この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

新幹線大爆破 [DVD]

5つ星のうち 4.6 47件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:1¥ 29,000より 中古品の出品:10¥ 1,200より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 高倉健, 千葉真一, 宇津井健, 山本圭
  • 監督: 佐藤純弥
  • 形式: Color, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 東映ビデオ
  • 発売日 2002/07/21
  • 時間: 152 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 47件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000066AEH
  • JAN: 4988101096732
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 81,254位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

Amazonレビュー

   東京発博多行き新幹線ひかり号に爆弾が仕掛けられた。この爆弾、新幹線の速度が時速キロ以下になると自動的に爆発する仕掛けになっているため、車を止めることも出来ない……。
   佐藤純彌監督の最高傑作との誉れも高いパニック映画の大傑作、その海外公開版。オリジナル版は152分だが、ここではフランス版102分、アメリカ版118分の2ヴァージョンを収録。どちらも犯人(高倉健、他)グループの犯行動機など回想シーンを思い切りカットし、現在進行形でドラマを進める再構成であり、それは西洋の観客の嗜好に合っていたようだ。特にフランスでは驚異的大ヒットを記録。後の『スピード』にも本作の影響は間違いなくうかがわれよう。ただし、社会に虐げられた主人公たちの過去にこそこだわった佐藤監督は、この再編集に直接タッチしておらず、やはり「まずはオリジナル版を観てほしい」と語っている。(増當竜也)

内容(「Oricon」データベースより)

爆弾が仕掛けられた新幹線を舞台に、犯人と捜査官の息詰まる駆け引きを描いた傑作パニック・サスペンス。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
邦画のパニック作品として珠玉の作品だろう。特に男性にお勧め。
見所はまず宇津井健の「泣き」の演技。 司令室統括として、現場と捜査本部の間で板ばさみになりながらも熱く職務をまっとうするのは、(自分も含めて)組織に勤めるものとして感情移入できて、最高の配役だろう。
高倉健は全編を通じて渋くきまっているが、特に妻の回想シーンから妻子を養う立場からぐっと感情移入した。自分も15億円奪って高飛びしたいと思ったものの、最後の空港ゲートのシーンで思わず涙ぐんでしまった。 山本圭の演技も70年代の空気をほうふつとさせて今となっては懐かしい。 残酷シーンや性的シーンもないのでもちろん、家族全員で楽しめる名作なのだが、パニック映画としてとらえると、やはり90年代のアメリカ映画のテンポや構成になれたものにとっては、すこし展開が遅く、詰めが甘く思えるので、その辺は製作された時期を考慮して見るのが妥当だろう。
コメント 35人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
レビューを見ているとこの映画の無理のある展開やらはともかく、考証的にあそこがかわっているとかありえないとかを否定材料と書いている人も多いですが、だから見ないと判断するには惜しい作品です。

この映画には独特の空気が流れています。
まず犯人側に流れているムードがアメリカンニューシネマのようなトーンでこういうのは日本映画に少ない。ラストの健さんはもろにそういうトーンで描かれます。今あの雰囲気を出せる作品も少ないでしょう。
犯人側の金の使い道もまた「ハーレーで世界を旅する」「革命が成功した国に行きたい」健さんにいたっては「ブラジルでも行きたいなぁ」と現実感の薄い希望なのがどこかなげやりで「犯行を成功させたら何かが変わるかも…」くらいな曖昧さがいい。
パニックものになると最近の日本映画も洋画も「犠牲を顧みない正義感」「極限の中の家族愛」とか安易に感動させるパーツを持ってくるけどこの映画はバッサリとそれを切り捨て、犯人の作戦と国鉄、警察側との攻防に終始している思い切りの良さを感じます。
その意味では警察のあり得ない間抜けぶりも突っ込みを楽しくできる人にとって楽しいものになっています。

オールスター俳優陣もそれぞれがオリジナルな演技をしながらちゃんと融合してひとつの雰囲気を作っているのがいいです。宇津井さん千葉さ
...続きを読む ›
コメント 48人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
 日本映画にぞわぞわとさせてくれるようなアクション・サスペンスがない、とずっと思っていた。だがこの映画で自分の浅はかさに気がついた。ちゃんとあるじゃない、やればできるぞ、ニッポン。そんな感じだ。
 ディテールがしっかりしているのが物語の緊迫感を高めている。当時の国鉄から協力をほとんど得られなかったにも関わらず、新幹線の運行に関する部分は、素人が見る限り明らかな無理や嘘はない。特撮も評価が高いという(もちろん当時のレベルを考えれば)。張り込みが目立ちすぎたり、犯人を何度も逃がしたり、と少々警察陣の動きがお間抜けに描かれすぎているのがご都合主義的だが、簡単に高倉健ら犯人グループが捕まっちゃあストーリーが成り立たないからそこはご愛嬌だろう。
 役者もビッグネームが並んでいるが、持ち味は生きているし、変に浮いている人はいない。宇津井健が血管切れそうなくらい生真面目な演技を見せているが、これがハマっている。最近は何か違うが、「Gメン75」のころの丹波哲郎はこんなに渋かったんだぞ、というのも新たな発見になるかもしれない。それにしても、こんな映画が公開当時は思ったほどの興収をあげられなかったのは、なぜだろう。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
東映専属のスター俳優のみならず、東映以外のスター俳優も出演し、オールスター揃い踏みのキャストと、本格的なパニック映画として、日本国内公開時よりも日本国外での評価が高い作品である(もちろん日本で全く人気がないわけではなく、熱烈なファンを多く持っている)。監督は佐藤純彌。

企画は当時の東映社長・岡田茂である。当時の東映は、主流であった実録ヤクザ映画の人気が昭和49(1974)年ごろから下火になりつつあった。代わって「激突! 殺人拳」シリーズなどの空手映画はそこそこヒットしていたものの、決め手に欠けていたのが現状だった。岡田はアメリカのブームが日本にも波及してくると考え、当時ハリウッドで流行っていたパニック映画の製作を決定。それに、日本独自のものとして新幹線を絡ませた。しかし、当時の東映のイメージも相まって興行的には成功を収めたとは言えず、同年に東映が企画段階で頓挫した作品の穴埋めとして急遽製作・上映された「トラック野郎/御意見無用」の配給収入の半分にも及ばなかった。

物語の肝は、新幹線が時速80キロを下回ると爆発するという状況下の中で繰り広げられる、犯人と国家との攻防劇である。新幹線に爆弾を仕掛けた犯人、危機の回避に全力を尽くす国鉄、犯人逮捕に躍起になる警察(こいつらがまた馬鹿なんだ)、パニックを起こす乗客の姿で主に構成されている。
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー