中古品
¥340
& 配送料無料
中古商品: 良い | 詳細
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: 中古商品になりますので、多少のヤケ、傷み、スレ、キズ等はございます。掲載されている表紙と異なる場合がございます。また、店舗でも販売しておりますので、売切れの際は返金いたします。ご了承ください。 391899
この商品は1-Click注文できません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

新島八重 〜とある会津女子の生涯〜 (晋遊舎新書 S09) (日本語) 新書 – 2012/9/27

5つ星のうち3.3 3個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
新書
¥340
¥51
お届け日: 7月18日 - 20日 詳細を見る
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

佐久間象山、勝海舟に師事した兄から鉄砲術を学び、最新式のスペンサー銃を右手に男装・断髪した若き女傑、山本八重。押し寄せる新政府軍にひるむことなく銃を撃ちかける奮闘ぶりは、まさに男勝りであった。八重は「会津のジャンヌダルク」と称賛され、のちに同志社大学創設者・新島襄の妻となる。幕末から明治にかけて“日本の夜明け”を駆け抜けた会津女子の激熱な生きざま。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

久野/潤
昭和55年、大阪府生まれ。慶應義塾大学総合政策学部卒業、京都大学大学院法学研究科国際公共政策専攻修了。現在、大阪国際大学・皇學館大学講師。専門は近現代日本の政治外交とその背景思想。政治・歴史系での共著書や雑誌記事を多数執筆。大阪・名古屋・浜松・東京で公開講座「歴史勉強塾」(れきべん)開催中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.3
星5つ中の3.3
評価の数 3
星5つ
33%
星4つ
33%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ
34%
Amazonは星評価をどのように計算しますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
2013年3月4日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
14人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2012年10月13日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
11人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2012年10月8日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
10人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告