの重要性は、今後益々高まって行くことでし
ょう。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告