Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
    Apple
  • Android
    Android
  • Windows Phone
    Windows Phone
  • Click here to download from Amazon appstore
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

購入オプション

Kindle 価格: ¥ 300
Kindle Unlimitedのロゴ
100万冊以上を読み放題でお読みいただけます。 詳細はこちら
読み放題で読む
または

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

Facebook Twitter LINE
Kindle App Ad
[コータロー]の新妻・性奴隷への道3: アナタのためなら私は…… (恥辱なる小説)

著者をフォローする

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


新妻・性奴隷への道3: アナタのためなら私は…… (恥辱なる小説) Kindle版  [アダルト]


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版
¥ 300

【Kindle Unlimited】
120万冊以上の本・コミック・雑誌・洋書が、好きな時に好きなだけ読み放題。初回30日間無料体験 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

美貌の人妻と美少女アイドルが、男たちの性処理の道具として過酷な調教をされるストーリーです。

卑劣な男たちに騙され、連日のように犯され調教される若き人妻若葉と人気絶頂のアイドル玲香。
秘部を狙い打つ鞭音!
寝静まった夫の隣で、乳首を痛めつけながらの変態オナニー!
夫婦の営みを題材にしての羞恥授業!
監視カメラに覗かれてのアナルセックス!
愛する夫のため、身体を捧げた新妻の痴態をお愉しみ下さいませ。
作品文字数 38047字(本文のみ)

ネトラレ系の苦手な方はご遠慮ください。
鞭打ちなどの残酷なシーンも苦手な方はご遠慮ください。

※ 『アナタのためなら私は……3』を、アマゾン出版用に改めました。
※ 本作品は横書きにて構成されています。


【目次 解説付き】

第1章  秘部に刻み込まれる鞭跡
金山の鞭打ちは凄惨を極める。若葉の秘部に容赦なく打ち込まれる鞭の激痛にも気丈に堪える若葉。
やがて約束の10発目が若葉の身体で炸裂し……

第2章  立ちオナは乳首を痛めつけて
玲香の決死の励ましもあり、金山の条件をクリア―する若葉。
だが、玲香の股間に響くバイブは止まる気配がない。若葉は源助に懇願し恥辱な行為を受ける代わりに、玲香のバイブを止めるように交渉し……

第3章  羞恥のビデオ学習
屋敷に連れて来られた若葉は玲香と共に、スクリーンに大写しにされた女の痴態を観賞させられる。
それは、夫の祐輔を相手にさせられた痴態の数々であった。

第4章  ビデオ鑑賞はオナニーをしながら
延々と映し出される若葉の痴態。オナニー、セックス。源助はその映像をネタにして玲香に卑猥な質問を続ける。
若葉と玲香。恥じらう二人は互いを庇うように、オナニーを披露し……

第5章  アナルに感じる夫の肉棒
休日、若葉は祐輔と共にデパートを訪れる。そして人気の少ない男子トイレの個室で祐輔を誘惑する。
すべては男達の命じられての行為だったが、その気になった祐輔は若葉のアナルでセックスしようとして…

第6章  絶望……微かに感じる光の囁き
金山にアナルを凌辱される若葉。隣では源助が玲香のヒップに向けて腰を打ちつけている。
地下室の壁に両手を繋がれた若葉と玲香。淫靡な地獄は延々と続き……


【登場人物紹介】

尾道 若葉

本作品のヒロイン。B88 W58 H89 非処女
2年前に今の夫、祐輔と知り合い1年前に結婚する。
多少おっとりとしているが、明るい性格とショートボブの髪型が似合う美人である。
夫が勤務中に倒れて病院にというニセの電話に騙され、男たちに辱められる。
そして、男たちに命じられるまま、性処理の道具として羞恥で恥辱な調教を課せられていく。


尾道 祐輔

若葉の夫であり、地元にある中堅不動産会社に勤めている。25才。
真面目という言葉が似合う好青年だが、不動産バブルが崩壊し経営が傾いた会社を支えようと必死で頑張っている。
だが、そのツケが身体に回り若葉を心配させている。


金山 権三

全国では弱小の部類であった東山銀行を実質乗っ取り、全国でも指折りの大手都市バンクにまで成長させた男。
金融系の雑誌でそう取り上げられることもあるが、あまり評判はよくない。
俗に言う成り上がりの金の亡者。
金欲に並び性欲も旺盛で、これまでも数多くの女性を金の力で弄び、使い捨ててきた。
彼の言う持論では『女の穴は、すべて性処理のための道具』ということらしい。


源助

金山の屋敷で住み込みで仕える下男。
小柄で腰の曲がった初老の男だが、慇懃な物言いと不気味な笑い声がトレードマーク。
常に金山の片腕として、若葉や玲香をいたぶる段取りを淡々とこなしていく。


山瀬

自称東山銀行の行員と名乗っているが、その真意は不明。
どうやら金山に金で雇われているらしい。
若葉の拉致では主導的な立場をこなす。


俊治

山瀬と同様、自称東山銀行の行員と名乗っているが、その真意は不明。
山瀬よりかなり若く、年齢は若葉と同世代か?
山瀬のことを兄貴と慕って付き従っている。


速野 玲香

『哀しい予告』という曲をヒットさせてそれ以降、アイドル界のトップを走っている超売れっ子の美少女。
今を時めくアイドルでありながら、常に謙虚であり裏表のない性格。
だが事務所発表によると、2カ月ほど前から体調を崩して入院ということになっている。
実態は金山に捕えられ、若葉同様に性処理の道具として調教されている。


【サンプル】

第2章  立ちオナは乳首を痛めつけて

暗くて吸い込まれそうな天井。
その隅っこから覗いている丸いレンズを、私は見上げていた。
仰向けのまま、隣で寝息を立てている祐輔の間に毛布の仕切り板を置いて。
祐輔、今夜はごめんね。
あなたの方から誘ってくれたのに、若葉がうんって言えなくて。
本当はあなたに抱いて欲しい。
なにもかも忘れるくらい祐輔のオチ○チン君に愛されたいの。
アソコをメチャクチャに突いて欲しいの。
でも、こんな身体を見せるわけにはいかないよね。
鞭に苛められた無残な肌を見せたりしたら、祐輔が気絶するかもしれないもの。
ううん、それ以前に私たち夫婦のキズナが切り裂かれちゃうかも。
「……そろそろ……いいかな」
私は寂しそうな声で呟いた。
そっとベッドから這い出ると、部屋の真ん中で突っ立っていた。
斜め下に向けた視線が、背中を背にした祐輔を捉えた。
穏やかな寝息に、掛けられた毛布が上下して、高ぶった若葉の心を多少でも安らいだものにしてくれる。
「すぐに終わらせるから、絶対に覗いちゃ、いやだよ」
口の中でオマジナイのようにお祈りする。
そして素早く、でも衣擦れの音を気にしながらパジャマを脱いでいった。
下半身を包むショーツも、クルクルと丸めて足首から抜いた。
僅か30秒ほどで私は全裸になっていた。
祐輔が寝息を立てている傍らで、生まれたのままの姿を晒している。
でも源助に命じられた行為は始まったばかり。
頭の中では、次にやるべきことをしわがれた声が案内してくる。
私は両手を乳房に宛がっていた。
脇の下を拡げて左右から包み込むようにマッサージを続ける。
たぷたぷ揺れるおっぱいを、円を描くように揉んであげた。
学生時代から男子諸君の視線を一身に浴びて、恥ずかしくて仕方がなかった若葉のバスト。
大きく成長しすぎたおっぱいが逆にコンプレックスになって、私は水着になるのも辛かった。
もう少し小さかったら良かったのに。
ぺチャパイにだって憧れるくらいなのに。
でも、こんなに指を這わせてたら、また大きくなっちゃいそう。
ううん。今夜の若葉は変態なんだから、このくらい我慢しないと。
「んん、はあぁ、乳首……立ってきたかな……」
薄らと汗を滲ませた乳房を上向きに持ち上げてみる。
コンパスで描いたような円錐形の先端を指で摘まんだ。
「んふうぅんん……硬く……なってる」
指で軽く挟んだだけなのに、乳首がビリビリする。
ちょっと大きめの声が漏れそうで、私は前歯を噛み締めていた。
そして、今度は親指と人差し指に力を入れてグリグリしてみる。
充分に硬くなった若葉のサクランボを荒々しく捻っていた。
「んくぅっっ……くうぅぅっっ……」
甘くてエッチだった刺激が、刺々しい電流の刺激に置き換わる。
さっきまでのトロリとした気分が、どこかに飛び去っていった。
乳首って敏感な処だから、指で抓っただけでこんなに痛いのに。
あんなので挟んだら、若葉の乳首はどうなっちゃうんだろう?
でも、そろそろ。早くしないと……
私は脱ぎ捨てたパジャマのポケットから、洗濯バサミを2個取り出した。
プラスチック製で青色をした極々普通の洗濯バサミ。
毎日お洗濯をするたびに使用して、全然気にも留めなかったモノなのに、今の若葉にはそれが恐ろしい凶器に見える。
試しにってわけじゃないけれど、洗濯バサミの端を摘まんで2本の指で押してみる。
強く反発するバネの力を意識して、慌てて指から力を抜いた。
「やっぱり……怖いよ……」
洗濯バサミを持つ指が震えている。
玲香を助けようとして、トイレの中で源助と交渉したのに、もう弱気になっている私。
『では、若葉様には玲香様の代役として、少々面白い趣向をしてもらいましょうか。
今夜、夫様が寝静まったのを見計らってオナニーをしてもらいます。ですが、指やバイブを使ってただ慰めるだけでは芸がございません。
そこででございます。淫乱な若葉様のために、今宵は小道具を使用してのオナニーなどいかがかと。
主婦の身の回りにある品を見渡せば、色々と感慨深くなるものでございますが、ここはやはり洗濯バサミが一番の道具かと思われます。それを勃起した乳首に挟んだまま、ご自分を慰めてくださいませ。
もちろん、絶頂するまででございますよ。そうそう、立ち姿でお願いいたします。
以上、若葉様がこの条件を飲んでいただければ、可愛い玲香様は解放することを、この源助がお約束いたします。いかがでございますか? 若葉様』
「やるしか……ないよね。若葉」
私は怯える心を納得させるように、源助の言葉を何度もリピートさせた。
若葉には選択肢を選ぶ権利なんて存在しない。
そう言い聞かせて、右胸の前で洗濯バサミを限界まで拡げた。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 224 KB
  • 紙の本の長さ: 66 ページ
  • 同時に利用できる端末数: 無制限
  • 出版社: コータロー (2015/2/4)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00T852EAM
  • Text-to-Speech(テキスト読み上げ機能): 有効になっていません。
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる


まだカスタマーレビューはありません


この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

click to open popover