¥3,495 + ¥ 499 配送料
通常2~3日以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、オダBOOKSグループ が販売、発送します。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。
¥3,495 + ¥ 499 配送料
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

新増補版 心の傷を癒すということ: 大災害と心のケア (日本語) 単行本 – 2019/12/25

5つ星のうち4.1 7個の評価

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本, 2019/12/25
¥3,495
¥2,320 ¥3,430

ブックマイレージカード
click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • 新増補版 心の傷を癒すということ: 大災害と心のケア
  • +
  • 精神科医・安克昌さんが遺したもの: 大震災、心の傷、家族との最後の日々
  • +
  • ボクはやっと認知症のことがわかった 自らも認知症になった専門医が、日本人に伝えたい遺言
総額: ¥7,800
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容紹介

NHK土曜ドラマ「心の傷を癒すということ」(主演:柄本佑)
被災者の“心のケア”のパイオニアとして、奮闘しつづけた精神科医のヒューマンドラマ。

阪神・淡路大震災25周年――
自らも被災しながら、被災地の“心の叫び”と取り組んだ精神科医の感動の記録。
サントリー学芸賞受賞作の増補決定版
大震災で、人の心はいかに傷ついているのか?
そして、復興によって癒すことはできるか?

■本文「PTSD――Jさんの場合」より
「耳元で“助けて、助けて”という声がするんです。私も逃げるので精一杯だったんです。助けてあげられなかった。それで自分を責めてしまうんです……。私も死んでしまえばよかった。いつか、この“声”から解放されるんでしょうか……」

■本文「復興にむけて」より
これまで日本の社会は、人間の「力強さ」や「傷つかない心」を当然としてきた。しかし今後、傷ついた人が心を癒すことのできる社会を選ぶのか、それとも切り捨てていく厳しい社会を選ぶのか?
やかて被災地は、復興へと向かっていく。しかし、〈心の傷〉を見て見ないふりをして前進することではないだろう。多数派の論理で押しまくり、復興の波に乗れない“被災の当事者”でありつづけている人たちを、忘れ去ることではないはずである。“心の傷を癒すということ”は、精神医学や心理学に任せてすむことではない。それは社会のあり方として、今を生きる全員に問われていることなのである……

■新増補版への寄稿「このドラマは、安さんのご家族への贈り物だと思って作りたい」より
――『心の傷を癒すということ』がNHK土曜ドラマになるまで
主演の柄本佑さんに、このドラマから学んだことはありますかと尋ねた。柄本さんは、しばらく黙って、こう答えてくれた。「誰も独りぼっちにさせへん、てことや」。それは、(安克昌さんがモデルの主人公)安和隆が「心のケアって何か、わかった」から語り始める柄本さん自身のセリフだった。
脚本家の桑原さんは、セリフに込めた思いをこう語る。「『心のケアって何か、わかった』と書いた直後、手が止まりました。安さんが人生をかけて掴み取った答えを、私が書かなければいけないのです。言葉が浮かぶのをひたすら待ちました。まるで、安さんのそばにじっとたたずんで、口を開かれるのを待っているようでした。やがて『誰も独りぼっちにさせへん、てことや』という言葉が浮かんだ時、これは安さんが書かせて下さったセリフだと思いました………」。

内容(「BOOK」データベースより)

PTSD(心的外傷後ストレス障害)に苦しむ被災者の「心の叫び」と、自らも被災しながら取り組みつづけた精神科医によって、阪神大震災の被災地から届けられた感動の“心のカルテ”。本書は、サントリー学芸賞受賞作に改訂を加え、さらに新たに阪神大震災および災害精神医学に関するエッセイや論考を大幅に増補し、そして著者と関係の深かった方々の文章を収録した決定版。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

安/克昌
1960年12月6日、大阪市に生まれる。1973年、東大阪市立縄手小学校卒業。1976年、私立星光学院中学校卒業。1979年、私立星光学院高等学校卒業。1985年、神戸大学医学部卒業。1985年4月1日~6月30日、神戸大学医学部精神神経科学講座において研究に従事。同年7月1日~86年5月31日、神戸大学医学部附属病院精神神経科研修医(1986年1~5月:県立淡路病院精神科)。1986年6月1日~87年6月30日、県立尼崎病院神経科研修医。1987年7月1日~90年5月31日、尚生会湊川病院(1987年7月~89年6月:加茂病院兼務)1990年6月1日、神戸大学医学部附属病院精神科神経科医員となる。1991年5月1日、神戸大学医学部附属病院精神科神経科助手となる。同年6月30日、結婚。1995年1月17日、阪神・淡路大震災が発生。自らも被災しながら、全国から集まった精神科ボランティアをコーディネイトし、精神科救護所・避難所などでカウンセリング・診療などの救護活動を行った。同年4月、著書『心の傷を癒すということ』を刊行(作品社)。同年12月、同書が「サントリー学芸賞」を受賞。1997年、神戸大学医学部附属病院精神科神経科講師となる。2000年、神戸市立西市民病院精神神経科医長となる。同年5月、肝細胞ガンが発覚。同年10月20日、神戸市立西市民病院精神神経科で最後の診察をして休職。同年12月2日、神戸市立西市民病院で死去、享年39歳。資格、1985年、医師免許証(4295)、1990年、精神保健指定医(8392)、1997年、博士(医学)(神戸大学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 485ページ
  • 出版社: 作品社; 新増補版 (2019/12/25)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 486182785X
  • ISBN-13: 978-4861827853
  • 発売日: 2019/12/25
  • 梱包サイズ: 18.8 x 13 x 3 cm
  • カスタマーレビュー: 5つ星のうち 4.5 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 211位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.1
評価の数 7
星5つ
65%
星4つ
18%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ
18%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

2件のカスタマーレビュー

2020年2月3日
Amazonで購入
78人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2020年2月12日
24人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告