¥ 853
通常配送無料 詳細
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新史太閤記 (上巻) (新潮文庫) がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

新史太閤記 (上巻) (新潮文庫) 文庫 – 1973/5/29

5つ星のうち 4.6 42件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 853
¥ 853 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 新史太閤記 (上巻) (新潮文庫)
  • +
  • 新史太閤記 (下巻) (新潮文庫)
  • +
  • 関ヶ原〈上〉 (新潮文庫)
総額: ¥2,473
ポイントの合計: 185pt (7%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

日本史上、もっとも巧みに人の心を捉えた“人蕩し"の天才、豊臣秀吉。生れながらの猿面を人間的魅力に転じ、見事な演出力で次々に名将たちを統合し、ついに日本六十余州を制覇した英雄の生涯を描く歴史長編。古来、幾多の人々に読みつがれ、日本人の夢とロマンを育んできた物語を、冷徹な史眼と新鮮な感覚によって今日の社会に甦らせたもっとも現代的な太閤記である。


登録情報

  • 文庫: 461ページ
  • 出版社: 新潮社; 改版 (1973/5/29)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4101152101
  • ISBN-13: 978-4101152103
  • 発売日: 1973/5/29
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.8 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 42件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 17,699位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
秀吉の生き様、アッパレです。
ダテに【人蕩しの天才】じゃありません。
人の心が分かる・・・・・それまでの武将たちには持ち合わせていなかった「徳」がある。
そして自分の力を出し惜しみせず、信長に仕える。
竹中半兵衛が、自ら志願して秀吉の与力になった気持ちも分かります。
黒田官兵衛がその知力を十分に発揮できたのも分かります。
そういう、人の才能をうまく使いこなせる力と知略を併せ持った商人的な考えをもった武将。
という感じがしました。

この本は小学生か中学生の頃に読んでおきたかったな・・・・と思います。
今読んでも十分すぎるほど面白いのですが、
もっと多感な時期に秀吉の生き様を知っておきたかったな。
教科書に出てくる程度の知識ではなくて、「人間的魅力」に力を注いでいる1冊とみました。

信長をはじめ、当時の大名たちの多くが大名の子として生まれ、
当然のごとく先祖代々の家来というものがいたし、
彼らはみなそういう忠誠な譜代衆を土台にし、それを中心にして仕事をしてきました。
でも、秀吉にはそれがいません。
元来が野の涯からひとりで出てきた男であり、先祖代々の直参の者などはなく、
氏も素性もなく、ないどこ
...続きを読む ›
1 コメント 54人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
おもしろいです。特に上巻はおもしろさに引き込まれ一気に読ませられます。
ただ、サクセスストーリーとして人生の参考になるのかは疑問。なぜなら、秀吉公は天才ですからなかなか真似をしようと思っても、難しいところが多いと思います。
織田信長や徳川家康と比べられることが多い人物ですが、前半生は一番魅力的な人生を歩み、反面、後半生はこの三人のなかで一番人間の嫌な部分が滲み出てしまったように感じられる人だと思います。司馬先生もおそらくはそういった部分をあまり表現したくなかったのか、他の方も書いていますが、下巻の物語最後は途中で終わってしまっている印象を受けます。
だからと言って面白くないわけではありません。管理職で退職された方が、地域の集まりに参加されると癖でついつい、いつまでも管理職気分で仕切りたがり、結果、嫌われてしまうと聞きます。しかし、周りも大人ですから本人の耳には入りません。そんな、管理職を卒業された方にも、我が言動・行いを見直すきっかけになる一冊でもあると思います。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
「人たらし」秀吉の話。
国盗り物語とは違った視点でなかなか楽しい。

司馬遼太郎は秀吉が好きなんだろうなぁってのがにじみ出てるような作品です。
結構えぐいこともやってるはずなんだけど「明るい」からオッケー、みたいなw

信長の死後しばらくの部分はやっぱ書きづらかったのか、
秀吉の心理描写がかなり減ってるのが気になった。
そのへんの葛藤とかをもうちょっと書ききって欲しかったな〜

最後は家康が軍門に下るところで終わり。
でもまあ、あえてそこで切るのもありそうでそんなないので良いんじゃないかな。
国盗りのときも思ったけど、信長やら秀吉やらを文庫二冊くらいの分量で
書くのは結構辛いものがあるなぁと。

その意味では秀吉の光の部分だけに当てたテーマだと思えば、
良くまとまっていて面白かったです。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
司馬遼太郎が秀吉を書いている。これはもう面白いに決まってる。
司馬遼太郎の作品を幾らか読んでいれば、秀吉という素材がいかに司馬の手法に適したものかがよく判る。
竜馬もそう、山内一豊もそう。信長は苦手。
鬼才というより人物の魅力で勝ってゆく。
人間通の作者がその道の天才を愛情深く描いている。
おそらく作者は秀吉が好きなんじゃないだろうかな...少なくとも信長よりは秀吉の方が好きなんだろうな。
コメント 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
日本史上最高の出世人、豊臣秀吉の幼少期からその絶頂期までを描いた長編。
前半は不遇の幼少期から、信長の下でその天性の能力を発揮して織田家第一の武将へ成長していく様子を、そして後半では信長の死から天下統一を目指す様子を描き、徳川家康を臣従させて天下の地盤を固めたところで物語の幕が閉じます。
秀吉の晩年、淀殿や秀頼、朝鮮出兵などについては一切触れておらず、突然の辞世の句で物語が締めくくられてしまうのは、司馬遼太郎自身がその様子を描きたくなかったからでしょうか。このあたりを詳しく知りたければ豊臣家の人々などの他の作品を読むといいと思います。
なお、本作品、主人公秀吉の持つ智略、企画力、独創性、戦略眼などその非凡な才能が余すところなく描かれていますが、それよりも印象に残ったのが秀吉の常に陽気さを失わない秀吉の人格です。
どんなにきわどい策謀でも陽気さ、明るさを持って行えば陰湿さはなくなり、その陽気さに引き込まれてしまう。これは信長や後年の家康にはない、さらに日本史上の政治家でもほとんど見られない秀吉の最大の長所であると思います。自分などは事あるごとにネガティブな思考に陥ってしまいがちなので、秀吉の底抜けの陽気さには深い感銘を受けました。
空前絶後の出世を遂げた秀吉。司馬遼太郎の描くその秀吉の生き方には、人の心をつかみ、事を成すための教訓が多く詰まっています。非常に読み応えがある、珠玉の長編だと思います。
コメント 33人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー