中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

新教養としてのパソコン入門 コンピュータのきもち 単行本 – 2002/9/18

5つ星のうち 3.5 11件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

商品説明

 「コンピュータというのは、とってもおもしろいマシンだ。こっちの言うことを、きくようできかない。きかないようでいてきいてくれる。それはある意味で、自分のことばや考えのいたらなさを教えてくれるものでもある。そして単純な発想の積み重ねで、まったく想像もしなかったようなことができちゃう」

   本書は、著者・訳者として大活躍の山形浩生による、コンピュータへの愛情あふれるエッセイである。著者がまだ8ビットのコンピュータをいじっていた数十年前から現在までの歴史をたどり、どうしてコンピュータが「こんなにめんどうでわかりにくいのか」を、豊富なエピソードとともに書きつづっている。

   書類をプリントアウトするときに「打ち出す」と表現してみたり、紙のコピーを「焼く」と表現してみたり、考えてみれば、コンピュータの世界には不思議なことがいっぱいある。著者はそんなささいなことも見逃さず、各話題にまつわるエピソードを引きながら、コンピュータの思想を語っているのである。見出しだけを見ても、「コンピュータだって、痛いかもしれない」「Unix系の人はなぜいばってるのか」など、好奇心をそそる内容がめじろ押しである。

   本書の最後で著者は「コンピュータは、あなたに自由をもたらすための道具なのだ」と語っている。コンピュータのきもちを理解し、その能力を引き出すことで、人は本当の自由を手に入れられる。それこそが、「コンピュータのきもち」に応えることであり、今のわれわれに求められていることなのだろう。(土井英司)

内容紹介

●コンピュータとの関係に、フラストレーションを感じていませんか?
メールは使えます、表計算のソフトも使えます、ワープロソフトで文書らしきものは作れます、でもパソコンの中身のことまではあまりよくわからない。だからちょっと壊れたかな?と思ったときも初めてのソフトに触れるときもオロオロするばかり。本書には読者が抱えるそういったコンピュータに対するフラストレーションを根本から解決します。

●パソコンを「わかる」ために、コンピュータの「きもち」に耳をかたむけてみよう
巷にはパソコンやソフトの使い方を覚えるためのハウツー本があふれています。でも、まずはその前にコンピュータの中心的な概念をおさえてみませんか。本書は、コンピュータ知識の「幹」の部分をやさしく解説する本です。パソコンやソフトの使い方ではなく中心的な概念をおさえれば、コンピュータが自然と使いこなせるようになります。

●山形浩生だからこそ難しい話もカンタンでおもしろい!
      朝日新聞の書評委員も務め、雑誌の連載などでカリスマ的人気の著者山形浩生は、難解な専門知識を小気味よい語り口で読者に易しく伝えられる希有な書き手です。
本書においては、読者が感覚的にコンピュータの仕組みを理解できるよう、映画や文学、科学、ポップミュージックといった多彩な分野に話をたとえてコンピュータの「きもち」をひもときます。また、著者のコンピュータの歴史や時勢への鋭い考察は、ハイエンドなコンピュータ・ユーザの読者にも十分読み応えがある内容です。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 216ページ
  • 出版社: アスキー (2002/9/18)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4756141587
  • ISBN-13: 978-4756141583
  • 発売日: 2002/9/18
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 13 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 11件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 692,602位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
この本の主要読者として想定されている「コンピュータが苦手な人」にも楽しく読むことができると思います。
しかし実用という面では、著者も認めているように、あまり役に立ちません。
ただし、世の中には「実用以前の段階」があると思います。
コンピュータを使おうとすら思えない、それほどまでにコンピュータが苦手である、という段階です。
そんな段階にいる人たちにとっては「コンピュータを理解できるかもしれない」という希望が必要なのです。
この本では、「ワケの分らないもの」と苦手な人たちには思えるコンピュータを人間にたとえることで、その希望を生み出そうとしています。
「メモリが不足しています」
では分らないけれど
「いろんな仕事をいっぺんに指示されたものだから、こんがらがっちゃって身動きがとれない」
と書かれていれば、分るし共感できる。
そんな人向けの読み物です。
文体は、軽く分かりやすいものに見えてひねくれているのが興味深いです。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
作者の行いたいことが、パソコン初心者に対しての新しい見方の導入だとしたら、それは失敗していると思います。脱線がいつのまにか本論になったり、文が文自体の遊びのみに存在していると思われるところがあったりして、タイトルや序文と較べると???ただし、内容のなかには、いつもの山形さんらしいバランスを配慮しながらの最新のトピック、中でも知的所有権のところなんかは最高です。相変わらず、文体は突き放し気味で意味不明にポップにしてあったりするけれど、すべては作者が心優しい照れ屋さんだからなんでしょうね。とにかく、同作者のやくした「CODE」を読む前に目を通しておいてよいのではないでしょうか。積極的にBUYとは推せませんが、僕は結構楽しみました。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2004/6/3
形式: 単行本
「機械などに気持ちなんてあるわけがないじゃないか」
と言う方も多いと思います。
おっしゃるとおりで、コンピューターには人間独特の思考や
感情の流れというのはありません。流れているのは電流です。
人は物にたいして自分の感情を投影・擬人化する心理的なクセが
あります。頭では解っていても、ついそのように見る事があります。
それはモノというのは、人間が作ったモノだからだと思います。
モノを擬人化してしまうのは、それらが作られる過程で作る人の
好み・思考・哲学などが反映されていて、それを使う人が「反映」
されているものを「本能的」に感じるからではないでしょうか。
PC を前にして「PCに対して何かを感じた」のは、実は自分の心が
投射されているだけで、自分の心と向き合っている時が多い気が
します。
そういった状況の中で、「他人」が作ったPCを使用し続ける場合、
この本は、今後の自分と PC との付き合い方を、わかりやすく
楽しみながら理解を深めてくれるガイドブックだと思います。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ash-king 投稿日 2003/5/12
形式: 単行本
私は、自分が凄く良いと思い、かつ、費用対効果が高い本のみに書評を書きます。
原則、悪いと思った本についてはコメントはしません。
なぜなら、私が悪いと思っても、それは、私の力不足で本質が読み取れていないだけで、
実はすごい本かもしれないから。
また、私は山形浩生の翻訳本を4冊程読みましたが、全て当たりでした。
彼は翻訳力もさることながら、識眼力のある人物と思います。私は著作家としての山形
浩生に信頼を置いている読者の一人です。
前置きが長くなりましたが、結論を言います。
この本は駄作です。心意気は買いますが、内容は誉められません。
コンピューターに気持ちはありません。
山形氏は素人がコンピューターになじめるように、比喩やエピソードをちりばめます。<!BR>しかし、私にはその大部分が適切とは思えません。もっと言えば、誤った印象を与えか
ねないと思います。そして、その部分を除くと本書は非常に薄いです。
コンピューターは形式論理と独特の言語で動作する機械であり、生物とは違います。
人間の認識の根本から考えれば、機械と生物を同一視する見方も可能ですが、それは、
コンピューター論として扱うべきでなく、哲学の問題です。
初心者向けのコンピュー
...続きを読む ›
コメント 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック