Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 500
Kindle Unlimitedのロゴ
100万冊以上を読み放題でお読みいただけます。 詳細はこちら
読み放題で読む
または

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

Kindle App Ad

新宿プレイマップ 1970年7月号 13 Kindle版


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版, 2014/12/30
¥ 500

新宿プレイマップ 1970年7月号 13と類似の本

商品の説明

内容紹介

伝説的タウン誌『新宿プレイマップ』
キンドル完全復刻版への御案内

かつて一時期、私たちを夢中にさせたのは、『新宿プレイマップ』だった。一九六〇年代の幕が降りる頃に登場したこのメディアによって、<タウン誌>という言葉がひろく市民権をもつようになったとされている。

冒頭に引いた一文は、五木寛之の小説集『金沢望郷歌』所収の一篇「夏の挽歌」という小説のなかで主人公に語らせている言葉だ。この小説の主人公は60年代末に東京の大学に在学していた頃、新宿のジャズ喫茶に入り浸っていて、タウン誌『新宿プレイマップ』の愛読者だったという設定がされている。「夏の挽歌」は小説だけれど、この部分だけはノンフィクションのように描かれている点に注目していただきたいと思う。

もはや伝説のようになってしまったけれど、『新宿プレイマップ』というタウン誌は実在した。1969年6月に創刊され、1972年4月に廃刊となるまで、2年7カ月、新宿のタウン誌として存在した。いったいどんな雑誌だったのだろうか?
そのまえに、ちょっとその時代の新宿がどんな街だったのか、という点について解説しておこう。
1960年代の新宿の街は、カウンターカルチャー・ムーブメントの拠点として脚光を浴びていた。だが、60年代末を迎えると、新宿は<新都心・新宿>を目指すという方向へ大きく舵を切り、60年代新宿対抗文化のメッカは終焉を遂げる。けれども無条件降伏だったわけではない。そのことは当時、新宿で起きたセンセーセショナルな事件簿をご覧いただければ一目瞭然で、まるで花火大会のフイナーレを想わせる事象に遭遇するだろう。

そんな60年代末の新宿の街から、『新宿プレイマップ』というタウン誌は発行されたのだった。この雑誌は新宿の商業資本を代表するデパート、商店街、専門店などが集って結成した新都心新宿PR委員会という団体が発行元になった、新宿の街のPR誌として発行されたものなのだけれど、編集内容も体裁も全然「街のPR誌」といったものではなかった。
端的にいえば、六〇年末新宿の街から消去されようとしていた対抗文化軸を編集方針としたカウンターカルチャー・マガジンだった。いわば”タウンマガジン・ジャック”だったわけである。それゆえ、五木寛之の小説の主人公が語っているように、60年代新宿文化に共感する若者たちから熱烈に支持されてきたのだ。
しかしその反面、発行元やスポンサーからは睨まれ、編集部との対立・衝突は、創刊当初より絶えなかった。それが3年足らずで廃刊に追い込まれた大きな要因だった。

近年、60年代のカウンターカルチャー・ムーブメントへの関心が高まっている。60年代は戦後日本の大きな曲がり角の時代だったが、現代の日本も再び大きな曲がり角を迎えている。そんな危機感が60年代再考を促す動機といえるのではないか。
新宿のタウン誌『新宿プレイマップ』は、60年代カウンターカルチャー・ムーブメントのアダ花の一輪だったのかも知れないが、60年代文化とは何だったのか?という考察をするうえで、恰好な、街場のテキストの一つとはいえるだろう。
そんな思いから、60年代を原点と位置づけ、『新宿プレイマップ』の系譜を受け継ぐ、街から舎では、今回、『新宿プレイマップ』のバック・ナンバーから三冊を特選し、キンドルでの完全復刻版を出版することにいたしました。


********************************

新宿プレイマップ 1970年7月号 13
目次 ------------------
TOWN '70 河村要助
巻頭軽論文 4 喫茶店文明論 別役 実 イラストレーション 脇谷紘
特集1 新宿裁判 内田栄一・小中陽太郎・田中小実昌・本間健彦 写真 遠藤正
プレイスポット 長谷川 京平
特集2 新宿博物誌 筒井 康隆 イラストレーション 渡辺裕二
特集3 新宿縁我帳 植草甚一、永六輔、黒田征太郎、殿山泰司、田中小実昌、他
特集4 Map! up! up!
ゼロ歳からの足跡
フォトグラフ 福島 晶子

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 63243 KB
  • 同時に利用できる端末数: 無制限
  • 出版社: 街から舍 (2014/12/30)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00RN8RH6W
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 183,662位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

まだカスタマーレビューはありません。
他のお客様にも意見を伝えましょう
click to open popover

注文した商品はどこ?

配送と返品について

ヘルプデスク