通常配送無料 詳細
残り10点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新史太閤記 (上巻) (新潮文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ■通常24時間以内に発送可能です。■万が一コンディションに不備があった場合は、返金対応致します。丁寧にクリーニング・梱包をして、迅速に発送いたします。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

新史太閤記 (上巻) (新潮文庫) 文庫 – 1973/5/29

5つ星のうち 4.7 44件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 853
¥ 853 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 新史太閤記 (上巻) (新潮文庫)
  • +
  • 新史太閤記 (下巻) (新潮文庫)
  • +
  • 関ヶ原〈上〉 (新潮文庫)
総額: ¥2,473
ポイントの合計: 76pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

日本史上、もっとも巧みに人の心を捉えた“人蕩し"の天才、豊臣秀吉。生れながらの猿面を人間的魅力に転じ、見事な演出力で次々に名将たちを統合し、ついに日本六十余州を制覇した英雄の生涯を描く歴史長編。古来、幾多の人々に読みつがれ、日本人の夢とロマンを育んできた物語を、冷徹な史眼と新鮮な感覚によって今日の社会に甦らせたもっとも現代的な太閤記である。


登録情報

  • 文庫: 461ページ
  • 出版社: 新潮社; 改版 (1973/5/29)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4101152101
  • ISBN-13: 978-4101152103
  • 発売日: 1973/5/29
  • 梱包サイズ: 15 x 10.8 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 44件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 17,046位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 紋の字 投稿日 2012/11/30
形式: 文庫 Amazonで購入
皆様方のようにじょうずなレビューは無学な私には
書けませんが、大変おもしろかったです。
無学でもおもしろいと思いましたので、
あ〜ぁもっと若いころ勉強しておけばよかったなぁと
こころで泣いてます。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 八木下滋 VINE メンバー 投稿日 2010/3/7
形式: 文庫 Amazonで購入
司馬遼太郎は『国盗り物語』で織田信長、『関が原』で徳川家康、そして本作品で豊臣秀吉を描いているが、この中で人間的に一番面白いのは秀吉である。現代人にとっても、友人として付き合うなら、秀吉しかあり得ないだろう。バラエティ番組に出演させても一番面白いはずである。

この秀吉のユニークさが余すところなく描写されているので、歴史小説であるにもかかわらず、歴史的事件よりも秀吉の人間性に惹かれて読み進めてしまう作品である。

ただ、残念な点は、天正14年の家康が秀吉に臣従する場面で終わっていて、それ以後が描かれていないことである。

(これは上下巻を通してのレビューです。)
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
司馬遼太郎が秀吉を書いている。これはもう面白いに決まってる。
司馬遼太郎の作品を幾らか読んでいれば、秀吉という素材がいかに司馬の手法に適したものかがよく判る。
竜馬もそう、山内一豊もそう。信長は苦手。
鬼才というより人物の魅力で勝ってゆく。
人間通の作者がその道の天才を愛情深く描いている。
おそらく作者は秀吉が好きなんじゃないだろうかな...少なくとも信長よりは秀吉の方が好きなんだろうな。
コメント 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
「人蕩し」を知りたくて手にした本。
秀吉はその天才として描かれている。
赤心、律儀、さらには「愛」。
戦国時代の社会の変化、戦い方の技術革新、
信長を始め登場する人物の個性のゆたかさ。
大いに楽しめる。
上巻は竹中半兵衛の死で、下巻につづく。
何とも美しくしい。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
秀吉の生き様、アッパレです。
ダテに【人蕩しの天才】じゃありません。
人の心が分かる・・・・・それまでの武将たちには持ち合わせていなかった「徳」がある。
そして自分の力を出し惜しみせず、信長に仕える。
竹中半兵衛が、自ら志願して秀吉の与力になった気持ちも分かります。
黒田官兵衛がその知力を十分に発揮できたのも分かります。
そういう、人の才能をうまく使いこなせる力と知略を併せ持った商人的な考えをもった武将。
という感じがしました。

この本は小学生か中学生の頃に読んでおきたかったな・・・・と思います。
今読んでも十分すぎるほど面白いのですが、
もっと多感な時期に秀吉の生き様を知っておきたかったな。
教科書に出てくる程度の知識ではなくて、「人間的魅力」に力を注いでいる1冊とみました。

信長をはじめ、当時の大名たちの多くが大名の子として生まれ、
当然のごとく先祖代々の家来というものがいたし、
彼らはみなそういう忠誠な譜代衆を土台にし、それを中心にして仕事をしてきました。
でも、秀吉にはそれがいません。
元来が野の涯からひとりで出てきた男であり、先祖代々の直参の者などはなく、
氏も素性もなく、ないどこ
...続きを読む ›
1 コメント 54人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 happybear0823 VINE メンバー 投稿日 2013/4/22
形式: 文庫 Amazonで購入
1968年、45年前に書かれたものですが、司馬史観は現在でも魅了される内容が満載しています。
発刊当時は、時代小説として独自の視点より展開したものですが、今となっては、ロジカルに展開していくビジネス上の戦略・戦術面で発想・着手のヒントとなるコンテンツがふんだんに盛り込まれています。
欧米より輸入されてきたビジネス書を読むよりもずっと分かりやすく、臨場感たっぷりに戦略・戦術の本質を理解することができます。
「関ヶ原」、「城塞」を先に読んでいましたので、その前のことが気になり、本書を読んだ次第ですが、いずれにしても戦のすさまじさを描写するのではなく、歴史上のその人となりをすべて描き切り、その思想を論理的に分析し、後世に伝えようとした大作です。
ひととは違ったやり方を創意工夫して実践してみることは、それがひとつの斬新な珍しさでもあり、周囲に感心を抱かせるものであるということ、さらには勝ち進んでいくための処世術であることを痛切に感じます。
それが頭では分かっていても、いざ行動に移す場合、切り回しのやり方により、ひとに受け入れられるものか、ひとりよがりのものか、大きく分かれると思います。
伝統やブランド、背負うものがなにもなく、捨て身の覚悟であれば、前へと行動することがプラスにしかならないゆえに、大きく立ち向かうことができるともいえ
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー