通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
新弁護士懲戒論―為すべきでない懲戒5類型 為すべき... がカートに入りました
+ ¥257 配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古商品の性質上、折れや破れ、書込み、日焼け、水濡れ跡や若干の汚れなど、一部瑕疵のある商品であっても、お読みいただくのに支障がない状態であれば、販売をしております。また帯や商品内のクーポン券などをお付けできる保証はございません。なお、絵本などの一部書籍は表紙カバーがない状態でも販売している場合があります。シリアルコード、プロダクトコードの使用有無は保証しておりません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

新弁護士懲戒論―為すべきでない懲戒5類型 為すべき正当業務型 (法動態学講座2) 単行本 – 2018/12/15


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本, 2018/12/15
¥ 1,728
¥ 1,728 ¥ 798

ブックマイレージカード
click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • 新弁護士懲戒論―為すべきでない懲戒5類型 為すべき正当業務型 (法動態学講座2)
  • +
  • 新弁護士業務論―警備業・不動産業・隣接士業の適正な活用へ (法動態学講座3)
総額: ¥3,456
ポイントの合計: 34pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


無料で使えるAmazonオリジナルブックカバー
10種類のロゴ入りデザインから好みのデザインを印刷して取り付けよう。 詳しくはこちら。

商品の説明

内容紹介

法曹増員後の正当な弁護士自治のあり方。法の二面性の分析から、司法や行政の法の後進性を乗り越え、弁護士の進歩的役割を積極的に肯定することから正当業務の類型を作り、「為すべきでない懲戒5類型」を整理。懲戒相当のブラック弁護士と戦う、独立性の高いホワイト弁護士の育成を目指す。

出版社からのコメント

弁護士の為すべき正当な業務とは何か

商品の説明をすべて表示する

出版社より

法学 法律 憲法 民法 債権法 刑法 刑事法 刑事訴訟法 労働法 社会保障法 国際法 男女雇用機会均等法 環境法 金融法 債権譲渡 国際私法 法例 通則法 軍縮 国会 議員 裁判 裁判所 家族法 親族 法学 法律 憲法 民法 債権法 刑法 刑事法 刑事訴訟法 労働法 社会保障法 国際法 男女雇用機会均等法 環境法 金融法 債権譲渡 国際私法 法例 通則法 軍縮 国会 議員 裁判 裁判所 家族法 親族 法学 法律 憲法 民法 債権法 刑法 刑事法 刑事訴訟法 労働法 社会保障法 国際法 男女雇用機会均等法 環境法 金融法 債権譲渡 国際私法 法例 通則法 軍縮 国会 議員 裁判 裁判所 家族法 親族 法学 法律 憲法 民法 債権法 刑法 刑事法 刑事訴訟法 労働法 社会保障法 国際法 男女雇用機会均等法 環境法 金融法 債権譲渡 国際私法 法例 通則法 軍縮 国会 議員 裁判 裁判所 家族法 親族
新しい法科大学院改革案 - AIに勝つ法曹の技能 新弁護士懲戒論 ― 為すべきでない懲戒5類型 為すべき正当業務型 新弁護士業務論 ― 警備業・不動産業隣接士業との提携 医療と法の新理論―医療事故調査制度の適正な活用へ 医療裁判の適正手続化へ
法動態学講座シリーズ 第1巻 第2巻 第3巻 第4巻
説明 基礎法学と実定法学の連携、社会変動に合わせた動態的で実践的な法学教育の必要性を説く。法曹への信頼を高め、AIにも勝てる法曹養成を育成し、法動態学の壁となっている司法試験や司法修習試験の廃止や見直しによって、本来の研究・教育を目指す。 法曹増員後の正当な弁護士自治のあり方。法の二面性の分析から、司法や行政の法の後進性を乗り越え、弁護士の進歩的役割を積極的に肯定することから正当業務の類型を作り、「為すべきでない懲戒5類型」を整理。懲戒相当のブラック弁護士と戦う、独立性の高いホワイト弁護士の育成を目指す。 「法律事件に関する法律事務」を弁護士が独占することを定めた弁護士法72条による弁護士業務とは何か。警備業や不動産管理業などで頻発する、少額大量定型業務と弁護士の関わりや、司法書士、税理士、弁理士、社会保険労務士、行政書士などのいわゆる隣接士業と弁護士の協働等々、近年拡大する様々な業務提携や法教育について考察・提言する。 弁護士が抱える医療問題は、医療過誤をはじめ、多岐にわたる。しかし、諸々の事情から、きわめて狭い専門的弁護士業務となっている。その現状にメスを入れ、弁護士業務の充実・拡充を目指す。医療事故調査制度の成立による、予防目的も含めた医療界との連携を模索しつつ、新しい変動を伴う「法理論」構築への戦略を提示。

登録情報

  • 単行本: 140ページ
  • 出版社: 信山社 (2018/12/20)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4797281421
  • ISBN-13: 978-4797281422
  • 発売日: 2018/12/15
  • 梱包サイズ: 18.8 x 13 x 1.4 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 764,187位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

まだカスタマーレビューはありません


この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう