¥ 1,123 + ¥ 500 配送料
通常2~3日以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、ほとめき堂 が販売、発送します。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。
¥ 1,123 + ¥ 500 配送料
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

新島襄 (岩波現代文庫) 文庫 – 2015/10/17

5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥ 464
文庫
¥ 1,123
¥ 1,123 ¥ 500
click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • 新島襄 (岩波現代文庫)
  • +
  • 新島襄の手紙 (岩波文庫)
総額: ¥2,117
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容紹介

明治時代、欧米人の精神の基盤であるキリスト教を深く理解することで、日本の近代化を図った思想家たちがいる。内村鑑三、新渡戸稲造らと比べ、新島襄の特異さ、偉大さはどこにあるのか。新島に関する回想録等の様々な資料を、精確に使いながら、思想家・教育家新島襄の生涯と思想を知るための最良の評伝である。[解説=佐藤優]

内容(「BOOK」データベースより)

同志社大学の創立者新島襄は、キリスト教の信仰と伝道に生涯を賭けた宗教家、教育者。幕末に脱国してアメリカに渡り、西洋の文化、学問にふれた青年は、日本で最初のキリスト教主義大学の設立を決意する。帰国後、多くの困難、迫害に立ち向かいながら、布教と学校設立に挺身する。その人と思想は、日本の近代思想、教育に多大な影響を与えた。本書は、様々な資料を使いながら、新島襄への共感を込めて描かれた最良の評伝である。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 336ページ
  • 出版社: 岩波書店 (2015/10/17)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4006032943
  • ISBN-13: 978-4006032944
  • 発売日: 2015/10/17
  • 梱包サイズ: 14.8 x 10.6 x 1.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 263,102位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

2件のカスタマーレビュー

5つ星のうち5.0

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

2件中1 - 2件目のレビューを表示

2012年3月2日
形式: 単行本Amazonで購入
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2010年12月9日
形式: 単行本
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告